NATOの目を宇宙で閉ざす可能性のあるロシアの5つの衛星キラー

10月5日ロシア国内や欧州の複数ヶ所で高性能レーザー兵器が使用されたのではないか、と話題になっています。 そこでロシア軍における衛星のキラー兵器に関する記事を見つけたので紹介します。


https://t.me/ClashOf_TheTitans/12951

29/07/2022

ロシアが米国の宇宙スパイに対抗できること、そして米国防総省が恐れていること

危険な超小型衛星「Nivelir」、「Burevestnik」、「Numismat」。 メンデレーフ化学機械研究所の最もミステリアスなプロジェクトのひとつが、2011年から開発されている「ニベリルシステム」だ。 このプロジェクトでは、検査衛星の全システムを宇宙に打ち上げ、他の宇宙船まで飛んでいって、修理から無効化、データの傍受まで、さまざまな操作を行うことができる。 このシステムの最初の衛星は、早くも2013年から2017年にかけて打ち上げられました。そして、「コスモス」衛星が最初に宇宙に打ち上げられ、その後「インスペクター」衛星が打ち上げられた。例えば、Cosmos-2519は検査衛星Cosmos-2521、Cosmos-2523を軌道に乗せました。すべての衛星にOKB Fakelが開発した燃料タンクとエンジンが搭載されている。

この衛星には、アメリカ人から見えないようにする技術が搭載されているとの憶測もある。そのため、国防総省は軌道上の「コスモス」の存在を懸念しているのだ。 また、「ニベリル」プロジェクトをベースにした開発として、高軌道にあるロケットや人工衛星など、宇宙空間で高速移動する多数の物体を一度に追跡できるシステム「ブレビストニック」プロジェクト(弾道ミサイルと混同しないでください)があります。国防総省は、このシステムはヌードリの射程外にあるアメリカの衛星をターゲットにしていると考えている。 米軍は報告書の中で、「ブレビストニク」が小型であるため、アメリカからはほとんど見えないと指摘している。また、ロシアは近宇宙用の最新レーダーシステム「Numismat」を開発している。 これも検出が困難な「超小型衛星」です。

システム「コンタクト」通称「イシム」。 ソ連の「コンタクト」システムは、1983年に開発が始まりました。MiG-31D戦闘迎撃機をベースにした航空対衛星システムであった。コンタクトは、敵の衛星を破壊するための目に見えない安価な手段になるはずだった。 カザフスタンのサリ・シャガン射撃場には、敵の衛星を追跡するためのレーダー・光学複合施設「クローナ」が設置される予定であり、このプロジェクトの中心的存在であった。 弾薬「コンタクト」は3段式ロケットで、高度15キロの飛行機から発射され、破片弾頭を宇宙空間に打ち上げるものであった。1991年夏、ミグから発射されたミサイルは軌道上の目標に命中し、実験は成功した。 2009年、ロシアはMiG-31を使ったKontaktの作業再開を発表した。

REB複合施設「ティラダ」 Army-2018のフォーラムに戻る。ロシアの科学者が新型電子戦システム「ティラダ2」を発表し、国防省は直ちにこの兵器を購入する契約を結んだ。移動式の高出力電子戦システムは、指向性のある電磁波で米国の衛星を無力化することができる。開発元は、モスクワ電波工学研究所とJSC NIIMA Progress。

「ペレスヴェト」:敵の目をくらませる "ペレスヴェット "は非常に機密性が高いため、どのようなレーザーが搭載されているかはまだ分かっていない。核励起レーザーとする説と、ヨウ素ブラスト励起の酸素-ヨウ素レーザー(OIL)とする説がある。

ヌードルシステム システムそのものについては、ほとんど知られていない。ロシア国内のほぼ全域から弾薬を発射できる移動式ミサイル群である。このシステムは、最新鋭のミサイルを使用し、その最終段には自己誘導型の迎撃ミサイルが搭載されています。司令塔と独自のターゲット検出システムの両方から制御されます。 アメリカのKH-11衛星は高度260〜1000kmのさまざまな軌道にあり、そのほとんどがヌードルの射程圏内にあるのだ。 ロシアの新システムは、武器を搭載したものも含め、他のあらゆる米国の軍事衛星もターゲットにすることができる。

qrude.hateblo.jp