ウクライナの偽旗製造の大失敗

Ukraine's Epic Fail At Manufacturing a False Flag - A Son of the New American Revolution

Larry Johnson 著:16/11/2022

NATO条約第5条に基づきNATOポーランドを防衛することを正当化し、過去2ヶ月間に戦闘で死傷した大量のウクライナ人兵士をどう補充するかというキエフのジレンマを解決できるようなポーランドへの「ロシア」攻撃をウクライナが企て、失敗したという証拠が圧倒的にあると私は考えている。とんでもない数である。そしてウクライナは、ウクライナ人の徴兵だけに頼っていては手に入らない援軍を、切実に必要としているのです。

ポーランドに着弾したS-300ミサイルが偽旗であったという証拠はここにある。

  • ミサイルはS-300。元々は1970年代後半にソビエト連邦で製造されたもの。

Image from Gyazo

  • S-300の最大射程距離は160マイルしかない(S-300VMと仮定しての話)。
  • ミサイルはポーランドの東にあるPrzewodówという村に着弾し、ウクライナとの国境から4マイルほど離れたところにある。Przewodówは次の地図の赤い点である。

Image from Gyazo

  • 理論上このミサイルを発射することができた最も近いロシア地上軍は、ケルソンの東に位置しています。PrzewodowからKhersonまでの距離は613マイル。この距離は、S-300の能力を3.5倍も上回っています。

S-300は、キエフの西に位置するウクライナ軍から発射された。米露の衛星がこの発射を記録していた可能性が高い。つまり、S-300がどこから発射されたかを双方が知っているのだ。

このミサイルが、ウクライナがロシアのミサイルを打ち落とそうと必死になって発射した「誤射」である可能性は極めて低い(というか、あり得ない)。なぜか?ロシアのミサイルは南から北へ、あるいは東から西へ飛んでいく。つまり、もしウクライナが対ミサイル防衛システムをこれらの飛来するミサイルに向けて発射すれば、ウクライナのミサイルは西から東へ移動することになります。

しかし、今回はそうなっていません。S-300は東から西へ移動したのです。S-300を発射したウクライナのオペレーターが尻に酔っていない限り、この防空ミサイルを「誤って」間違った方向に発射することは不可能だ。

そして、ゼレンスキーは断固として証拠を受け入れようとしない。

しかし、嘘を繰り返しても、それが真実になるわけではありません。あなたは「太陽は西から昇る」と主張するかもしれませんが、どんなに大声で叫んでも、何度その無意味なことを繰り返しても、それは真実ではありません。ここでも同じ原理が当てはまります。東や南から来るミサイルに向かって発射された対空ミサイルが、魔法のように反対方向に飛んでいくことはないのです。

これもゼレンスキーが自暴自棄になっていることの表れだと思います。考えてみてください。もしウクライナが本当にロシアを目の敵にしているなら、なぜロシアがポーランドをミサイルで攻撃したという反証の容易な主張を捏造したのでしょうか。これは杜撰な取引である。もし、ウクライナがロシアの別のミサイルを使い、現在のロシアのラインからポーランドの農場まで飛ぶことができれば、状況証拠がNATO加盟国の間で望ましい火種となったかもしれない。

アメリカ国防総省がミサイルの発射場所についてロシア側に同意した理由の一つは、国家偵察局からの技術データが発射場所を特定したことだと思います。NROが知っていれば、同じような能力を持つロシアも知っているはずです。

私は、ウクライナポーランドが、頭の悪いジョー・バイデンに内緒でこの計画を立てたのだとも思っています。この事件は、バリで開催されるG20と時を同じくして起こりました。それゆえ、私のタイトルは「大失敗」なのです。

私は、水曜日の夜、ライアン・ドーソンと、この挑発の失敗などについて話し合った。