第三帝国と寝る :アメリカはナチスドイツと暗黙のうちに同盟を結び、ソビエト連邦に対抗している

Sleeping With The Third Reich: America's Unspoken "Alliance" with Nazi Germany against the Soviet Union - Global ResearchGlobal Research - Centre for Research on Globalization

ナチス・ドイツは、米国スタンダード・オイル社からの石油輸送に大きく依存していた。

ミシェル・チョスドフスキー教授(グローバルリサーチ)著:04/12/2022

Image from Gyazo

画像はイメージです。

Image from Gyazo

アドルフ・ヒトラーと、ジョージ・W・ブッシュ元大統領の祖父であるプレスコット・ブッシュ

プレスコット・ブッシュはブラウン・ブラザーズ・ハリマン社のパートナーであり、第三帝国の兵器産業に関わる大企業ティッセン・スチールを含むドイツ企業の利害と密接な関係を持つユニオンバンク社のディレクターであった。

2003年に機密解除された新しい文書によれば、アメリカが参戦した後(1941年12月8日)、ナチスの計画と政策についてすでに重要な情報があったときでさえ、彼(プレスコット・ブッシュ)はヒトラーの権力獲得に資金を提供したドイツ企業と密接に関わっている企業のために働き、そこから利益を得ていたのです」。また、彼がこれらの取引で稼いだ金は、ブッシュ家の財産を確立し、その政治王朝を築くのに役立ったとも言われている」(The Guardian, September 25, 2004)

アメリカのナチス・ドイツへの支援がなければ、第三帝国ソ連に戦争を仕掛けることができなかっただろう。ドイツの石油生産量は、大規模な軍事作戦を行うには不十分であった。第三帝国は戦争中、ロックフェラー一族が所有するスタンダード・オイル社からの原油の定期的な輸送に頼っていた。

1940年代前半の主な産油国は、米国(世界の石油生産の50%)、ソ連ベネズエラ、イラン、インドネシアルーマニアであった。

石油の安定供給がなければ、ドイツは1941年6月22日に発動したバルバロッサ作戦を実施することができなかった。ソ連への侵攻は、コーカサス地方カスピ海にあるソ連の石油資源、すなわちバクーの石油に到達し、これを支配下に置くことが目的であった。

語られざる疑問 ドイツはどこから石油を調達していたのか?

1941年12月以前、テキサス州の石油はナチス・ドイツに定期的に輸送されていた。

ドイツは石炭を燃料に変えることができたが、この合成生産は不十分であった。また、ルーマニアのプロスティ石油資源(1944年までナチス支配下にあった)はわずかであった。ナチスドイツは、米国スタンダード・オイル社からの石油輸送に大きく依存していたのである。

バルバロッサ作戦(1941年7月)発動後、わずか半年で真珠湾攻撃(1941年12月7日)。米国が第二次世界大戦に参戦し、日本と枢軸国に対して宣戦布告。

対米貿易法(1917年)正式施行

Image from Gyazo

アメリカが第二次世界大戦に参戦しても、ニュージャージー州スタンダード・オイル社がナチス・ドイツに石油を販売することは防げなかった。これは、1942年の上院による米国スタンダード・オイルの調査にもかかわらず、である。 米国の石油の直接輸送は抑制されたが、スタンダード・オイルは第三国を通じて米国の石油を販売した。米国の石油はスイスを経由して占領下のフランスに送られ、フランスからドイツに送られた。

第二次世界大戦の間、スタンダード・オイルはティーグルの監督下で、ナチス・ドイツに石油を供給しつづけた。その輸送はスペイン、ヴィシー・フランスの西インド諸島の植民地、そしてスイスを経由していた」。

ナチスドイツの石油需要の大部分は、当時事実上アメリカの植民地であったベネズエラからの出荷で賄われていたことに注目すべきである。

ジョン・D・ロックフェラー・ジュニアはスタンダード・オイル社の支配権を所有していたが、次の大株主はドイツの化学会社I・G・ファルベンであり、同社を通じてナチスに2千万ドル相当のガソリンと潤滑油を販売した。そして、そのベネズエラ支社から毎月1万3千トンの原油がドイツに送られ、第三帝国の強力な化学工業が直ちにガソリンに変換していたのである。

真珠湾攻撃(1941年12月7日)直後、ワシントンから圧力を受けたメディナ・アンガリータ政権は、公式には中立(事実上のアメリカとの同盟、ナチス・ドイツとの関係断絶)を維持したが、ベネズエラからドイツへの石油輸送は中止されなかった。ところが、戦争がほぼ終わった1945年2月、ベネズエラはドイツに宣戦布告するという異例の事態になった(嘲笑)。

スタンダード・オイル社とロックフェラー社による石油の輸送がなければ、ナチス・ドイツはその軍事計画を実行に移すことができなかっただろう。燃料がなければ、第三帝国のバルバロッサ作戦による東部戦線はおそらく実施されず、何百万人もの人命が救われたであろう。フランス、ベルギー、オランダの軍事占領を含む西部戦線も間違いなく影響を受けていただろう。

