ファイザーのCovid-19ワクチン文書が「安全で効果的」なという宣伝文句に対抗する

Pfizer's Covid-19 Vaccine Documents Counter "Safe And Effective" Narrative

副作用9ページ、有害事象158,893件、症例報告42,086件、ファイザー社の最初の3ヶ月で死亡者1,223人、2021年後半にアメリカのミレニアム世代の死亡率が記録された。

KanekoaTheGreat(カネコアザグレート 2022-04-08

アーロン・シリ弁護士と科学者や医療関係者のグループ「透明性のための公衆衛生と医療専門家(PHMPT)」は、2021年8月にファイザー社のmRNAワクチンを承認するために使用した文書を入手するため、米国食品医薬品局に対して情報公開法(FOIA)を請求しました。

FDAは32万9000ページのデータをすべて検討し、わずか108日間でファイザー製ワクチンの緊急承認を与えることに成功しましたが、その後、PHMPTと一般市民にその情報を完全に公開するために75年の歳月を要したのです。

SiriはSubstackに「では、整理してみましょう」と書いている。連邦政府ファイザーの責任を免除する。何十億ドルも渡す。アメリカ人にその製品を飲ませる。しかし、その製品の安全性と有効性を裏付けるデータを見せない。政府は誰のために働いているのでしょうか?

裁判が進行している間、2021年11月に公開された最初の91ページのファイザー社の文書により、ファイザー社のmRNAワクチンの緊急使用承認後90日以内に、すでに158,893件の有害事象報告と1,223人の死亡例を含む42,086例の報告を受けていることが明らかになった。

これらの有害事象の内訳は、神経系障害25,957件、筋骨格系および結合組織系障害17,283件、胃腸障害14,096件、血液およびリンパ系障害1,972件、心疾患1098件などであった。

1月、裁判官はFDAファイザーのCovid-19ワクチンに関する臨床データを公開するよう命じ、その結果、2022年3月1日にFDAからファイザー文書の第一弾-1万ページ以上-が公開されることになった。

この文書のトランシェには、1,291の潜在的な有害事象をアルファベット順に記載した副作用の9ページが含まれていました。

安全性に関する懸念」と呼ばれる別の表では、ファイザーは、アナフィラキシーが「特定されたリスク」であり、ワクチン関連強化病(VAED)が「潜在的リスク」であり、製薬大手は妊娠中の使用、小児の個人での使用、ワクチンの効果に関して「情報が不足している」とFDAに通知しています。

3月末に公開された別の資料では、ファイザーがワクチン展開後の最初の3カ月間で非常に多くの有害事象報告を受け、ワクチンの副作用の有害事象報告を処理するためだけに600人の正社員を雇用し、2021年6月までにさらに1200人を雇用する予定であることが明らかになった。

Image from Gyazo

wed On: 30-Apr-2021 09:26 (GMT) BNT162b2 5.3.6 認可後有害事象報告の累積分析 の割合が高い。自発的な報告システムは、仮説検証よりもシグナル検出のために使用されるべきである。 - 一部の報告では、臨床情報(病歴、診断の妥当性、薬剤使用から発症までの期間、投与量、併用薬剤の使用など)が欠落または不完全であり、追跡調査情報が得られない場合がある。 - 有害事象報告の集積は、必ずしもその有害事象が薬剤に起因することを示すものではなく、基礎疾患や 過去の病歴、併用薬などの他の要因によるものである可能性がある。 - 累積期間中にファイザーの安全性データベースに寄せられた有害事象報告のうち、安全性データベースのワークフローサイクルが完了したもの(配布またはクローズのワークフロー状態に移行したもの)のみが、月次SMSRに含まれます。このアプローチにより、処理が完了していない症例が含まれ、最終的な情報が正確に反映されないことを防いでいます。本製品に関する自発的な有害事象報告の数が多いため、MAHは、規制当局への迅速な報告スケジュールを満たし、これらの報告がシグナル検出および評価活動に利用できるようにするために、重篤な事例の処理を優先しています。報告件数の増加は、重大な報告の処理に影響を与えておらず、迅速な報告義務の遵守を維持するために、コンプライアンス指標を毎週モニターし、必要に応じて迅速な措置を講じています。非重篤なケースは、受領から4暦日以内に安全性データベースに入力されます。データベースへの登録には、すべての有害事象のコーディングが含まれます。これにより、受信した事象を手作業で確認することができますが、即時処理による完了は含まれない場合があります。非重篤なケースは、可能な限り早く、遅くとも受領から90日以内に処理されます。ファイザーはまた、有害事象報告の大幅な増加を緩和するために、複数の措置を講じています。これには、テクノロジーの大幅な強化、プロセスとワークフローのソリューション、およびデータ入力と症例処理の担当者の増員が含まれます。現在までに、ファイザーは約 600 人のフルタイム従業員 (FTE) を追加で雇用しています。毎月さらに多くの社員が入社しており、20211 年 6 月末までに合計 1,800 人以上の社員が追加される予定です。

