国家情報長官が知的でない場合、どうすればいいのか?

What To Do When the Director of National Intelligence Is Not Intelligent? - A Son of the New American Revolution

ラリー・ジョンソン著:04/12/2022

Image from Gyazo

私は、ジョー・バイデンの国家情報長官であるアヴリル・ヘインズが愚かだと言っているのではない。しかし、レーガン図書館で行われたレーガン国防フォーラムでの彼女のパフォーマンスから、彼女は日焼けベッドの中で最も明るい電球ではないと信じている。もし彼女がアンドレア・ミッチェルに話したような無意味なことをバイデンに話し、バイデンがそれを信じているとしたら、バイデン政権とアメリカ国民は今後数週間でひどい目に遭うことになる。

ここに彼女の発言の一部のビデオがあります。

youtu.be

なんという愚か者なのだろう。まず、アヴリルの妄言に基づくNYポスト紙の見出しから。「ロシアが戦闘部隊への補給に苦労しているため、ウクライナには明るい未来があるかもしれない。なんだと!?どうやらヘインズさんは「情報」レポートを読むのに忙しく、武器や弾薬をもっと欲しいと懇願しているのはロシアではなくウクライナで、ほとんどのNATO諸国はこれ以上送るものがないと貧困を訴えていることに気づいていないようである。

フランスは、在庫が減少しているため、ウクライナにもっと武器を提供できないことを非公式に認めたが、他の方法でキエフを支援し続けることを約束したと、匿名の情報源を引用して、ポリティコは報じた。

「オフレコで、フランスは自国の供給状況のためにウクライナにもっと武器を与えることができないことを認めている」と、木曜日のブリュッセル・プレイブック・ブリーフィングで同アウトレットは言った。さらに、パリは「民間人の援助でそれを補うことを望んでいる」と付け加えた。

これは、ほとんどのNATO加盟国もウクライナに与える武器を使い果たしたという報告の中で出てきたものである。

ああ、これは戦争に成功するための確実な方法だ。ウクライナは、交差点に看板を持って立って、もっと武装してくれと懇願している自称ホームレスの一人みたいなものだ。フランスは言った、それどころか。

ヘインズ氏はまた、ウクライナが壊滅的な損失を被っているまさにその時、ロシアが30万人以上の新兵を前線に送り込んでいる最中であることを知らない。米国の情報機関のトップが、その動向について一言二言聞いたことがあると思うだろう。

そうそう。忘れるところだった。ロシアが精密ミサイルを使い果たしたことをご存知ですか?ええ。そのマントラは、西側の情報アナリストや評論家たちがほぼ毎週繰り返している。プーチンとロシアはどうやらこの事実を知らなかったようで、毎週ウクライナの重要な電力インフラを砲撃し続けている。

ヘインズ氏は、ロシアがこれ以上ミサイルやロケットを生産できるわけがないと、素直に考えているのだろう。それは彼女の騙されやすさを反映しているというよりも、アメリカの諜報機関の哀れな状態を告発しているのだ。CIAやNSAは、ロシアの防衛産業が生産している場所や製品を知らないようだ。

この点で、ロシアは米国より優れている点がいくつかある。第一に、兵器の生産に必要な天然資源、鉱物、金属に恵まれていること。第二に、兵器の製造とテストに必要な技術的作業を行うことができる、より良い教育を受けた国民を有していることである。第三に(そして最も重要なことだが)、ロシアの防衛産業は、貪欲な議員に金を払って、最近発表されたB21爆撃機(本当に巨大な白い象)のような、非常に高価でほとんど無用の防衛プロジェクトを生産して、株主に良いリターンを与える必要がない。ロシアの防衛産業は、アメリカの巨大企業が年間8000億ドルもの予算を必要とするのとは対照的に、ロシアを守ることに専念し、S400防空システムのように、戦闘で実際に威力を発揮する兵器システムを生産しているのである。

最近、「ゲームチェンジャー」であるHIMARSについて聞いたことがありますか?いいえ。米国は、このシステムで発射されるロケット弾をウクライナで存続させるのに十分な量を生産することができないのです。

私は、米国の情報能力は30年前と比べて著しく低下していると考えています。たしかに、中央情報局(CIA)は今でも現場でCIA職員がスパイとして外国人を採用しようとしている。言い換えれば、外国の政府や軍隊の内部で何が起きているのか、内部情報を提供してくれるのである。残念ながら、CIAはキャリア官僚であり、長期戦はしない。つまり、CIAは職員が特定の国に対処する真の専門家になることを奨励しないし、動機付けもしないのだ。彼らは昇進を確実にするために職を転々とする。近年、旧ソビエト共和国(「スタン」の1つ)で働いていたある職員は、そこで素晴らしい仕事をしたため、次の任務は北アフリカの国だったそうです。どちらの国の言葉も、純粋に流暢に話せるようになる時間はない。

