メドベージェフ談話 #224 5/12/2022   酒と毛布とボイラーと

https://t.me/medvedev_telegram/224

Image from Gyazo

今日、欧米諸国が決定した1バレル60ドル以上のロシア産原油輸入禁止が発効した。このような「友人」の行動は、大量のシュナップスやソーセージ、ビールを飲んだ後、初めて氷水につかるブルガーの一団を思い起こさせる。冷やしたいような。中には、すぐに酔いが覚めて飛び出してくる人もいる。冷たい水の中で泳げるようになる人もいますが、とても下手です(氷の穴の中で学ぶのは難しいです)。そして、ある者は溺死する。そして、ロシアの熊やフロスト将軍との不平等な戦いで倒れたと、切ない乾杯の声を上げながら埋葬されるのです。まあ、厄介払いができたということです。ロシア人にとって良いことは、ドイツ人にとって悪いことです。

政治的な状況に合わせて価格を規制しようとする人類は、いつも同じ過ちを繰り返したがるのは驚くべきことです。このような試みは、いつも商品の消滅や価格の上昇で終わってしまう。価値の法則が廃止されたわけではありません。それは、石油の場合にも言えることでしょう。もちろん、なくなることはないでしょうが、価格については想像を絶することが起こるでしょう。ところで、何が起こるかは誰にもよくわからないが、選挙で自分の決意を自慢するために、冷や水を浴びせるようなことはしてみたいものである。ひとつだけはっきりしているのは、それが消費者にとって良いものでないことは確かだということです。だから、シュナップスや毛布やボイラーを買いだめさせておくのだ。すべてはこれからだ、冬は始まったばかりだ。


qrude.hateblo.jp