The BlazeのDaniel Horowitzは、ファイザー社が心筋炎の発生率が1,000人に1人と高いかもしれないことを認識していたと報じています。

「心筋炎が予防注射の副作用として知られていることが2021年初めに明らかになったとき、政府とメディアは直ちにその発生率が極めて低いと主張した。数多くの「研究」がそのリスクを軽視しようとした。カイザー・パーマネンテ社がJAMA誌に発表したある論文は、その発生率は100万人あたりわずか6.6人であると示唆した。また、昨年6月に行われたJAMAの研究では、軍人の間では5万人に1人の割合であった(これは現在、非常に過小評価されていることが分かっている)。ICANの情報公開のおかげで、ファイザー社のインフォームド・コンセント文書(p.5)が手に入り、同社がそのリスクを1000人に1人という高い割合で認識していることが明らかになった。

Image from Gyazo

Blazeは先月も、米国政府が何百ものメディア企業に金を払ってコヴィッド19ワクチンの広告を出させ、同じメディア企業が、反対の科学的研究やデータについて国民に知らせずに「安全で有効」「未接種の大流行」というマントラを繰り返したことを明らかにした。

Blaze Mediaが提出した情報公開法の要請に応えて、HHSは、ABC、CBSNBC、ケーブルテレビのニュースステーションFox News、CNN、MSNBC、ニューヨークポスト、ロサンゼルスタイムズワシントンポストなどのレガシーメディア出版、バズフィードニュースやニューズマックスなどのデジタルメディア企業、何百もの地方紙やテレビ局から広告を買っていることを明らかにした。

これらの出版社は、ワクチンに関する数え切れないほどの記事やビデオ・セグメントを発表する責任を総動員し、ワクチンの有効性と安全性の両方について、ほぼ一様に肯定的な見解を示した」と、Blaze Mediaは報告している。

連邦政府と企業メディアが「安全で効果的」「ワクチン未接種のパンデミック」というマントラを繰り返す一方で、イスラエルアイスランドシンガポールのデータでは、2021年夏にコビド19患者の大半が完全接種者であり、イギリスのデータではコビド19死亡者の70%以上が2021年9月に完全接種者であることが示されています。

さらに、複数の政府の公式データベースが、mRNAワクチンが安全とは程遠いという警告のサインをちらつかせている。

CDCのワクチン有害事象報告システム(VAERS)に登録されたCovid-19ワクチンに関連する死亡者数は26,396人で、過去32年間に他のすべてのワクチンを合わせた死亡者数9,619人のほぼ3倍となっています。

CDCのワクチン有害事象報告システム(VAERS)には、以下のようなcovid-19ワクチンに関連する報告が合計1,205,753件寄せられています。

145,781件の入院

125,791件の緊急治療

48,852人の後遺症

41,320件の重篤なアレルギー反応

37,579 心筋炎/心膜炎

26,396 死亡

14,949 ベル麻痺

13,527 心臓発作

13,224 帯状疱疹

9,533 アナフィラキシー

6,256 血小板減少症

4,423件の流産

CDCは、これらの死因はいずれもコバルト19ワクチンによるものではないと主張しているが、CDCのデータによると、死亡者の50%はワクチン接種後48時間以内に発生しており、死亡者数と接種後の日数には直接的な相関がある。

