私たちは敵に会った、そして彼は私たちであった!

We Have Met The Enemy and He is Us - A Son of the New American Revolution

ラリー・ジョンソン著:26/11/2022

Image from Gyazo

プーチンのロシアを破壊しようとする西側諸国の歴史が書かれるとき、歴史家がポゴの知恵を利用しても驚かないだろう。

ポゴは、漫画家ウォルト・ケリーが1948年から1975年までアメリカの新聞に連載した日刊漫画です。アメリカ南東部のオケフェノキー沼を舞台に、タイトルキャラクターのオパッサムをはじめ、擬人化された動物たちの冒険が描かれた。 https://en.wikipedia.org/wiki/Pogo_(comic_strip)

ポゴの象徴的な言葉の一つである「敵に会った、そして彼は我々だ」は、ロシアを服従させるためにウクライナを利用しようとする西側の試みの結果として進行中の反動に照らして、これまで以上に適切なものであると言える。次の映像は、ウクライナについて何も語っていない。しかし、漫画家ウォルト・ケリーが大衆に伝えようとした真実の一端を知ることができる。

www.youtube.com

米国を中心とする西側諸国は、2014年にウクライナで内戦が始まるのを促進し、その後8年間、ロシアへの圧力を強め続けた。この努力の背後にある傲慢さは、実に見事なものです。従来の学者、軍産複合体に肩入れする評論家、有権者のために見返りを得るために国防総省に資金提供することに熱心な政治家は、ロシアは後進国の破綻国家だというプロパガンダを全面的に信奉していた。

マイダンのクーデター以来、ミンスクIやミンスクIIにもかかわらず、誠実な交渉の試みはなかった。その後の外交は陽動作戦だった。米国と欧州の真の目的は、ウクライナの軍事力を強化する一方で、制裁とプロパガンダを併用してロシアの弱体化を図ることであった。

ティーブン・コーエンやリチャード・サクワのような学者を除いて、ほとんどの学者はボリス・バデノフを思わせるような漫画版のロシアを売り込み、世論はそれを鵜呑みにしていたのである。

www.youtube.com

西側諸国は、ロシアに対する大規模な制裁が経済の混乱を引き起こし、その後に政治的混乱が起こると本気で考えていた。西側の政治家たちは半分正しかったことがわかった。制裁は経済的混乱を引き起こし、政治的混乱が進行中だ。ただ一つ、小さな、小さな問題がある。それは、アメリカとヨーロッパで起きていることだ。プーチンとロシア経済はうまくいっている。食料、肥料、エネルギー、レアアースなどの必需品に関しては、ロシアは自給自足であることが判明している。西側諸国はそうではない。

Image from Gyazo

クリストファー・ウォーケンブルー・オイスター・カルトの偽打楽器奏者にもっとカウベルを提供するように、NATO同盟はロシアがミサイルやその他の重要な武器が不足していると主張し続ける。西側諸国は明らかに皮肉が通じない。なぜなら、枯渇しているのは自分たちの兵器の供給だからだ。例えば、ドイツ。

ドイツのクリスティーン・ランブレヒト防相は、2022年8月のドイツ内閣の最終会合で、「ドイツ軍の備蓄からウクライナに武器を送る余地はほとんどない」と発言した。私たちが提供できるものは限界に達していると認めざるを得ない。我が軍は、各州とドイツ連邦の防衛を保証することができなければなりません。私はこの状況が続くようにします。" 彼女が言うように、これらの発言は、ウクライナに対するドイツの軍事支援が最大になる日が迫っていることを表現している。これは、ドイツが今後、この点で限られた選択肢しか持たず、ウクライナへの支援のペースも遅くなることを意味している。 https://www.politics-dz.com/interregional-strategic-analytics-how-has-ukraines-support-affected-western-armaments/

米国もまた、ジャクソン・ブラウンが歌ったように、空っぽの状態で動いている。米国はもはや自給自足と海外支援を行う産業力を持たないため、ウクライナに送る武器をかき集めているのである。

米国は、ウクライナで展開されている高強度の戦闘に利用可能な武器を見つけるための幅広い取り組みの一環として、韓国の武器メーカーから10万発の砲弾を購入してウクライナに提供する意向だと米国当局者が述べた。 https://www.cnn.com/2022/11/11/politics/us-artillery-south-korea-ukraine/index.html

一方、プーチンはボロジノ戦の後、ナポレオンに対して採用されたロシアの戦略を更新した。そのため、このような甚だしい事態が発生したのである。勝利?いや ロシア軍はモスクワに火を放ち、ナポレオンと彼の軍隊は冬将軍の襲撃を受け、ロシアから撤退することを余儀なくされた。1800年代初頭、モスクワには止めるべき電気がなかった。人々は薪の火に頼り、石炭や石油を燃やして暖房や照明に使っていた。猛烈な地獄から、飢えたフランス軍を収容するのに十分な建造物が残らなくなった時点で、戦いの流れは変わり、あとは歴史と言うことになる。

プーチン核兵器を使わずに、電磁パルス(一般的に核爆発に関連したもの)の効果を持つ通常兵器を使用している。ウクライナの電気、水、熱を供給する能力のかなりの部分を破壊したミサイルの連射は、フョードル・ロストプキンがモスクワを焼き払えと命令したのと同じ効果をもたらしているのだ。都市を住めなくして、軍隊を撤退させるのだ。

ウクライナで展開されていることが気持ち悪く、悲しいのは、これが予防可能だったということだ。もし米国とNATOウクライナへの武器供給を止め、ウクライナNATOに入れないことを約束し、ミンスク合意を履行していれば、プーチンは "特別軍事作戦 "を開始しなかっただろう。

ロシアを強制的に服従させようとする西側の手ぬるい試みの反動が、世界秩序の歴史的再編を引き起こし、第二次世界大戦後に確立された国際秩序の解体を開始させたのである。

NATOの指導者たちにユニークなクリスマスプレゼントをお探しなら、ウォルト・ケリー氏の著書『We Have Met the Enemy and He is Us!』をお薦めしたい。