Gary Berntsenの話を覚えていますか?私はゲイリーを友人であり愛国者だと思っています。彼は「Jawbreaker」という本を書きました。

CIAの最も優秀な将校の一人であったゲイリー・バーントセンが、オサマ・ビンラディンアルカイダを徹底的に追及する姿を初めて明らかにした本書。

秘密の知識と準軍事的な訓練を独自に組み合わせたバーントセンは、テロ対策の新しい顔である。アフガニスタンに派遣されたバーントセンは、その攻撃性を局内で認められ、敵を全滅させることを自らの任務とした。

9月11日以前、ゲーリーソビエトが撤退した後のアフガニスタンで諜報活動を行っていた。だからCIAはアフガニスタンに精通したパシュトゥー語を話す人物が、その地域で活動を続け、情報源やコンタクトを開拓することを望むと思うのですが、そうではありません。しかし、そうではない。プンタ・デル・エステという素晴らしいビーチがあるスペイン語圏の国だ(アルゼンチン人男性がウルグアイ人男性の娘の美しい後姿を見つめるために行く場所だと言われている)。9.11の直後、ウルグアイのゲイリーの上司は、彼がアフガニスタンに志願するのを阻止しようとした。それは22年前のことで、状況は少しも良くなっていない。

悲しいことに、アメリカは外国の連絡機関を通じて情報を集めることに中毒になっているのだ。つまり、イギリス人、ドイツ人、ウクライナ人、イスラエル人などから、匙で情報を与えられているのだ。さらに悪いことに、同盟国が与えてくれるゴミを実際に信じてしまうのだ。もしCIAにロシアにまともな情報源があれば、ロシアの防衛工場が24時間365日休みなく働き、アブリル・ヘインズのような人々が消滅を願い続けている精密ミサイルを生産していることを知るだろう。そして、ウラジーミル・プーチンアメリカのどの政治指導者よりもロシアで人気があることを認めるだろう。なぜなら、プーチンは1999年にロシアを本物のクソ田舎から完全に近代的な国へと変貌させるのに大きな役割を果たしたからだ。

これらの問題については、(まだの方は)Alexander Mercourisの最新の論評をご覧になることをお勧めします。率直に言って、彼はAvril Hainesよりも良い国家情報局長になれるだろうし、Duranのポッドキャストもまだできるだろう。

youtu.be



知的でない学者もいます。西側のエリートの特徴は、どうやらラリーのいうところの”知的でない”もしくは、アンドレイの”莫迦”のようです。 おまけ。

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで学ぶ。ヨーロッパ各地の大学で政治哲学と応用言語学を教える。The National Interest, The Montreal Review, The European Conservative, The Salisbury Review, The Village, New English Review, The Burkean, The Daily Globe, American Thinker, Philosophy Nowに寄稿。新著『Coronavirus and the Strange Death of Truth』は現在、英国と米国で入手可能である。

すごい肩書の学者さんの記事を添付します。暇があったらお読みください。


ロシアにおける和平提案ベルサイユの影

テーブルの上のカードは、ウラジーミル・プーチンにとって確実な敗北と屈辱を意味する。

The Peace Proposal in Russia: Shadows of Versailles | The National Interest

ブライアン・パトリック・ボルガーBrian Patrick Bolger著: 04/12/2022

ロシアに提示された和平交渉は最後通牒のようなものである。西側からの軍備供給が滞り、「不満の冬」が迫っているようだが、プーチン大統領以外のロシアのノーメンクラトゥーラは戦争をする気概を失っているとの見方があるようだ。西側諸国(米国の婉曲表現)の「一部」が作成した提案(ウクライナの窓口を通じて伝達)を、ウクライナ側が当初は受け入れている。ロシアにとってテーブルの上のカードは、興味深い読み物である。この合意では、ロシアによる敵対行為の完全停止とウクライナドネツク、ルハンスクを含む)からの軍撤退が定められている。NATOの茨の道は先送りされ、ウクライナは "最低7年の期間後 "に加盟する。ロシア、ウクライナベラルーシの国境に沿って100km幅の「安全保障地帯」を設け、西側6カ国が取り締まる。クリミアは中立地帯となり、ロシア海軍黒海から撤退する。これは7年後に再交渉される。ロシアのノーメンクラトゥーラとその家族は訴追を免除される。これはおそらく、ロシアのエリートたちがプーチンを見捨てるように、あるいは少なくともプーチンに玉砕を強いるように誘惑するためのニンジンであろう。ベルサイユやニュルンベルクよりも良い条件であることは間違いない。しかし、テーブルの上のカードは、プーチンにとって確実な敗北と屈辱を意味する。この提案は、西側メディアの大部分とともに、プーチンが遊ぶためのチップを使い果たしたことを前提にしている。