VAERSは、米国でワクチンの副作用を報告するための政府出資の主要なシステムです。

Image from Gyazo

軍医の内部告発者が国防総省の国防医療疫学データベース(DMED)を公開し、そのデータが2021年に兵士を治療した臨床経験と相関していることを宣誓供述書に署名しました。そのデータには、過去5年間の平均と比較して、軍人の疾病がこのような割合で増加していることが示されていました。

高血圧症 - 2,181%増

心臓発作 - 269%増

がん 300%-増加

心膜炎 - 175%増

心筋炎 - 285%増

肺塞栓症 - 467%増

脳梗塞 - 393%増

ベル麻痺 - 319%増

ギラン・バレー - 250%増

免疫不全症 - 275%増

月経不順 - 476%増

多発性硬化症 - 487%増

流産-306%増

HIV - 590%増

胸痛 - 1,529%増

呼吸困難 - 905%増

神経系の問題 - 1048% 増加

国防総省は事実確認サイトを通じて、過去5年間のデータが過小評価されていたのはデータベースの不具合であり、不具合が発覚したのはこの軍医の内部告発によって病気の増加が注目された後だと回答している。

特に若い男性に心筋炎や心臓の炎症が起こるリスクがあることは、世界中の多くの政府によって立証されており、8カ国が心筋炎のリスクを理由に若い年齢層へのコビド19ワクチンの接種を停止している。

台湾は12-17歳のファイザー社製ワクチンを中止。

▪️アイスランド、モデナを全年齢で停止

▪️スウェーデン、30歳未満のモデナを一時停止

▪️フィンランド、30歳未満のモデナを一時停止

▪️デンマーク、18歳未満へのModernaの提供を停止

▪️ノルウェー、Modernaの18歳未満への提供を一時停止

フランス、30歳未満を対象にModernaの販売を中止

ドイツ、30歳未満のモデナを販売停止に

さらに、スウェーデンノルウェーは12歳未満のすべての子どもたちにCovid-19ワクチンを推奨しておらず、イギリスは18歳未満の大多数の子どもたちにCovid-19ワクチンを推奨していません。

ファイザー社の「安全で効果的」というマントラに反対するものについては、企業メディアや大手ハイテク企業がブラックアウトしている一方で、17,000人以上の医師や科学者が、有害事象のリスク、これらのmRNAワクチンの未知の長期安全プロファイル、子どもに対するCovid-19の無視できるリスクから、すべての健康な子どもへのワクチン接種を推奨しないローマ宣言に署名しているのです。

企業メディアは、コビド19ワクチンを死因とする剖検研究を弾圧しています。

世界的に有名なドイツの病理学者ピーター・シルマッハー博士は、2021年8月にコビッド-19ワクチンを接種して2週間以内に死亡した40人の剖検報告書を発表しました。

彼は、それらの人の30~40%がワクチン接種が原因で死亡したと断定しました。

Shirmacher博士は、致命的なワクチン接種の結果の頻度が過小評価されているとの見解を示しました。病理学者は、"脳静脈血栓症や自己免疫疾患など、ワクチン接種による稀な重篤な副作用 "を挙げている。

ペーター・シルマッハー博士は、ドイツ病理学会の会長代理、ハイデルベルク大学病院病理学研究所所長、ドイツ肝臓学会会長である。

メディアは報道せず、Big TechはSchirmacher博士のレポートを共有しようとするアカウントを禁止し、Steve KirschはSchirmacherの「彼が発言を続けると家族が脅かされた」と明かしました。だから、彼は話すのを止めた。それが今日の科学のやり方です。"

スチャリット・バクディ博士とアルネ・ブルクハルト博士は、COVID-19ワクチン接種後7日から6ヶ月の範囲で死亡した人の検死を個別に行った。

彼らは、検死された15人のうち14人(93%)がCOVID-19ワクチンによって引き起こされた病気で死亡したと判断しました。2021年12月10日頃に発表された彼らの研究は、メディアの弾圧にもさらされています。医師たちはこう結論づけた。

