A・マルティアノフ:ラリー・ジョンソンの国務省に関する記事。そして極東の海軍増強の話。

Reminiscence of the Future...

smoothiex12 著:05/12/2022 まず、CIAだけでなく国務省のベテランでもあるラリーが、国務省のヴァン・ビューレン氏が「戦略的」と嘯き、ロシア、近代戦争、近代経済に対する理解の欠如を即座に露呈したことに対する素晴らしい反論を書き残した。ラリーは、ヴァン・ビューレンがロシアに対して行った「戦略的選択」に対する私の反応に反応したのだ。

私は4年間、このような人たちのそばで働いていたので、典型的なFSOが国務省本部(別名メインステート)をパレードするときに漂う傲慢さと尊大な雰囲気について証明することができる。中には例外もあるが(つまり、ディナーゲストやバーで一緒になって楽しめる普通の人たち)、FSO は長年の自己選択によって生み出された奇妙な人たちである。私の元同僚で「トニー」という名の男性は、敬虔なクリスチャン・サイエンティストで、常に鼻水が出ているような状態でした。私はそれが可笑しいと思った。彼はいつも病気だった。彼は皮肉なことに、そのことを理解していなかった。とにかく、ヴァン・ビューレン氏の話に戻ろう。ピーターはステレオタイプから脱却しているように見える。彼は大きくたくましい男で テストステロンが不足しているようには見えません テストステロンは メインストリームで不足してる メトロセクシャル天国なのだ。FSOは、かなり寡黙な性格であることでも知られている。昇進の可能性がなければ 注目を浴びることはありません ピーターは、ボートを揺らすことを恐れず、アクションがあるところに行ったようだ。

ラリーさんのブログで、この素晴らしい作品をお読みください。(註)

さて、このブログです。我らがSCMは、ロシアのアジア向け石油とその価格が、今日EUが設定した自殺行為のような「価格上限」をはるかに超えているという私の投稿にコメントした際、合理的に指摘しています。

ESPOは免除されていると思う。

この点を指摘したのは素晴らしいことです。なぜなら、この点については、真剣に戦略的な推敲が必要だからです。その理由はこうだ。ESPOの石油は、あくまで経由して供給される石油であり、... ESPOは、東シベリア太平洋パイプラインで、ロシアのハンティマンシ地区(オクルグ)とトムスク州の油田から石油を汲み上げる。私は、ESPOの配送には上限がないと思っています。

EUは月曜日から、ロシアで生産され、海上輸送される原油の輸入を禁止する予定である。ただし、ブルガリアは2022年6月4日以前に締結された契約に基づき、2024年末までロシア産原油の海上輸送による輸入を継続できる免除措置がある。英国とEUはまた、第三国を含むロシアの原油輸送のための海上サービスを禁止することを導入する。禁止されるサービスのリストには、保険、仲介、そして重要なことに、ギリシャとキプロスに所有される船を含むEUベースのタンカー船団が含まれる。これらの制限は、石油が上限価格かそれ以下で購入される場合は適用されない。

つまり、アジア向けの石油はパイプで運ばれてくるが、中国への直行便を除いては、ナホトカ近郊のコズミノ製油所・石油港が終点であることに変わりはない。

Image from Gyazo

つまり、アジアのお客さんに届けるためには、やはりタンカーに積まなければならない。コズミノのオイルターミナルは、そのために設計・建設されたものです。

Image from Gyazo

さて、皆さん、このニュースです。我らがリマが「保険」の問題を見事に表現しています。

60ドル以上で購入したロシア産の石油を輸送する荷主の保険加入を妨害することで、この事態は文明のバカ騒ぎピークの最終局面で発生するものと思われます。もちろん、最終的には、参入障壁はそれほど高くもなく難しくもないので、海上保険事業全体が再編されるでしょう。資本金と弁護士の数だけだ。

私たちは応用地政学のABCに戻らなければならない。これは常にパワーの問題であり、軍事力の婉曲表現である。プーチン今年4月15日、すべてのエネルギーの流れをアジアに加速的に迂回させることを明確に命じたが(ロシア語で)、このすべてが以前から計画され、進行中だったという事実に賭けてみるのもいいだろう。ロシア人は戦略的な計画を立てるのが得意だ。しかし、ロシアの太平洋艦隊がまるでステロイドのように増強されている事実に注目することをお許しいただきたい。英語版ではダイナミックさが伝わらないので、ロシア語版のWiKiを簡単にレビューしてみよう。

まず、現在キャンペーン中の艦船や建造中の艦船から見ていきましょう。

Image from Gyazo

2028 年の LHD と、沈没したモス クワの姉妹艦で、よりアップグレードされた近代化 Varyag 以外に、2026 年までに 7 つの外航 FFG がオンラインになりま す。次に、「コルベット」ですが、やはり外洋に出るものです。

Image from Gyazo

20380の4隻は既に浮遊している。20385のジルコンキャリアー6隻が建造中であるが、残念ながら「グレミャスキイ」は造船所で火災の被害を受け、修復中であり、当然この恐ろしい船の艦隊への参加は遅れている。最新鋭のカラクルト級をはじめ、非常に多くのASWや小型ミサイル艦の構成要素について詳しく説明するつもりはない。しかし、太平洋艦隊の潜水艦の構成は膨大であり、すでに5隻の新型艦を保有していることを考慮しなければならない。955/955A型ボレイ級SSBN、885型ヤーセン級ノボシビル型SSBNなどである。885ヤセン級ノボシビルスク、クラスノヤルスク、他の2隻のヤセンが建造中である。ここに古き良き時代のpr.971とpr.949Aを加えると、SSKは言うに及ばず、強大な火力を持つことになる。しかし、もちろん、中国がインドと同様に大規模な水上艦隊を持っていることを忘れてはなりません。 ロシアは100隻以上のオイルタンカーを購入しましたが、もちろん、中国が大規模な水上艦隊を持っていることを忘れてはいけません。そして、このことが意味するのはただ一つ、西側諸国がその「価格上限」を「強制」することに決めた場合、NATOの海軍資産が撃沈されるという非常に現実的な可能性に対処しなければならないだろう。

そう、それが護衛艦の仕事です。ロンドンやパリの人たちにとって、護衛は海軍の作戦とは関係ない、まったく別の意味を持つものでしょうが、その人たちを責めることができるでしょうか。もちろん、彼らは愚かで、パニックになっているのです。ロシアは非常に長いゲームをしていますし、忘れてはならないのは、ロシアには他の艦隊もあるということです。そして、それらもまた、新しい船と能力で飽和状態になりつつあります。数日前、ロシアが軍事費を大幅に増やしたのはご存じでしょう。アメリカの軍事予算の使い方(無駄遣い)については、計算できる能力に換算されないので、ドルの尺度は全く意味がありません。昨日、ノヴァック氏が述べたことを思い出してください、これ以上明確なことはありません。

我々は、このツールは非市場で、非効率的で、市場手段を著しく妨害し、例えばWTOのルールのようなすべての規則に反していると考えています。私たちは、プライスキャップという手段を使うつもりはありません。我々は現在、キャップの使用を禁止するメカニズムに取り組んでいる」と、ロシアのアレクサンダー・ノヴァク副首相は日曜日に述べた。さらに、モスクワは、たとえ生産量を減らすことになっても、「市場条件に基づいて我々と協力する」国にのみ石油を販売すると付け加えた。

ノヴァック副首相の発言には、世界中が耳を傾ける。ズボンを汚す者もいるが、それは彼らの問題である。


(註):リンク先は削除され、閲覧できません。