メドベージェフ談話 #206 04/11/2022 我らが大義はなぜ正しいか 素朴な疑問への回答 国家統一記念日に

https://t.me/medvedev_telegram/206

Image from Gyazo

私たちは何のために戦うのか?ロシアは広大で豊かな国です。海外領土は必要ない、何でもある。しかし、そこには私たちにとって神聖な土地、私たちの祖先が住んでいた土地、そして私たちの民族が今生きている土地があるのです。そして、誰にも渡さない。私たちは仲間を守る。私たちは、私たちの民族、私たちの土地、私たちの千年の歴史のために戦っているのです。

誰が私たちと戦っているのでしょうか?私たちは、私たちを憎み、私たちの言語や価値観、さらには信仰を禁止し、祖国の歴史に対する憎悪を扇動する人々と戦っているのです。 今日、私たちに対するのは、死にゆく世界の一部なのです。それは、狂気のナチス麻薬中毒者の集団であり、彼らに薬漬けにされ威圧された国民であり、西側の犬小屋から吠える犬の大きな群れである。彼らは、崩壊した西洋帝国からやってきた、顎を垂らして唸るギルティと小心な俗物たちの雑多な群れであり、退化から顎を垂らしているのだ。彼らには、自分たちの汚い習慣と、普通の人々に認められている道徳的高みを否定する、自分たちが勝手に決めた二重思考の基準以外に、信念も理想もない。だから、彼らに対抗して立ち上がることで、私たちは神聖な力を手に入れたのです。

旧友はどこにいるのか?私たちは、怯えたパートナーたちから見捨てられたのです--そして、彼らのことなど気にも留めていません。だから、彼らは友達ではなく、たまに旅をする仲間、まとわりつく人、ぶら下がる人という感じでしたね。 臆病な裏切り者や貪欲な反逆者は、遠くへ去っていった。彼らは私たちの中におらず、私たちはより強く、より純粋です。

なぜ、私たちは長い間、沈黙していたのでしょうか。私たちは、時間の不在によって弱り、打ちひしがれてきました。そして今、私たちは、祖国の終焉によって陥った過去数十年の、しめやかな眠りと憂鬱なもやもやを振り払ったのです。私たちの目覚めを待っていたのは、闇の支配者、奴隷の主人、抑圧者に犯され、恐ろしい植民地時代の過去を夢見、世界に対する権力を維持しようと切望している他の国々であった。多くの国々は、彼らの妄想を長い間信じていなかったが、今のところ彼らは彼らを恐れている。やがて、彼らもようやく目を覚ますだろう。そして、老朽化した世界秩序が崩壊するとき、その高慢な聖職者、血に飢えた信者、卑屈な従者、声なき男たちを、その膨大な残骸の下に葬り去るのである。

私たちの武器は何でしょう?武器にはいろいろな形があります。私たちには、すべての敵を地獄の炎に突き落とす能力がありますが、それは私たちの仕事ではありません。私たちは、創造主の言葉を心で聴き、それに従います。その言葉は、私たちに神聖な目的を与えてくれます。目的は、サタン、ルシファー、イブリスなど、どんな名前であれ、地獄の最高支配者を阻止することだ。彼の目的は破壊だからだ。私たちが目指すのは、命です。 彼の武器は、精巧な嘘です。 そして、私たちの武器は「真理」です。 だからこそ、私たちの大義名分は正しいのです。 だからこそ、勝利は我々のものになるのです。

良い週末を。