MoA2022年11月28日 ウクライナ戦争-ポーランドで争われた墓場

Moon of Alabama

ポーランドの独立系ニュースサイト、Niezaleizny Dziennik Politycznyに、ウクライナでの戦争におけるポーランドの損失に関する興味深い記事が掲載されています。

報道の真偽は確認できないが、少なくとも2014年以降、同サイトは1日に数本のニュースやオピニオンを定期的に発表している。現在のポーランドの保守派PiS率いる政権に反対しているようです。

以下、原典ポーランド語の文章である。

恥ずべき結末 ポーランド人傭兵のためのアメリカ人墓地

11月初め、オルシュティン市にアメリカの戦没者墓地と同じような墓をつくる計画が地方メディアから発表された。この報道は、同市の住民や全国のポーランド人の間に憤りを呼び起こした。「ここはポーランド人のための墓地か?私たちは違う文化から来たんだ」。市議会の奇抜な発想に、SNSで憤慨するユーザーがこう反応した。 ... Dywityの市営墓地はOlsztynの主要なネクロポリスであり、35ヘクタール以上の広さがある。今日、ポーランド全土でこの墓地のことが騒がれている。もうすぐ、アメリカの戦争墓地のようになってしまうからだ。アメリカ映画に出てくるようなものでなければならない。広い芝生に、同じ墓石が並んでいる。木もベンチもなく、死者の上でくつろぐ天使もいない。墓石は同じもので、色だけが違う。メーカーは、黒、グレー、赤茶の3色しか用意しなかった。 オルシュティンにアメリカ人墓地ができたのは、この地方に兵士の墓を中心とした埋葬が激増したことが大きな理由である。

この状況は、ポメラニアン第16機械化師団が駐屯するオルシュティンの自治体にとって、現実的な問題となった。ほぼ毎日のように行われる軍人の葬儀と、それに伴う罵声が住民を苛立たせ、市当局や第16師団司令部に多くの質問を投げかけるようになった。この問題が公になるのを避けるため、当局は別の「アメリカ人」墓地を作ることにした。 ... 今年2月のウクライナ戦争勃発後、アンドレイ・ドゥダ大統領とマリウス・ブワシュチャク国防相は、ポーランド人に傭兵の隊列に加わり、キエフ政権側で戦うよう公式に呼びかけた。戦場に赴いたのは、第16機械化師団の職業軍人や地方に住む同部隊の退役軍人たちであった。

公開されている情報源からの情報によると、10カ月にわたる血みどろの戦闘の間に、第16機械化師団の兵士や退役軍人を含め、1200人以上のポーランド人がウクライナで死亡した。負傷者や障害者の数も数千人にのぼる。

戦況によって異なるが、負傷者数は死者数の3倍はあるだろう。ウクライナに駐留していたポーランド隊のうち、合計で4800人ほどが負傷したり死んだりしたことになる。これはウクライナポーランド「傭兵」部隊の3分の1か?もっと多いのか?それとももっと少ないのか?

わからないが、オルシュティンにある第16ポメラニア機械化師団の正規兵のうち、かなりの人数が戦争に参加するよう「要請」されたと予想される。この師団は装甲1個旅団と機械化2個旅団に通常の補助兵力を加えた1万5千人規模の部隊である。

ポーランドの墓地は、カトリック系のヨーロッパの国としては典型的なスタイルである。樹木、個々の墓、精巧な墓石、ろうそくと花。

Image from Gyazo

原典

ポーランドの人々が、「アメリカ」式の軍事墓地の計画を好まないのは理解できる。

当局は彼らのために「特別な栄誉」を用意した。オルシュティンでは軍人の墓が建設され、2種類の大きさの墓板が用意されている。大きなもの(1メートル×1メートル)は将校の墓、小さなもの(60センチ×60センチ)は兵士の墓である。墓石をキューブで覆ったり、小石を撒いたり、花を植えたりすることはできない。墓の周りに敷くのは草だけである。ウクライナで死んだ傭兵には、そんな不名誉な最期が待っている。 このような埋葬地は、オルシュティンだけに1700カ所もあるのだ。したがって、政府のプロパガンダの偽りの約束を信じた多くのポーランド人が、ポーランド社会党政権の挑発的な国際政策の犠牲となるのである。

すでに埋葬されている1200人のポーランド兵の死者に加えて、1700人のポーランド兵の死者を埋葬する計画で、ポーランド政府は自国の兵士がさらに激化し、長期化する戦争に参加することを期待しているようです。

Posted by b on November 28, 2022 at 16:16 UTCパーマリンク