暴露!欧米の政策決定者に影響を与えるために設計された膨大な親ウクライナの「ボット軍」。

Exposed: The vast pro-Ukrainian 'bot army' designed to influence Western policy makers — RT World News

2022年9月10日 Slobodan Kolomoets著

ネット上の膨大なネットワークが調査によって明らかになった。

Image from Gyazo

アデレード大学の研究者は、ウクライナ紛争に関連するTwitter上のボットアカウントの活動に関する画期的な論文を発表しました。2月23日から3月8日の間にソーシャルメディアネットワーク上で行われた520万件のツイートのうち、60~80%が偽アカウントによって共有されていたのです。しかも、そのうちの9割がウクライナ寄りの投稿だった。

特に、#IStandWithUkraine、#IStandWithZelenskyy、#ISupportUkraineのハッシュタグや、軍事行動開始後数時間で40機のロシア機を撃墜したという架空のウクライナパイロット「Ghost of Kiev」などの神話を押し付けるアカウントが多かった。

3月2日のロシアによるケルソン占領や、3月4日のザポロジエ原子力発電所など、戦闘の初期段階における重要なポイントで、活動が著しく急増したことが記録されています。

確認されたアカウントは圧倒的に英語が多く、研究者は、これらの偽ユーザーが「英語圏の国々でより多くの混乱を引き起こす」「さまざまなユーザーグループに影響を与える」ことを目的としていると結論付けています。英語に大きな焦点が当てられているにもかかわらず、ウクライナのボットはロシア語も採用し、同国で「より多くの混乱を引き起こす」ことを目的としていました。

これらのアカウントは、特定のトピックに関する議論やトレンドを刺激するという目的に成功し、ウクライナ人が国外に脱出すべきかどうかという問題を含む多くのテーマに関するオンライン議論を開始し、活発化させました。研究者は、ウクライナのボットからボット以外のアカウントへの情報の「著しい流れ」を記録しました。

この研究は、紛争に関連するソーシャルメディアコンテンツの最初の分析であり、わずか2週間という非常に短い期間を対象としています。この期間に記録された90%を超えて、荒らしやオーガニックユーザーによる親キエフ感情のレベルがさらに上昇したことは、ほぼ避けられないでしょう。多くのコメンテーターが、ウクライナにおける西側の代理戦争を支援するためにTwitterFacebookなどが武器として使われていることに注目しています。

主要なソーシャルメディアネットワークを数分スクロールするだけで、匿名の最近登録したユーザーがウクライナ支持、NATO支持、戦争支持のプロパガンダを発信し、欧米の有力なシナリオに批判的な人物を攻撃していることが確認できるのだ。作家のケイトリン・ジョンストンに言わせれば、これは「史上最も攻撃的に荒らされた戦争」なのだ。

Image from Gyazo

例えば8月4日、アムネスティ・インターナショナルは、ウクライナ軍が学校や病院を含む住宅地に部隊や兵器を配置しており、これは民間人を危険にさらし、戦争犯罪を構成しているという報告書を発表した。その3日後、CBSは、キエフに送られる膨大な西側諸国の武器のうち、実際に前線に届くのはわずか30%で、残りは消失するか闇市場で売られていることを示すドキュメンタリーを放送した。

これらの報道に対するソーシャルメディア上の反応は煽情的で、アムネスティはその開示が引き起こした「怒りと苦痛」に対して謝罪するよう、うまくいじめられた。この学術的な研究は、この反撃の多くが実際には自動化されたアカウントに起因し、両組織への非難が遍在しているという誤った印象を与えることを意図的に行っていたことを示唆するものである。

アデレード大学の論文は、アムネスティCBSに対するオンライン反撃の主力であったNAFO(『North Atlantic Fellas Organization』)と呼ばれるものの正体についても、明白な疑問を投げかけている。NAFOは、親ロシア派の声や大量報道用アカウントに対して、一時的あるいは永久に停止されるまで嫌がらせをした過去がある。多くの著名人がこのグループを賞賛し、The Economist, Politico, and the Washington Postで肯定的に紹介されました。

よくあることだが、ロシアが広く非難されるような怪しげな戦術や行為は、西側諸国やその同盟国が行えば、悪役でなくなってしまうのだ。ソーシャルメディア上のクレムリンのボットに関する主要メディアの論争は、もっと身近で大規模かつ効果的な作戦のための煙幕に過ぎなかったのではないか、と考えるのが妥当だろう。


https://www.rt.com/news/562509-ukrainian-bots-in-twitter/