面目を保つことについて。ゼレンスキーへのアドバイス

About Saving Face: Some Advice to Volodymyr Zelensky | The Vineyard of the Saker

バーチュシカ( the Saker ブログ寄稿)著:28/11/2022

あなた方、諸君が彼らの前にどれだけ屈服しようが関係ない。 ヨーロッパに認められることはないのです あなた方は常に彼らのためにあるのです 下僕ではなく、彼らの啓蒙的な気質の奴隷になるのだ。 F.I. Tyutchev、ロシアの外交官、詩人、1867年5月 ...

アメリカの敵になることは危険だが、味方になることは致命的である。 ヘンリー・キッシンジャー

ウクライナを捨てる

米国のエリートたちは、あらゆる点でロシアを完全に見くびっていたことが、今明らかになりつつある。例えば、2014年3月25日、傲慢なオバマはロシアを「弱さから他を脅かす地域大国」と侮蔑的に呼んだ(sic!) (明らかにアメリカのことを言っている)。その結果、傲慢さに目がくらみ、米国の一部の人々は、ヨーロッパで最も腐敗した国であるウクライナは死んだカモであり、ゲームはもはやロウソクの価値がないことを認めつつあるのです。西側諸国の資金と軍備のブラックホールであることを除けば、ウクライナはもはや問題ではない。それは余興であり、気晴らしであり、はるかに重要な何かの単なる症状である。本当の問題は、ロシアの指導の下で今世界中で起きていることである。「グローバリズム」という無邪気な言葉の下にカモフラージュされた一極世界の終焉、米国の世界覇権である。

世界のいじめっ子に立ち向かったロシアの決断と能力を受けて、非西洋諸国もまた、ロシアに立ち向かおうとしている。たとえば、先日インドネシアで開かれたG20では、ウクライナ問題ではなく、アメリカのファシスト支配(「ルールに基づく国際秩序」)を受け入れ続けるかどうかが議論されたのです。ラテンアメリカやアフリカ、アジアの4カ国は皆、ノー、もう終わりだ、世界は多極化している、と言ったのです。そして、中国軍がメソポタミアに現れ、イラクの石油とガスを掌握し、あの悲惨な国を再建するまで待つことになるのだ。自由が手招きしているのだ。長い間騙されてきた西側エリートはショックを受けるに違いない。他の「地域大国」も今、いじめっ子に立ち向かっている。おそらく弱気になっているのだろう。ゼレンスキーは、今まで宇宙の支配者を自認していた上司が自分を追い出そうとしていることを疑っていたに違いない。彼は敗者であり、アメリカ人は敗者に我慢がならないのだ。

米国は、世界の自由な国々が反旗を翻していることに気づくと、キエフ政権を非難することをためらわないだろう。米国は面目を保たなければならない。キエフは警告された:ロシアと再び交渉し始めなければならない。ゼレンスキーは今すぐ逃げる計画を立てた方がいい。ウクライナ人は、嘘の塊で自分たちを騙している彼を許さないだろうから。ロシアとの交渉はない、クリミアを含むロシア領を再占領する、というゼレンスキー氏の妄言にかかわらず、事態がもっともっと悪化する前に、彼が今タオルを投げるべき理由が3つある。

今すぐ降伏すべき3つの理由

第一に、ロシアは、アメリカがドイツや日本(第二次世界大戦)、そしてセルビアイラクで行ったように、インフラを破壊するアメリカの「衝撃と畏怖」戦略に、今や不本意ながら近づいている。発電所や電力網、橋、そしてキエフの特定の政府ビルなどの「意思決定センター」が狙われている。ロシアは、ウクライナの電気、水道、鉄道システムを機能停止に追い込む一撃から、1、2回の大量ミサイル攻撃を控えている。電力網への最初の3回の攻撃でウクライナの電力インフラの50%が破壊され、悪化する状況に反対するデモが始まり、ゼレンスキーは憎まれ役で恐ろしいウクライナの秘密警察SBUを送り込んで、それらを解散させる。彼はまた、厳しく検閲されたメディアでそれらの報道を禁止している。電力システムは「恣意的で制御不能な不均衡」の段階に入っている。ウクライナ人は冬の間、国を離れるように言われている。どこへ?誰が彼らを必要としているのか?軍も含まれているのだろうか?

