ウクライナの紛争はエスカレートする運命にある

Conflict in Ukraine is doomed to escalate - Indian Punchline

    1. Bhadrakumar 著:30/11/2022

Image from Gyazo

ドンバスの戦いの決定的瞬間、ロシアの攻勢に対する4カ月にわたるウクライナの反抗的な抵抗が終わりを告げたとき

11月29日から30日にかけて行われたNATO外相会合が行われたブカレストは、10年前にブッシュ前米大統領が、ウクライナグルジアがいつの日か軍事同盟に加わるべきだと大西洋をまたぐパートナーたちを説得した場所である。外相たちは昨日、その決定を正式に「再確認」し、そのままにした。

しかし、ウクライナ紛争に関する声明では、ロシアによるウクライナの4地域の編入を「決して認めない」と強調し、キエフへの「政治的・実際的支援の継続とさらなる強化」という同盟の決意が強調された。

NATOイェンス・ストルテンベルグ事務総長は、ウクライナの勇敢さと地上での進展にもかかわらず、ロシアは強力な軍事力と多数の軍隊を保持しており、同盟は「必要なだけ...我々は後退しない」ためにキエフを支援し続けるだろうと警告している。

このような宣言は、新しい考え方がないことを裏付けている。しかし、現地の情勢は、ワシントンの最善の計画が頓挫していることを示している。また、ウクライナ問題では、米国のヨーロッパの同盟国の間でも、同盟国とバイデン政権の間でも、不一致の兆しが見えつつある。

バイデン陣営のネオコンは、ベルトウェイを牽引する存在として、いまだ熱狂的な強さを誇っている。最近、30人の民主党議員による有名な声明で表明された穏健派の意見にあった希望の光は、無残にも消し去られた。

11月29日から12月6日までカイロで開催される予定だった米露新START条約に基づく二国間協議委員会について、ロシア外務省が「ワシントンからの敵意が消えない現状では意味がない」という姿勢を示しているように、モスクワでもそれなりの結論が導き出されているようだ。

明日、フランスのマクロン大統領がホワイトハウスでバイデン大統領と会談するが、ここでもあまり期待する必要はない。マクロン大統領は、プーチン大統領の降伏条件を受け入れ、歴史に名を残す西側の指導者になることをまだ望んでいるが、現実には彼の信頼性は、ヨーロッパ、特に大西洋主義界、そしてフランス国内でさえも粉々になっている。

ウクライナ紛争の転機となるこの時期に欧州が最優先すべきことは、自国の利益のために行動する戦略的自律性であるはずです。しかし、そのためには、欧州が自律したいことは何なのかについて深く考える必要があり、第二に、心の底では、戦略的利益は安全保障上の利益に還元されないということを理解する必要があります。

ホッブズ的な新しい世界、すなわち経済圏が競合する世界では、欧州の第一目標は戦略的経済的自律性を達成することであるはずです。しかし、その繁栄と産業力を支えてきたエネルギー安全保障が、バルト海の奥深くで見えない手によって粉々に打ち砕かれたとき、もはやその目標は達成可能なのだろうか。

それはともかく、ウクライナ情勢は新たな展開を見せるに違いない。バフムートではここ数週間、ロシアの攻勢が目に見えて加速しており、数週間先からせいぜい数日先まで、都市奪取のタイムラインが劇的に短縮されている。ドンバス地方のマリインカやウグレダルでも、同様の兆候が現れている。

バフムートがドンバスのウクライナ防衛線の要だとすれば、マリインカはウクライナ軍がドネツク市を砲撃している場所であり、ウグレダルを奪取すれば、ロシア軍はザポロジエ市へ移動し、クリミアへの陸橋とアゾフ海の港への将来の挑戦を断固として阻止することができるようになる。

ここで共通しているのは、40万人近い兵士を動員してドンバスに展開するロシア軍の継続的な強化が、最初の成果を見せ始めていることである。今回ばかりはロシア軍がウクライナ軍を上回り、ロシアの要塞は大幅に強化された。

バフムートの陥落は、ロシアの特殊軍事作戦を象徴するドンバスの戦いが最終局面を迎えることを告げるものであろう。ドンバスにおけるウクライナの防衛線は崩れつつある。ロシアによるドンバスの支配は、考え得る未来において、目前に迫っている。

次に何が起こるのか?ロシアの狙いは、ウクライナ軍をドンバス地域からさらに遠ざけ、ドニエプル川の東側の草原を緩衝地帯として維持することだろう。実際、ドニプロペトロフスク州は、鉄鉱石、マンガン鉱石、チタン・ジルコニウム鉱石、ウラン、無煙炭、天然ガス、石油、褐炭などの鉱物資源も豊富で、穀物栽培、畜産、酪農が盛んな地域のほか、ウクライナの鉄産業の中心地である。その喪失はキエフにとって致命的な打撃となる。 政治的には、ウクライナは戦争に勝っており、クリミアを占領しようとしているなどというキエフの勝利のシナリオは、長くは続かなくなってきている。

一方、欧州も、ブーメランとなって欧州のエネルギー安全保障をさらに悪化させることが確実なロシアの石油価格の上限設定という考えを払拭できず、米国よりはるかに安価なロシアからのLNG輸入をさらに強化する必要があり、米国で大きな影響を及ぼすインフレ削減法の開始や欧州産業の米国への移転に対応できる立場にないこと、世界の余剰貯蓄を吸収するユーロの国際的役割を強化できないことなど、悪魔と格闘しているのである。

したがって、今後数週間のうちにウクライナでの紛争の激化が差し迫ったこの決定的な瞬間に、アメリカのネオコンウクライナへの武器供給を強化する方法をとっているのである。ネオコンは、特に弱体化した大統領のもとでは、必ずと言っていいほどベルトウェイでの縄張り争いに勝利する。共和党がバイデンへの捜査を強化すれば、ネオコンへの依存度はこの先ますます高まるだろう。

ロシアでの政権交代プロパガンダは、ウクライナの地上情勢という厳しい現実が浮上しても、枯れることはないだろう。ネオコンの狙いは、調査史家のエリック・ズーセが端的に言っているように、"ロシアが報復でアメリカを破壊できないほど速くロシアを破壊すること "である。この考えのあまりのばかばかしさは、ネオコン以外の誰にとっても自明のことである。そこで彼らは、アメリカがウクライナで犯した重大な過ちは、2015年に同国に軍を駐留させなかったことそのものだと主張するつもりだ。