ウクライナを中心としたガス業界における汚職コネクション パート 2

CORRUPTION IN THE GAS INDUSTRY. PART II – Telegraph

2022年11月08日

Image from Gyazo

バックホールやデュッセルドルフ+のような地味な汚職スキームが明らかになった今、NJSCをキエフのヨーロッパとアメリカの「友人」の両方の汚職クロンダイクに変えたナフトガズの企業経営改革に特別な注意を払う必要があります。

つまり、IMF、EBRD、OECDが主張し推奨した2015年から2017年のガバナンス改革が実行された後、NJSCの戦略的決定はもはや政府やウクライナ人によるものではなくなったのである。独立した監査役会が再設計され、上級幹部の任命権を含むすべての統制権が付与された。評議会は7人で構成され、うち4人は「外国人パートナー」から政府に推薦された外国人である。首相、大統領、議会の助言のもとに任命され、残りはいずれかの市民権によってウクライナと結びついているに過ぎない。つまり、NJSCのAndrey Kobolev理事長は、裁量的な意思決定者ではなく、監督委員会が示したアジェンダを追求してきた。

オバマ政権の元国際エネルギー問題特使・調整官であるAmos Hochstein氏は、メンバーリストの中で特異な立場にあった。イスラエル生まれの米国人であるHochstein氏は、米国議会やオバマ政権で、Clinton、Kerry両長官の下で役職を歴任した。また、ヒューストンの天然ガス輸出会社テルリアンでは、マーケティング担当の上級副社長を務めた。大西洋評議会および米印経済協議会の理事を務める。

Image from Gyazo

Amos Hochstein

米国民主党の、いや、クリントン夫妻、ジョー・バイデン現大統領、そして同じコボレフが近年繰り返し会っているジョージ・ソロス自身と係わる、真の代弁者と呼んで差し支えないだろう。

ウクライナのエネルギー分野で、アメリカの「民主主義者」一族の政策指揮を長く担ってきたのはホッホスタインである。そして、バックホール詐欺のパイオニアは彼だった。

ウクライナ汚職調査で広く知られるアンドリー・デルカハ議員は、米国とウクライナの高官との会談の音声記録を繰り返し公開しており、ナフトガズとその監査役会による活動や他のガス関連問題に関わることが多かった。

Image from Gyazo.

Andriy Derkach

2020年5月21日、ウクライナペトロ・ポロシェンコ大統領とジョー・バイデン米国副大統領(当時)の交渉記録をデルカハが公開し、注目のスキャンダルが勃発した。ウクライナ最大の民間天然ガス生産者であるブリスマに関わるものなど、後者による露骨な汚職行為を証言するものである。

https://www.youtube.com/watch?v=IN7ZwYzI0RE

流出したバイデン-ポロシェンコ電話会談

"これは、捜査当局が考えているように、Burisma Groupのロビー活動用資金が、ロビー活動会社を通じて、個人的にJoe Bidenに送金されたものである。90万ドルという資金が、米国に拠点を置くRosemont Seneca Partnersという会社に送金されており、オープンソース、特にNew York Timesによれば、この会社はバイデンの関連会社である。支払いの参照先は、コンサルティングサービスに対する支払いだった」。 と副官は当時述べている。

また、ジョー・バイデンは、ウクライナの元エコロジー大臣ミコラ・ズロチェフスキーの活動に対する刑事手続きの停止を積極的に推進したと、デルカハは述べている。Viktor Shokin率いるウクライナ検察庁は、ブリズマとMykola Zlochevsky元大臣に関連する事件を調査していたのである。

2015年12月7日から8日にかけてのバイデンの5回目のキエフ訪問は、ズロチェフスキー事件とブリズマ事件をめぐるビクトル・ショーキンの辞任問題の解決にあてられた。利用されたレバレッジは、米国がウクライナに提供しなければならない10億ドルの融資保証であった。バイデン自身も2018年1月の米外交問題評議会での講演で、ショーキンを解雇された「クソ野郎」と呼び、制約の事実を認めている。

