感謝祭、吐き気のする極超音速広告が

Hypersonic Ad Nauseam On Thanksgiving.

smoothiex12著:24/11/2022

数年前、特に2018年3月以前でさえ、米国一般、特にペンタゴンの非常に多くの人々がギミックやブティック兵器システムとしてカウントしていた極超音速兵器の開発という米国のプログラムの周りには、ある一定のメディアの「動き」と面倒くささが存在します。なんと、彼らは誤算を犯してしまったのです。今、突然、米国は、主にCPS(通常即応攻撃)用の中距離滑空体と定義されるものに、極超音速に大枚を投じている。

CPSは、通常型のブーストグライド式極超音速兵器システムです。CPSは、2段式の固体ロケットモーター・ブースターと、運動エネルギー投射型弾頭を搭載した共通極超音速滑空体(C-HGB)を含む全方位型ミサイルである。海軍はズムワルト級水上戦闘艦とバージニア級潜水艦からCPSを発射し、高価値で時間的制約のあるターゲットを攻撃する予定である。陸軍は、長距離極超音速兵器(Dark Eagle)プログラムの一環として、陸上の移動式発射台から同じオールアップラウンドを採用することを計画している。

ある意味で、これは非常にアメリカ的なプログラムである。なぜなら、固定目標をスタンドオフ・ウェポンで攻撃することを主軸とし、極超音速で、2000年代初頭(W政権)に始まったこの「迅速な」プログラムは、その後事実上放棄され、敵が何の反応も防御能力も持たないことに依存しているからである。この「即席攻撃」全体は、言い換えれば、少なくとも20年間、さまざまなバリエーションで存在してきたのだ。

ロシアの極超音速兵器の計画と比較するのは当然で、これらはすべて連続生産され、配備され、第一線の戦闘部隊によって戦闘で使用さえされている。米国がアバンガルドや3M22ジルコンに匹敵するものを実用化するには程遠いことは明らかです。当然ながら、米国にチャンスがあるのは、CPSの枠組みの中で開発される兵器システム、すなわち射程約3000キロの滑空機だけである。そして、ここからが多くの人にとって非常に混乱し始めるところだ。米国のメディアは、これらの兵器の小さな開発について常に報道している。しかし、米海軍が3週間前に報告しているように。 まあ、ジョニー・ウルフが「時間はプログラムの友ではない」と語るのも理解できる。しかし、米軍の「ダークイーグル」でさえ、その周辺の報道が絶えないにもかかわらず、少なくともまだ兵器にはなっていないのだ。しかし、10月に入ると、より地味な報告が出始めた。

まさに、ロシアの諺にあるように、ジャンプする前に「ホップ」と言ってはいけないのだ。レポートは続く。

陸軍は35の近代化のうち24を実戦配備またはプロトタイプ化する計画で、23年度は陸軍の近代化の優先事項にとって重要な年である。陸軍の取得・兵站・技術担当のダグ・ブッシュ次官補は、陸軍がこの目標を達成できるかどうか尋ねられ、「自信がある」と答えました。ブッシュは、「我々は、そうするために非常によく知られた計画を持っている」と言った。「もちろん、リスクはあります。ですから、私たちがよくやっていることのひとつは、新しい機器のテストサイクルに入り、テストから学び、計画を修正し、そこから動くということです。「だから、すべてが完璧にいくわけではないが、それがテストをする意義なのだ。」

そして、ここが私たちが自信を持って話し始めることができるポイントです。私がノンストップで何度も書いているように、最先端の兵器システムであっても、技術的・運用的な空白には存在しないのです。本当の意味での統合は、運用上の意味と影響を与えること、つまり、兵器システムを他の兵器やシステムのネットワークに統合し、統一された組織として運用することで実現します。そして、ここがポイントです。米国は現在、ロシアとの生死をかけた戦いに巻き込まれており、ますます手に負えなくなる(と大げさに言われる)覇権国家の地位を維持しようとしているのです。しかし!しかし、ロシアの極超音速兵器が軍事的な革命を起こしたとすれば、アメリカのそれは失敗でしょう。ここで、現在ロシア航空防衛軍博物館の館長を務めるクヌートフ大佐(退役軍人)の興味深い解説を紹介しよう。アメリカの計画と状況をこう評価している。

少なくとも3年で追いつく

軍事史家のユーリ・クヌートフ氏は、極超音速兵器の研究範囲と試験ペースを拡大する国防総省の意図を評価するため、iReactorの取材に応じました。米国が極超音速兵器を作るために繰り返し行ってきた実験の失敗を考慮すると、軍事プログラムには少なくとも3年かかるという。「アメリカは現在、この種のシステムを開発しており、2025年から2027年のどこかで、潜水艦と陸上システム用の極超音速ミサイルを初めて実用化するはずだ」と専門家は述べた。

