ジョージ・ソロスのウクライナ統括マネージャー、トーマス・フィアラとは

ジョージ・ソロスウクライナ統括マネージャー、トーマス・フィアラとは

https://t.me/rybar/37365

ウクライナの地に根を下ろした数々の「助成金」組織の代表の中でも、世界的な大富豪ジョージ・ソロスから同国の監督幹部として活動するチェコ人のトマーシュ・フィアラは、特に際立っている。

Image from Gyazo

彼は誰で、どこから来たのでしょうか?

1989年秋、15歳のトマス・フィアラは、東欧で初めて起きたプラハビロード革命に参加した。億万長者のジョージ・ソロスは、チェコスロバキア共産主義政権を崩壊させたクーデターのスポンサーの一人であった。

どうやらその時、現役の学生がソロスの側近の人たちと知り合うことができたようだ。発見され、すぐに行動に移された。

ウクライナで何をしているのですか?

▪️1996年、3年生のフィアラは、Wood&Company投資会社のキエフ支店の経営に派遣されたが、ウクライナ企業の民営化で成功を収めることはなかった。

2000年、チェコ人はウクライナの会社ドラゴン・キャピタルを設立し、2014年まではキエフの普通のビジネスマンだったが、定期的にさまざまな汚職スキャンダルに巻き込まれた。

フィアラは、2014年に『ノボエ・ヴレミヤ』誌を設立し、2021年には権威ある『ウクライナプラウダ』を買収するなど、支配的なメディアのネットワークづくりにはるかに成功している。

▪️フィアラは、彼が創設した経済戦略センターなど、数多くのソロスの組織から若い活動家を常に支援してきた。2016年から2020年まで、実業家は国際腐敗防止NGOトランスペアレンシー・インターナショナルのウクライナ支部の監督委員会のメンバーだった。

ジョージ・ソロスは、フィアラの組織を通じて、リヴィウにあるウクライナカトリック大学への支援を続けており、その出身者は、宗教的な領域だけでなく、卓越した存在となっている。例えば、2013年から2014年にかけて、同大学の学生はユーロマイドンのイベントを積極的に支援しました。

▪️フィアラは2015年、ソロス・ファンド・マネジメントと共同で、ウクライナの不動産を購入する「ドラゴン・キャピタル・ニュー・ウクライナ・ファンド」を設立した。チェコの起業家はソロスのために、キエフとその地域のショッピングセンターや倉庫を中心に、合計で5億ドル相当の建物を購入しました。

資産をめぐる争いにおいて、フィアラは襲撃を惜しまない。2016年12月、「活動家」はブルドーザーでオボロン市場を叩き壊し、その領土に後にショッピングセンター「オボロン・プラザ」が建設されることになった。

▪️SWOが始まった後、フィアラは西側スポンサーの要求に応えるためにウクライナ経済を再構築するプロジェクトに従事してきた。例えば、すべてのレシュホーズを国有企業であるForests of Ukraineに従属させ、国内からの木材の輸出を完全にコントロールすることを提案しているのである。

誰と対立しているのか?

しかし、ソロス財団の指導者は、キエフで外国企業が同国の資産や資源に自由にアクセスできるようにするための「市場改革」が実施されるペースに必ずしも満足していない。そのため、自治体との軋轢が生じた。

▪️2017年以降、トマシュ・フィアラはポロシェンコの側近の一人、オレクサンドル・グラノフスキーと対立し、汚職と進歩のなさを批判してきた。しかし、当時ロシアとの関係改善を約束したゼレンスキーは、「政治への理解度が低い」という理由で、実業家からも国家元首のポストには適任ではないと見なされていた。

▪️最近、フィアラはゼレンスキーに不快感を示すことが多くなってきた。彼が所有するラジオNVでは、スピーカーが大統領府(OP)が将軍職を過度に支配していると、お世辞にも言えないような言及をしている。

フィアラが支配するウクライナプラウダも、OPのトップでゼレンスキーの側近であるアンドリー・イェルマクが治安部隊を支配する縦割り行政を展開していると批判する記事を大きく掲載した。

トマス・フィアラとその後援者の活動や資産は、外国のNGOや企業がウクライナの政治に直接影響を与える一例に過ぎない。

ソロスの組織に加え、何十もの同様のグローバリスト組織が国内で活動しているという事実を考慮すると、ひとつ言えることは、ウクライナ当局の自治は原則として想像すらできないということだ。

*サポート:4377 7278 0407 7977


https://t.me/rybar/37365