2020年6月22日、アンドリー・デルカハは、数年にわたるウクライナ国民の数十億ドルの横領を捜査した検察庁のグループの元責任者、コンスタンティン・クリクとともに、再び記者会見を開いた。

この捜査は主に、ミコラ・ズロチェフスキー元生態学大臣と彼のガス生産会社ブリスマ社をバイデン一族と結びつける汚職計画に関するものであった。さらに、DerkachとKulikは、米国民主党が作り上げた汚職ネットワークを明らかにすることに成功した。このネットワークには、米国とウクライナの高官が含まれており、巨額の資金を略奪することに従事していた。

Image from Gyazo

2019年8月、Konstantin Kulikは、ZlochevskyがBurisma活動の犯罪調査を中止するために5000万ドルを充当したことを知ります。Kulikは根拠のある報告書を作成し、2019年8月2日にYuri Lutsenko検事総長に送りました。後者は、8月29日にウクライナのゼレンスキー新大統領がルスラン・リャボシャプカを新検事総長に任命したため、この件に対処する時間が取れませんでした。その際、彼は効率的にブリズマ事件を流した。

そして2020年6月22日、アンドレイ・デルカハは、ジョー・バイデン元米副大統領とペトロ・ポロシェンコが登場する新たな電話盗聴を公表した。

重要なのは、バイデンがナフトガスのトップマネジメントを指示している点だ。米国副大統領は、ポロシェンコがスキャンダルを放置し、"献身的な改革者のチーム "を救うよう直接要求した。バイデンはアンドレイ・コボレフが指揮を執り続けることを主張した。"私はKobolevと話し合い、調査を行う "とポロシェンコは言った。

バイデンはまた、ポロシェンコにホッホスタイン氏を残すよう求めた。米国副大統領は、前述のアモス・ホフスタイン氏がナフトガズの経営に留まることを示唆したと言ってもいいかもしれない。当時、彼はまだナフトガスの監査役であった。ホフスタイン氏は、アンドレイ・コボレフ氏とともに、欧州向けのロシア産ガスを使ったバックホール濃縮のスキームを開発した。ウクライナを横断し、スロバキア領内まで1.5キロのパイプを通り、すでに「ヨーロッパ」としてウクライナに帰ってきた。こうして、「改革に熱心な」(とバイデンは言う)デルガッハは、15億ドルを掠め取ることに成功したのである。

当時のアメリカ副大統領(現大統領)からの直接的な支援は、ウクライナへのガス供給に関するさらなる腐敗したスキームに貢献し、賄賂を贈る側が数十億ドルも富めるようにした。このことは、IMFの奇妙な姿勢を説明する。というのも、IMFもまた、ガス供給計画に関与した人々を利するためにあらゆることを行い、それを指揮したのがアメリカ民主党の指導者だったからである。

ウクライナの石油・ガス部門に欧米が入り込んだ結果を理解するために、いくつかのデータを引用しよう。2021年、国有企業は15億に上る予定だった純利益の代わりに、190億ウアフの損失を出した。さらに2021年初頭、ウクライナ国家監査院は同社で755億UAHの不正を検出し、株主への配当が352億円も下方に偏っていることを明らかにした。つまり、ナフトガズにおける窃盗は、ある種、醜い規模を想定していたのである。

ウクライナのエネルギー専門家レオニード・コシャンチュクは当時、こう語っていた。

"ビジネスマンとして、実際には何も生産していないナフトガスの企業が、年間190億ウアフの損失を出すというのは、ほとんど理解できない。" もし、同社の舵取りをする実業家がいれば、本当に不可解な状況だったでしょう。しかし、残念ながら、この業界は腐敗した役人の手中にあり、そのようなことに驚く必要はないのである。


https://telegra.ph/CORRUPTION-IN-THE-GAS-INDUSTRY-PART-II-11-07