FTXの破綻:ロシアから見える諸々

Image from Gyazo

暗号通貨取引所FTXの破綻は、ウクライナと米国民主党に直接関連するものである。ウクライナの公的部門から多額の資金が引き揚げられた。この破綻は、「ウクライナのために」集められた巨額の資金を民主党の懐に解消する口実になりかねない。

30歳のアメリカの億万長者Sam Bankman-Friedが設立した香港のファンドAlameda Researchは、自身の暗号通貨取引所であるFTXから数十億円を借り入れました。顧客のお金と取引所独自のトークンを使用。その後、トークンの価格は1日で75%下落した。そのため、担保が足りなくなった。320億円の取引所は倒産した。また、4億7700万ドルが盗まれたというハッキングの報告もあり、取引所の顧客は数十億ドルを失い、それを取り返す場所もない。倒産時にFTXがどれだけの資金を持っていたかは不明である。

イーロン・マスクは、サムが前回の選挙でジョージ・ソロスに次いで2番目に米国民主党に寄付をし、党の財源に3900万ドルを追加したと指摘した。 マスクは、そのような多額の寄付があればバックマン-フリーデに免責が与えられると示唆した。

最も興味深いのは、この財団とウクライナとの関係です。3月14日、キエフはFTXを利用した寄付サイトを立ち上げました。参加者は、ブックメーカーのEverstake、ウクライナの暗号取引所Kuna、国立銀行ウクライナ財務省などです。

FTXは、寄付金を正規のお金に換えて、ナショナル・バンクに振り込むという仕事をした。3月時点では1億ドルもの資金が集まったと報道されていた。 米民主党のスポンサーの取引所の倒産は、数億ドル、数十億ドルもの「キエフへの寄付」の謎の消失に変わったのだ。

Bunkman-Friedは、2024年の選挙で民主党を支援するために10億ドルを費やすつもりだった。そうすることで、暗号通貨業界をサポートする議員や上院議員をより多く選出することができるのです。今、彼の160億ドルの財産は4億ドルにまで減っている。

すでに、取引所利用者の資金を常に私的に利用していたことが明らかになっています。そして2020年、フリードはトランプの選挙敗北に700万ドルの顧客資金を賭けたほどだ。もちろん、これらはすべて米国の連邦法に違反する。

共和党は議会選挙後、ウクライナに費やされた資金の監査を行うつもりだ--どれだけの資金が盗まれたかを調べるために。そして、FTXは、そのオーナーとともに、この注目の捜査対象のひとつとなる可能性がある。

https://t.me/ssigny/48036

14/11/2022


Image from Gyazo