このリークされた「和平交渉」の前提には、いくつかの間違いがある。第一に、プーチンは、解任やそれ以上の事態を免れないだろう。彼は高い賭けに出ている。彼はサイコロの最後の一投をするシンシナティ・キッドだ。彼は今、紛争を拡大することによって失うものはほとんどない。ガス欠で困っているのはロシア人ではなく、冬の寒さに耐えながら、雪解け後の現実を待っているのかもしれないことを心に留めておいてほしい。その現実とは、西側諸国が大不況に陥り、それに伴う社会問題が発生することかもしれない。第二に、今回の合意はロシアのエリートたちに逃げ道とハーグでの訴追免除を与えるように見えるが、これらの個人に対する経済制裁やより広範な対ロシア制裁を終わらせることについては何も言及していない。今週カタールが中国とのガス取引に調印したことで、孤立を深めるロシアにとっては、戦争を長引かせることで失うものは何もないと思われるかもしれない。 ベルサイユでは、孤立と屈辱の増大は決してうまくいかなかった。歴史的な不満が増大しただけだった。

プーチンは、ウクライナのインフラを爆撃し続けるという「和平交渉」を、どう考えても拒否している。 おそらく、より良い取引を強要する意図があるのだろう。ウクライナは戦闘の継続を推し進め、膠着状態に陥っている。かつてのメッテルニヒタレーラン、キセンジャーたちのような重厚な雰囲気はない。キャリアを積んだ公務員のエリートがショーを行っているのだ。1807年のティルジットでは、ナポレオンとアレキサンダーが面会を拒否したため、2大軍の真ん中のニーマン川にいかだを作り、そこで数日かけてプロイセンの不利益になるような協定を結んだのだ。しかし、プーチンのためのテーブルの上の取引は、制裁とロシア孤立の「大陸システム」の継続のように見える。米国の最大の狙いは、独ソ経済圏を弱体化させ、ユーラシア大陸におけるロシアの野望を阻止することである。ウクライナは、現実の政治を動かすためのいかさまに過ぎない。ティルジットで、ナポレオンとアレキサンダーは交渉の後の夕方に一緒に食事をし、クラバットを交換し、一緒に歩き、手をつなぎ、世間話をした。ジョー・バイデンプーチンが手をつないで歩く姿は想像もつかないが、和解は必要である。

米国の一極集中の覇権に挑戦するために立ち上がったロシアの二極世界のビジョンは、二つの源から生じている。ひとつは、パトッカの転回、つまり西洋の衰退というスペングラーのビジョンの延長線上にある「歴史への陥落」である。これは哲学的、文化的な転回である。これは、ロシアや西欧におけるポピュリズムの台頭、また世界の一部では、リベラリズムは価値のない構成要素であるという時代精神の高まりに見ることができる。もうひとつは、一極集中の視点のアンバランスさと植民地的性質である。新自由主義は、労働のグローバルな非人間化を前提にしたものである。この構想では、労働はローカルな問題から国際資本に切り替えられ、外国直接投資(FDI)と非政府組織(NGO)が現実の模造品となる。プーチンはこのような傾向を利用し、中国とともに、長期的な経済ゲームである「象棋」(中国古来のボードゲーム)を行っている。私たちは、「トゥキディデスの罠」という概念に近づいている。ここでは、新たに台頭してきた中国の大国が、従来の大国(この場合は米国)に取って代わろうとするのである。米国はウクライナへのコミットメントに引き込まれ、すべては中国の利益のためである。この混乱した米国の外交政策は、今後、中国の経済的ディアスポラの押し戻しに焦点を当てるでしょう。例えば、欧州にファーウェイの5Gスキーマを捨てさせ、Belt and Road Initiativeを解体させようとする試みです。

この二極世界は、一極世界と比べて本質的に不安定なわけではない。歴史が不安定なのである。実存的な脅威はテクノロジーテクニクスである。高額なカードゲームは、生態系の限界や核兵器を通じて、不安定さの理由から実存的な脅威となる。啓蒙主義以降の物質的・合理的な時代には、技術的な世界が自然界に取って代わった。西洋は、ニーチェの奈落の底にあり、綱渡りをしているようなものである。 反対側には「ウーバーメンシュ」、「スーパーマン」、そして新しい人間性の形がつかめるというニーチェの見解がある。この新しい人間性キリスト教に代わるものであったが、唯物論とのファウスト的な契約によって、人間はぶら下がり、無力になってしまったのである。