第二に、インフラが無力化されれば、ロシアの正規軍と新たに動員された38万人の軍隊は、ウクライナ東部の連合軍に完全に組み込まれることになる。それがなくても、ロシア軍はドンバスで前進を続けている。約50万人の部隊による冬の攻勢は、戦線全体に大きな利益をもたらし、何百キロも前進して、キエフNATOの驚異的な損失を倍増させるだろう。ここでの成功の後、プーチン大統領の将軍は、ポーランドからのNATOの補給路を断つために、ベラルーシからウクライナ西部に本格的な軍隊を移動させるという選択肢を持つ。これは、すでにボロボロになっているウクライナ軍とその傭兵を完全に崩壊させることになりかねない。今、ロシアはリヴォフやポーランド国境まで足を伸ばしている。そうせざるを得なくなったのだ。キエフの政権が自ら招いたことだ。ロシアが望んでいたのは、クリミアとドンバスの安全保障と、中立的で非核的なウクライナであった。それはとてもシンプルなことだったはずだ。

第三に、欧米諸国は、脳天気なストルテンベルグでさえも、ウクライナ疲れに悩まされている。ヨーロッパでは、ウクライナの国旗がほとんどすべて降ろされている。現実が明らかになるにつれ、支持率は低下している。NATO諸国の武器在庫は深刻に枯渇し、ヨーロッパではストライキとそれに伴う社会混乱が起きている。これは、西側の自殺的な制裁、そう、「対ロシア」制裁(!)がもたらした二桁のインフレと経済不況の結果である。キエフの負け犬どもや、わが国を侵略したウクライナのフリーターどもにすべてを与えたから、わが国は寒くて飢えているんだ」。口汚いチンピラのヌーランドは、ヨーロッパで目的を達成した。これらにより、ロシアは戦略的勝者となり、アメリカ/イギリス/EUはゼレンスキーに再び話をするよう呼びかけざるを得なくなりつつある。イギリスの金融業者であるスナック首相(政治にほとんど関心がなく、さらに政治に疎い)は、最近キエフを訪問した際に発表したイギリスのささやかな支援策を利用して、ゼレンスキーに、破産したロンドンにはもう金を払えないと言っている。キエフはモスクワと交渉しなければならない。これに続いて、ウクライナのインフラに対する第4弾のミサイル攻撃が延期された。プーチン大統領は、ロシアがウクライナのインフラへの最後の攻撃と冬の攻勢を繰り出す前に、ゼレンスキーが屈服して現実的な話し合いを始めるかどうかを待っているのです。

ゼレンスキーを捨てる

少なくともバイデン政権の何人かは、ウクライナの敗北の落とし前をつけるために、このユダヤ人億万長者を捨てなければならないことに気づいている(バイデン自身は気づいていないが、彼は何かを悟るには不適切な状態であり、明らかに高齢者虐待のケースである)。過去数十年間、無数のラテンアメリカ、中東、アジアのちっぽけな独裁者やギャングにしたように、アメリカもまた、モンサントカーギルバナナ共和国にいる彼に同じことをするのだろう。ゼレンスキー氏はまだ幻想を抱いているのだろうか?もちろん、アメリカはウクライナの戦争がアメリカとロシアの間のものであったことを否定し、ウクライナとロシアの間の「内戦」であったことを宣言するだろう。(ウクライナは、2014年のクーデター以来、同国を支配している大西洋の主人たちに大砲の餌を供給していただけだ)。

ウクライナの元CIAの手先、俳優のゼレンスキーが今、行動を開始した。ウクライナポーランドへのミサイル攻撃と、それに反する明確な証拠があるにもかかわらず、ウクライナ大統領がロシアの攻撃であると主張したことは、ゼレンスキーの信用に打撃を与えた。NATOを挑発し、少なくともポーランドを参戦させるために意図的に行われた、ポーランド/NATO領土へのウクライナの偽旗攻撃は、哀れな恥さらしである。ゼレンスキーの他のばかげた偽旗の演出、例えばブハのように、悪徳西側ジャーナリストが金をもらって報道したものと比べても、これは行き過ぎである。西側諸国はゼレンスキーのおふざけに辟易している。このピエロに助成金を出し続けるより、頭に弾丸を撃ち込む方がずっと安上がりだ。