ユーリ・クヌートフ氏は、米国防総省が宣言した極超音速ミサイルの射程は約3000キロメートルであると指摘する。ロシア軍は、米国が成功した場合に対抗できるものをすでに持っているのです。

例えば、2021年にロシア軍が運用を開始したミサイル防衛システム「S-500プロメテイ」。S-500の防御半径は約600キロメートル。宣言された特性によると、極超音速機や無人航空機などを迎撃することができる。さらに専門家は、ロシアは保有する兵器を常に改良し、新しい兵器を開発し続けていると付け加えた。ですから、アメリカはロシアを追い越すことはできないでしょう。「米国が新兵器を開発するとき、ロシアはすでにもっと進んだ技術を持っているはずだ。したがって、ロシアとアメリカの差は5〜7年のレベルにとどまるだろう」とユーリ・クヌートフ氏は総括した。

なぜなら、クヌートフ(そして、ロシア大統領をはじめとする多くの専門家)が何年も前から指摘しているように、5~7年の遅れは永久に続く(なぜかは別問題)ので、より優れた、一世代前の兵器だけでなく、前世代のシステムとして現れるアメリカの兵器に対抗するシステムを常に意味するからである。

1957年のスプートニクの時のように、米国が自国にも実行可能な宇宙開発計画があることを示そうとした後、米国の衛星がフロプニック、カプートニク、ジャロプニックなど、ヴァンガードTV3の屈辱的なタイトルを含む最初の問題を起こし、すべての側から「我慢するか、黙るか」の妥当な呼びかけに至った。私たちは今、戦争に関しても同じパラダイムの中に生きているのです。比較は正当化されるだけでなく、抗しがたいものがある。20年以上にわたって、米国は兵器における新しい言葉を世界に提示しようとしていた。この20年以上の間に、米国は実用的な極超音速兵器を1つも作らず、ロシアは驚くほど多様で、最も重要なのは、米国が持っていない兵器システムに対抗するための兵器を生産したことです。特に、射程を伸ばしたジルコンや、あらゆる種類の戦闘機に搭載できるように設計されたさまざまなM=9+対艦・対地攻撃ミサイルが登場すると、この遅れは慢性化し、その差は埋めがたいものになる。

ロシアとアメリカの間にすでに存在し、急速に拡大している対ミサイル、対空システムの差を考えれば、パワーバランスが劇的に変化することは容易に想像がつくだろう。ところで、最近、アメリカ海軍の空母の話をよく耳にしませんか?

USSジェラルド・R・フォードとその名を冠した攻撃隊が、土曜日にノーフォーク海軍基地に帰投する予定です。海軍の最新かつ最大の空母は、10月4日に初めて配備されました。「ジェラルド・R・フォード空母打撃群は、同盟国やパートナーとの関係を強化し、統合能力を発揮し、大西洋における我々のコミットメントを実証しました」と、ノーフォークの米第2艦隊・統合軍司令官のダン・ドワイヤー副提督は述べています。「今回の派遣では、同盟国やパートナーから、海軍の力を結集して平和で安定し、紛争のない大西洋地域に貢献するという、一つの目標に向かって素晴らしいメンバーが集まった。相互運用と統合の機会は、私たちの国、私たちの海軍、そしてNATO同盟をより強固なものにします」。フォードは、カナダ、オランダ、デンマーク、フランス、ドイツ、スペイン、フィンランド、スウェーデンの艦船とともに、大西洋を9,200マイル以上航行した。

大西洋に留まり、時折イギリスを訪れるというのが、今後数十年間のアメリカ空母中心の海軍の運命です。なぜなら、地中海はもちろん、ヨーロッパにこれ以上近づくことは、神が禁じるように、深刻な戦争になった場合に良いアイデアではないからです。これらは、私たちの目の前で起こる戦略的変化であり、新しい世界への道筋です。この世界では、今や再主張するための資源を持たない近代西洋の居場所はほとんどありません。さらに、それはもう西洋ではない。一方、404では。

オデッサ市議会の執行委員会は、同市を創設したロシアの女帝エカテリーナ2世(通称エカテリーナ大帝)の記念碑を解体するイニシアチブを支持した。「執行委員会のメンバーは、オデッサの創設者の記念碑の解体と譲渡に関する決定案を支持した」と、オデッサ市議会は2日、公式テレグラム・チャンネルに書き込んだ。この構想は今後、11月30日に市の代議員による投票にかけられ、その後、記念碑はエカテリニンスカヤ広場から、提案されている "帝国とソ連の過去に関する公園" に移される可能性があるという。

このパターンに見覚えはありませんか?一方、米国の皆さんは、感謝祭おめでとうございます。世界が熱核戦争に突入していないこと、それは感謝すべき十分な理由です。