「病理組織学的分析では、複数の臓器にワクチンによって誘発された自己免疫様病理の明確な証拠を示している。このような自己攻撃プロセスに由来する無数の有害事象が、すべての個人に、特にブースター注射の後に、非常に頻繁に発生すると予想されることは自明である。疑いの余地なく、遺伝子ベースのCOVID-19ワクチンの注射は、病気と死の脅威に生命を置く。我々は、mRNAとベクターベースの両方のワクチンがこれらの症例に含まれ、4つの主要メーカーがすべてそうであることに注目しています。

Arne Burkhardt博士とSucharit Bhakdi博士は、2021年12月10日に彼らの検死研究を発表しましたが、企業メディアとビッグテックによってほとんど無視、悪意、または検閲されています。

CDCのデータと1000億ドル規模の保険会社のCEOによると、2021年の18歳から64歳の死亡率はパンデミック前に比べて40%という驚異的な上昇を示し、死亡者の大半はCovid-19によるものと分類されていないそうです。

インディアナポリスに本社を置く、1877年創業で従業員数約2,400人の保険会社OneAmericaの代表Scott Davison氏は、「今まさに、この事業の歴史の中で、OneAmericaに限らず、最も高い死亡率を見ています」と述べています。

センタースクエアによれば、この増加は、ワン・アメリカ社を通じて雇用主がスポンサーとなっている団体生命保険に加入している「主に労働年齢層」における「膨大な数の」増加であるという。

「そして、第3四半期に見られたことは、第4四半期に入っても続いていることですが、死亡率がパンデミック前に比べて40%増加しているのです」と、Davison氏は先週のオンライン記者会見で述べました。「3シグマや200年に1度の大災害なら、パンデミック前に比べて10%の増加です。

「つまり、40%というのは前代未聞なのです」と彼は付け加えた。

2021年7月から始まった25~64歳の死亡率のこの記録的な増加は、USMortality.comの以下のCDC死亡率データのグラフで見ることができます。

Image from Gyazo

以前にも掲載したが、ファイザー社のオリジナルの臨床試験データを批判的に分析したところ、ワクチン接種群の方がプラセボ群よりも死亡者が多いことがわかった。

ファイザー社は2ヶ月後に試験の盲検化を解除し、病気の早期警告サインとなるはずのバイオマーカーの検査を省略し、車椅子で麻痺し栄養チューブからの食事を余儀なくされている12歳の試験参加者の一人を「機能性腹痛」として報告した。

2008年、ニューヨーク・タイムズ紙は、"Experts Conclude Pfizer Manipulated Studies "と題する記事を掲載した。

ファイザーは、てんかん治療薬「ニューロンチン」を宣伝するために、否定的な研究の公表を遅らせ、否定的なデータをより肯定的に位置づけるよう紡ぎ出し、臨床研究データの流れをコントロールしたのです。

2010年、ニューヨーク・タイムズ紙は「ファイザー、医師への支払いについて詳細を明かす」と題する記事を掲載しました。

ファイザーは、2009年の最後の6ヶ月間に、同社のためにコンサルティングや講演を行うために、4,500人の医師やその他の医療専門家に約2,000万ドルを支払ったことを認めました。ファイザーはまた、同時期に臨床試験のために250の学術医療センターおよびその他の研究グループに1530万ドルを支払っている。

数十年にわたり何十億もの刑事罰の支払いを行ってきたファイザー社は、コヴィッド19危機の際に企業メディア、大手ハイテク企業、規制当局を完全に取り込むことに成功したが、彼ら自身の文書は、米国民に匙加減してきた「安全かつ有効」というシナリオに反論している。

この情熱を仕事にするためには、皆さんの支援が必要です。月5ドルで登録してくれる購読者がいれば、私はこの仕事をフルタイムで行えるようになります。コーヒー一杯の値段で、あなたは私の最大の後援者になり、私の仕事は真実、自由、そしてアメリカ国民にのみ従い続けるのです。