交渉を避けるためなら核戦争も辞さないというゼレンスキーに、目を覚ます者も出てきている。プーチン大統領は常にウクライナ全土を占領し、ヨーロッパ全土を征服しないまでもソビエト連邦を復活させようと考えていた、という彼のおかしな主張がおとぎ話であることを理解する人も出てきたかもしれない。このような話は、キエフが西側の幼児に語ったもので、軍事・財政援助を得るため、そして何よりもNATOを戦争に引き込むためだけのものである。(アメリカ人とのハーフであるチャーチルは、1941年の間、アメリカをイギリスの対独戦争に参加させようとした。ゼレンスキーとは異なり、チャーチルは、自分の人種的相性を強調し、ヤンキーの前に太平洋というニンジンをぶら下げて、成功したのだ。ゼレンスキーはそのどちらも提供できない)。プーチン大統領は、何度もはっきりとこう言っている。ソ連を悔やまない者には心がないが、ソ連を復興させようとする者には脳がない」。失敗したソ連を復活させたいという願望は、武器商人と嘘つき政治家が自分たちの強欲と野心を正当化するために使う西側のプロパガンダ神話である。

今すぐ実行すべき3つの理由

NATOウクライナに軍隊を送ることを断固として拒否しており、現在ウクライナで傭兵として一掃されているポーランドバルト三国の狂信者を除けば、「有志連合」などというものは存在しないので、ゼレンスキーには何ができるだろうか?ウクライナの総司令官ザルジニー将軍に、ドネツクザポロージエで最後の(そう、最後の)攻勢をかけ、西側からの支援を再開するように促すことはできるだろう。しかし、ザルジニー将軍は軍隊を自殺に追い込むことにうんざりしている。彼は結局のところ、プロの軍人なのだ。一方、ゼレンスキーは、自分の生き残りしか考えていないホワイトハウスのコート・ジェスターである。ザルジニーには別の思惑がある。ここには、キエフのクーデター、宮殿の反乱の可能性がある。

一方では、ゼレンスキーを取り囲み、全員が米国から権力を与えられたウクライナ自己欺瞞的で殺人的なネオナチが、降伏を許さないだろう。他方で、普通の寒くて空腹のウクライナ人は、そもそもなぜウクライナの中立に同意し、ロシアの兄弟とミンスク2の約束を果たすことで、このすべてを回避できなかったのか、と問うだろう。(良い質問だ。この質問を拒否した西側諸国の指導者たちにも問うべきだ。) つまり、ゼレンスキーはネオナチと穏健なウクライナ人の間で、岩と岩の間にはさまれているのだ。彼にとっては負け組なのだ。ロシア人はウクライナ人を嫌ってはいない、彼らは兄弟だ。しかし、彼らはナチスを憎んでいる。彼らは敵だ ナチスはロシア人からは相手にされないし、相手もそれを知っている。ソ連はドイツの一部からナチを排除し、ドイツの兄弟を解放した。今、ウクライナで同じことが行われている。ロシアがウクライナ全体を解放したことで、ウクライナ人の「難民」の新たな波が西ヨーロッパを襲い、もしかしたらクリスマス前にも襲うかもしれない。これは、イラク人、アフガニスタン人、シリア人、リビア人、アルバニア人、そして今回のウクライナ人という、アメリカ帝国の同様に愚かで不必要な戦争からの難民でいっぱいのヨーロッパにとって、最後の藁となるかもしれない。ヨーロッパはこれ以上我慢できない。社会不安の波の中で崩壊しつつあり、ブリタニアでさえその波を支配することはできない。

無知なストルテンベルグ(また彼だ)は、ウクライナの敗北はNATOの(またもや)敗北を意味すると宣言している。実際、不必要なNATOはとっくに敗北している。しかし、ストルテンベルグはあまりにも無知なので、壁に書かれた文字を見て、現在失業しているアメリカの元奴隷(アフガニスタンイラクの通訳など)の長い列に加わったのだろう。米国とそのNATOの属国は、今こそ後退しなければならない。次のような声明がある。我々は、ウォッカを飲んで降伏した猿のようなウクライナ人に失望させられたが(あのスラブ亜人に何を期待できるのか)、我々は歴史上最大の勝利を収めた。なぜなら、我々はポーランド国境でロシアの残忍な獣を止めることに勝利したのだから。任務完了」。それでいいのだ。米国とその属国は面目を保つことはできないが、PRにしか関心がないのだから、少なくとも面目を保つふりをすることはできる。都合のいいことに、彼を暗殺させることもできる。そうすれば、ここ数年の舞台裏で実際に起きていること(彼はあまりにも多くのことを知っている)について真実を語らず、それを「過激派」のせいにして、彼を新しいユダヤ人殉教者にすることができるだろう。もし私がゼレンスキーなら、今日テルアビブに発つだろう。ウクライナには飛行機が残っているのだろうか?



Image from Gyazo

t.me