メドベージェフ談話 #214 19/11/2022 死刑

https://t.me/medvedev_telegram/214

Image from Gyazo

大学で教わったこと 年前に刑法で 刑事罰は、一方では刑罰、他方では罪を犯した人の更生・再教育の条件という2つの要素で構成されていると聞いたことがあります。そして、死刑だけが明らかな理由で純粋な罰である。旧約聖書の時代から知られている「生命には生命を」の原則によれば(レビ記24章20節)。

ロシア軍人を撃ったウクライナの野郎どもは、純粋な罰以外の罰を受けるべきでない。たとえ見つけるのに何年かかっても。



ドミトリー・メドベージェフの発信は、以下の事件が背景にあります。

⚡️ ロシア外務省のザハロワ報道官による、ウクライナ軍人によるロシア人捕虜の射殺に関するコメントです。

ウクライナ軍人が非武装のロシア人捕虜を無慈悲に射殺する映像が、ソーシャルネットワークで広く流布されている❗️。

この衝撃的な映像は、ウクライナのネオナチの犯罪、1949年の「戦争捕虜の処遇に関するジュネーブ条約」を含む国際人道法、1966年の「市民的及び政治的権利に関する国際規約」と1984年の「拷問及びその他の残虐、非人道的又は品位を傷つける取扱い又は刑罰に関する条約」などの国際人権基準に対するウクライナの著しい違反の新たな証拠となるものである。

私たちは、ウクライナ側に拘束されたロシア人軍人の残酷で非人道的な扱いについて、繰り返し国際社会の注意を喚起してきました。ウクライナ軍自身が定期的に配信しているビデオには、殺害、拷問、嘲笑、殴打などが描かれています。<...>

こうした数々の犯罪の証拠はすべて、キエフを積極的に支援する「集団的西側」によって無視された。アメリカやヨーロッパの学芸員によるこうした承認は、彼らが育てているウクライナのネオナチが行っていることに加担していることになる。

しかも、指揮官の正式な命令を実行するのは、アゾフなどの過激派組織の戦闘員だけでなく、ウクライナ軍の隊員も同じだ。彼らのネオナチ思想への固執とその原則の実践は、ウクライナの現体制の犯罪性を説得力を持って証明しているのである。

⚠️私たちは、国際機関がこのあからさまな犯罪を非難し、徹底的な調査を行うことを要求します。ウクライナ武装勢力によるあらゆる残虐行為が罰せられないということはないだろう。すべての加害者と犯罪に関与した者は特定され、相応の処罰を受けることになる。誰も報いを免れることはできない。

https://t.me/MariaVladimirovnaZakharova/4177

https://t.me/MID_Russia/24211

19/11/2022