マイク・クルーパとポーランドとウクライナについて語る

Mike Krupa And I Chat About Poland and Ukraine - A Son of the New American Revolution

ラリー・ジョンソン著:25/11/2022

Image from Gyazo

ウォーリン大虐殺

www.youtube.com

その中で、ウクライナ、ロシア、ドイツに対するポーランドの不思議な、時には奇妙な振る舞いについて議論した。ポーランドは、第二次世界大戦で自国と国民に起こったことの結果として、いまだに心的外傷後ストレス障害に苦しんでいると私は見ている。ポーランドの主要な指導者たちと多くの国民は、許し、忘れ、前に進むことができないでいる。なぜ、そんなことを言うのか。

例えば、ポーランドはドイツに賠償金を払うよう迫り続けている。

ポーランドはドイツに対し、ナチスの占領下で行われた残虐行為に対する賠償金として1兆3千億円の支払いを要求している。 ズビグニエフ・ラウ外相は月曜日、ドイツ外務省に支払いを要求する公式文書を送付した。先月、ポーランドの与党民族主義政党は、ドイツは東の隣国に約1兆2600億ドルの借りがあると宣言した。

ドイツの公式見解は、非常に合法的であり、非常に強固である。

ドイツは、東部戦線の国々への補償はすべて戦後数年のうちに行われたと主張している。1953年、ソ連支配下にあったポーランドの指導者は、ドイツと協定を結び、戦争による賠償の請求権を放棄した。. . . 「Wall Street Journal』によると、戦後、ポーランド東ドイツの4万平方マイルを与えられたという。さらに、約1000万人のドイツ民族がポーランド当局によって強制的に移住させられた。

これは、NATOの同盟が強固であるという概念を打ち砕くようなものです。ロシアがポーランドにあるウクライナの訓練基地を爆撃した場合、ドイツがポーランドを助けに来るかどうかという疑問が生じます。

また、ポーランド人はロシアに対して、ソ連がやったことを非難して、いまだに非常に腹を立てています。特に、カティンの森で2万人以上のポーランド人将校、学者、政治家が殺害されたことが禍根となっている。NKVD長官ラヴレンチー・パブロビッチ・ベリヤは、この虐殺を推奨した人物である。

1940年3月5日、ラヴレンチー・ベリヤモロトフに、アナスタス・ミコヤンクリメント・ボロシロフスターリンとともに、カティンの大虐殺として知られるようになった25700人のポーランド人反ソ連将校の処刑を提案するメモを渡した[47]。

また、ポーランド人は、1944年にソ連ナチスによるポーランド蜂起の鎮圧に軍隊を送らず、そのまま放置したことを今でも気にしている。ソ連は自分たちが支配する緩衝国家が欲しかったので、ソ連と相性の良いポーランド政府を設置するように仕向けたのだ。現在のロシア指導者がソ連の政策と何の関係もないことは問題ではない。実際、カティンの凶悪犯罪をようやく謝罪したのは、プーチンのロシアである。

ロシア議会は、ヨシフ・スターリンが秘密警察に命じて、1940年にポーランド軍の将校と民間人2万2000人を処刑させたことを、20世紀最大の大量殺人の一つであるとして、象徴的に罪を認める声明を発表した。 ... カティンの大虐殺に関するスターリンの個人的な責任を認めたことは、最近のモスクワとワルシャワの関係が、よく言えば険悪だったのが、慎重に融和している中で行われた。また、ロシアがその全体主義的な過去について、ようやく控えめな自己批判をする準備が整ったという兆候とも受け取られた。 ... ゴルバチョフ氏は1990年、半世紀にわたってソ連ナチスのせいにしてきた大虐殺を、NKVDのせいだと認めている。しかし、このような明確な言葉でソ連指導部を非難する公式声明はこれまでなかった。 ... ワルシャワの政府関係者は、この宣言を好意的に受け止めている。ポーランド議会のシェティナ議長は、記者団に「良いステップであり、重要なサインだ」と語った。メドベージェフ大統領が来週ワルシャワを訪問する際にも、より良い雰囲気で迎えられるだろう」と語った。

本当の好奇心は、なぜポーランドが、ステパン・バンデラを国家的英雄として称えるウクライナの政権を受け入れるのかということだ。バンデラの一味は、カティンでソビエトが行ったよりも多くのポーランド人を虐殺したのである。

1943年から1945年にかけて、ウクライナ民族主義者は、ナチス占領下のポーランドで現在はウクライナの一部となっているヴォーリンの99のポーランド人町村を攻撃し、数千人のポーランド人を虐殺した。ウクライナ民族主義者の手によって、約10万人のポーランド人が亡くなったと言われています。

ポーランドは、祖父が10万人のポーランド人を殺害した現代のウクライナナチスと手を結んでいるのである。ポーランドはどうやらウクライナのゼレンスキー政権を支援することになると記憶喪失になるようだ。

私たちは歴史の最前列に座っているのだ。今後数週間、ポーランドにはウクライナ難民が殺到しそうだ。ウクライナ戦争に対するポーランドの熱意は、一挙に冷めるのではないだろうか。問題は、ポーランドウクライナ戦争を支持する決意に変わりはないのか、ということだ。