消費経済は完全に崩壊している - ホリデーショッピングはどこも「ゴーストタウン」だ

The Consumer Economy Has Completely Collapsed - "It's a Ghost Town" for Holiday Shopping Everywhere - The Last Refuge

サンダンス著:26/11/2022

"群衆"?何も見えない。いつもはビルの周りをぐるりと取り囲んでいるのに。今日は誰もいない"

これは、国中の地域からの典型的な現地報告です。 誰も、文字通りほとんど誰も、年末の買い物をしていないし、ブラックフライデーのような伝統的な駆け込み需要もない。 金融メディアは、眉間にしわを寄せて当惑しながらも、頭を悩ませている。

興味深いことに、ほとんどすべての金融メディアは、今年の年末商戦は8%増になると予想する小売業協会の論説をそのまま使用しています。 どうやら、見せかけを維持しなければならないようです。 一方、ニュースクルーやカメラクルーは、売上が好調であるという主張の背景となる映像として、休日のショッピングを見つけるのに必死になっています。

「ほら、あそこ。ほら、あそこで何か買っている人がいますよ。いやいや、あれは従業員が空っぽのレジの埃を払っているだけですよ」。 ある時点で、現実は大衆の妄想のふりに真っ向からぶつかると思わざるを得なくなる。 このホリデーシーズンがそうなるかもしれないし、そうでないかもしれない。

全米小売業協会によると、木曜日の感謝祭から今度の「サイバーマンデー」までに買い物をする予定の人は約1億6600万人で、昨年より800万人近く多い。しかし、国の一部で散発的に雨が降ったこともあり、ブラックフライデーの店舗の混雑はいつもより少なかったようです。

「例年、この時期は駐車場を探すのに苦労します。今年は駐車場の確保に苦労していない」と、NPDグループ社のチーフ・インダストリー・アドバイザー、マーシャル・コーエン氏は述べた。

「今年は駐車場の確保に苦労していない。ニューヨーク、ニュージャージー、メリーランド、バージニアの各都市の店舗をチェックしたところ、「切迫感はない」とコーエン氏は付け加えた。

ニュージャージー州イースト・ラザフォードにあるアメリカン・ドリーム・モールでは、店の外に行列はなかった。トイザラスの従業員は、ブラックフライデーの「ドアバスター」キャンペーンを記したチラシを配っていた。(続きを読む)

Image from Gyazo

メディアは経済の建前を維持し続けているが、完全に崩壊した消費経済の現実が物理的に突きつけられているのは、ほとんどカフカのようである。

(Bloomberg)- サンフランシスコのあるモールに活気(午後4時40分) - サンフランシスコのストーンタウン・モールでは、買い物客はほとんどいなかった。ターゲットとザラの店舗はほとんど空っぽで、モールのサンタクロースの列もない。ユニクロとアップルは最も混雑している場所だったが、それでも込み合ってはいなかった。

(中略)スタンフォード・タウン・センター・モールの深夜は人通りが少なかった。Kay Jeweler、空っぽ。サファヴィーも空っぽ。フォーエバー21のレジには数人しか並んでおらず、バーンズ&ノーブルではほんの数人が購入のために並んでいました。

(中略)シカゴのノースサイドにあるターゲットの店舗では、現地時間の午前9時頃、駐車場がかろうじて半分ほど埋まっている状態だった。店内に入ると3ドルのオーナメントやクリスマスツリーの割引があり、店内は落ち着いた様子で比較的静かだった。

(中略)コネチカット州スタンフォードのメイシーズは、整然としていた--ショッピングの混乱を連想させるこの日には、少し整然としていすぎたかもしれない。家具売り場はほぼ無人で、靴を見ている買い物客が多かった。(続きを読む)

ブラックフライデーは制御不能になった pic.twitter.com/AzhL3rFnas

www.youtube.com

.