フランクリン・D・ルーズベルト政権は、ナチス・ドイツに対する封鎖を断固として決定し、スタンダード・オイルに対する厳しい制裁を採用することができただろう。

アメリカは、平和にコミットしていなかった。ワシントンの暗黙の目標は、ソ連を破壊することだけでなく、帝国国家としてのイギリスの役割を弱体化させることであった。

しかし、このような錯覚は禁物である。アメリカのスタンダード・オイル社とその子会社による石油の輸送がなければ、ナチス・ドイツの帝国構想は実現しなかっただろう。

燃料がなければ戦争はできない。

アメリカは第二次世界大戦中、「敵と一緒に寝ていた」のである。

アメリカの目的は、ソ連を滅ぼすことだった。

2019年へのフラッシュフォワード

欧州連合EU)はこのほど、「欧州の未来に向けた欧州の記念日の重要性」と題する決議を採択し、それ以前の宣言(2008年9月23日)を補強した。

この決議は、第二次世界大戦について次のように主張している。

「1939年8月23日の悪名高いナチスソ連不可侵条約とその秘密議定書の結果、世界征服の目標を共有する二つの全体主義政権が欧州を二つの勢力圏に分割したことから始まった」と述べている。

ベネズエラの米国後援(戦時)大統領イサイアス・メディナ・アンガリータ将軍(1941年5月~1945年10月)は、1941年12月の米国の第二次世界大戦参戦当初から、米国の石油利権と「敵との貿易」を守るために存在したのである。

2019年へのフラッシュフォワード

欧州連合EU)はこのほど、「欧州の未来に向けた欧州の記念日の重要性」と題する決議を採択し、それ以前の宣言(2008年9月23日)を補強した。

この決議は、第二次世界大戦について次のように主張している。

「1939年8月23日の悪名高いナチスソ連不可侵条約とその秘密議定書の結果、世界征服の目標を共有する二つの全体主義政権が欧州を二つの勢力圏に分割したことから始まった」と述べている。

これは、歴史を歪曲した不条理な発言である。ナチスドイツとソビエト連邦が同盟国であったかのような言い草である。

ソ連ナチスの侵略の対象となり、2500万人以上(人口の10%以上)が殺された事実を否定している。

この決議は、歴史の現実をひっくり返している。ソ連ナチスドイツと日本を倒すために中心的な役割を果たした。さらに、米国がソ連を破壊し、その人口を殺すことを主目的として敵と寝ていたことを示す十分な証拠がある。

米国のナチス・ドイツへの石油輸送(1944年まで)は、ヒトラーのバルバロッサ作戦を支援するためのもので、その結果、何百万人もの死者を出すことになった。この点で、米国はナチス・ドイツの軍事的努力を支援することで、広範な戦争犯罪に加担したのである。

米国とナチスの協力の全体像

ナチス・ドイツへの燃料販売は、米国が想定していたいくつかの戦略のうちの一つであった。

真珠湾攻撃後も、アメリカの財界はナチス企業との協力を続けていた

フォードが占領下のフランスでドイツ軍のために権益を保持することを妨げようとはしなかったし、チェース銀行やモルガン銀行が占領下のパリで支店を開いておくことを明確に禁じようともしなかった。ライヒスバンクとナチス経済省は、総統の勝利の後に彼らの財産に損害を与えないことを特定のアメリカ企業リーダーに約束したことが指摘されている。こうして、今日の多国籍企業のボスたちは、サイコロの立方体のすべての面に6つのスポットを持つことになった。戦争にどちらが勝っても、国家を動かす権力者に悪影響が及ぶことはない。

"地図からソ連を消す"

早くも1942年(第二次世界大戦の真っ只中)には、ソ連への核攻撃が想定されていた。1945年9月15日(広島の5週間後)に公開された秘密文書(機密解除済み)によると、「国防総省ソ連への核攻撃を想定していた」という。

「国防総省は、主要な都市部に対する組織的な核攻撃でソ連を吹き飛ばすことを想定していた。国防総省は、「ソ連を地図上から消し去る」ために合計204個の原子爆弾が必要だと見積もっていた。核攻撃の標的は66の主要都市である。(詳細はミシェル・チョスドフスキー『グローバル・リサーチ』(2017年12月10日号)参照

Image from Gyazo

L.R.グローブス少将の覚書: 件名: 原爆生産 1. 添付の研究は確立に向けられています。 原爆の数に関する陸軍航空隊の公式見解 私たちの国家安全保障を保証するために利用可能であるべきです。 2. この論文はまだ作業段階です。コンコンの前に この研究を含め、CG、AAF、あなたのコメントに転送します 要求されます。 含む: - スタディーアブ

subj w/Tabe A,B,C.

1945年9月15日 分類部門、米国エネルギー 研究開発管理、HAS このドキュメントには次の内容が含まれていないと判断されました 制限されたデータまたは以前に制限されたデータ。 ERDA MAS は機密解除に異議を唱えません。 少将、アメリカ AC/AS-5。 ww ジャンヌ・ナワーク 9/25/75 閲覧者 日にち

1945年8月6日、広島に投下された1発の原子爆弾は、10万人以上の人々を即座に死に至らしめた。

もし、ソ連の主要都市に204個の原爆が投下されていたらどうなっていたか、想像してみてほしい。米ソが同盟国であった時に計画されたこの極悪非道な計画は、大量虐殺に等しいものであった。