イラン・イスラム共和国の戦略的スイングに麻痺する米国

US paralyzed by Islamic Republic of Iran's strategic swing, by Pepe Escobar - The Unz Review

ペペ・エスコバル 著:28/11/2022

Image from Gyazo

イラン議会は、昨年9月のサマルカンド・サミットで合意された上海協力機構(SCO)への加盟を承認したばかりであり、15年以上にわたるプロセスの集大成となった。

イランはすでに、拡大するBRICS+への加盟を申請しており、2025年までには、本当に重要な「南半球のG20」に代わるものとして構成されることが必至である。

イランはすでに、BRICSのロシア、中国、インドとともに、本当に重要な「四国」の一員である。イランは、中国、ロシアとの戦略的パートナーシップを深め、インドとの二国間協力も拡大している。

イランは、「新シルクロード」(Belt and Road Initiative:BRI)において中国の重要なパートナーである。イランはユーラシア経済連合(EAEU)と自由貿易協定を締結する予定であり、ロシアやインドと並んで国際南北輸送回廊(INSTC)の重要なノードである。

以上のように、イラン・イスラム共和国は、西アジアとユーラシアの大国として電光石火の勢いで台頭し、南半球全域に広大な影響力を持つようになったのである。

そのため、テヘランに対する一連の帝国的な「政策」は埃を被っている。

だから、40年以上にわたって帝国に養われてきたイラン恐怖症が、最近になって、英米のメディアによって全面的に支持され、流布されている別のカラー革命攻撃へと転化しているのも不思議ではない。

その手口はいつも同じである。イスラム革命の指導者であるアヤトラ・セイエド・アリ・ハメネイが、実際に簡潔な定義を打ち出している。問題は、無自覚な暴徒や傭兵の一団ではない。「主な対立は「世界覇権」である。

米国の知識人で作家のノーム・チョムスキー氏も、40年以上にわたる米国の一連の制裁がイラン経済に深刻な打撃を与え、「多大な苦痛をもたらした」と述べており、ハメネイ師はこれに同調した。

クルド人を消耗品として利用する

最近のカラー革命のオーバードライブは、シリアとイラクの両方におけるクルド人の操作と重なっている。帝国の観点からすれば、シリアでの代理戦争は、まだ終わっていない。ロシアとの戦いにおける新たな戦線として機能するだけでなく、イランとトルコの両方に対して依存度の高いクルド人を道具化することができる。

イランは現在、2011年にシリアに適用されたスキームを逆手に取って攻撃されている。イラン北西部の広大な土地に、一種の「常設抗議行動」のような状況が押し付けられている。

11月中旬に変わったのは、イラク国境に近いいくつかの町で武装集団がテロ戦術を適用し始め、いくつかの町を支配するのに十分な武器を持っているとさえ思われたことである。

テヘランは必然的にIRGC部隊を派遣し、事態を収拾して国境警備を強化せざるを得なくなった。彼らは、以前シリア南西部のダラアで行われたのと同じような作戦を展開した。

この軍事介入は効果的だった。しかし、いくつかの緯度では、テロ集団が政府のインフラや民間の財産まで攻撃し続けている。重要なのは、テヘランがこうした手に負えないデモを武力で抑圧することを好まないという事実である。

本当に重要なのは、デモそのものではなく、カラー革命のシナリオを強化するために、クルド人イラクからイランに武器を移譲したことである。

テヘランバグダッドに事実上の最後通牒を突きつけた。クルド人と行動を共にし、レッドラインを理解させるのだ。

現状では、イランはイラク北部の特定のクルド人テロ拠点に対して、弾道ミサイル「ファテ」と神風機「シャヘド131」「シャヘド136」を大量に投入している。

それで事態をコントロールできるかどうかは議論の余地がある。はっきりしているのは、イラククルド人がイランのクルド人に提供する強固な財政的、軍事的、情報的支援を考慮すれば、「クルド人カード」は、もし手加減しなければ、イランの他の州の通常の容疑者によって容易に使われかねないということである。

トルコは、米国によって組織化されたシリアのクルド人についても、比較的似たような問題に直面している。

シリア北部では、彼らはほとんど「クルド人」を装った武装ギャングです。つまり、これらのクルド人武装集団は、基本的にワシントンの役に立つバカとして翻弄され、短中期的にアンカラテヘランの両方から同時に、壊滅させられることになる可能性が十分にあるのである。

失敗したら、政権交代を祈る

トルコのエルドアン大統領とシリアのアサド大統領(「アサドは去れ」と10年間も言い続けたことを覚えているだろうか)が、ロシアのプーチン大統領の仲介でロシアでハイレベル会談を行うという、最近まで考えられなかった地政学的なゲームチェンジャーが間もなく実現するかもしれないのだ。

イランであれ、シリアであれ、トルコであれ、自分たちの国のために土地を提供してくれる国はないとクルド人が理解するためには、何が必要だろうか。バグダッドイラク人が最終的に米国を追い出すことに成功した場合、パラメータは最終的に変化する可能性がある。

その前に、イランはすでに西アジア地政学をひっくり返している。賢い巡航ミサイル、極めて効果的な神風ドローン、電子戦、さらには最新鋭の極超音速ミサイルによってだ。

帝国の「計画者」は、このような事態が起こるとは思ってもみなかった。ロシアとイランの戦略的パートナーシップは、地政学的にまったく理にかなっているだけでなく、軍事力の増大にもつながるのである。

さらに、このことは、拡大したBRICS+が注目している迫り来るビッグピクチャーに刻み込まれている。INTSC、パイプライン、高速鉄道といったマルチモーダルな経済回廊を通じたユーラシア(およびそれ以遠)の統合である。

帝国のイランに関するプランAは、バラク・オバマ政権が粗雑な封じ込め策として考案した単なる核合意(JCPOA)であった。

トランプは実際にそれをすべて吹き飛ばした。そして何も残っていない。JCPOAの復活は、理論的には数ヶ月間ウィーンで試みられてきたが、アメリカ人自身がそれに何を求めているのか分からなくなっているため、常に非発動であった。

だから、アメリカの外交政策を担当するストラウス派の新自由主義者たちにプランBとして残されたのは、クルド人から有害なMEKまで、ありとあらゆる落ちこぼれをイランの大釜に投げ込み、ヒステリックな主流メディアによって24時間365日増幅されて、政権交代を祈ることである。

まあ、そんなことは起こらないだろう。テヘランはただ待ち、自制し、これほど多くのカラー革命の徳政令がやがて霧散するのを観察する必要があるのだ。

ペペ・エスコバルは、ユーラシア統合を専門とする独立系の地政学アナリスト・作家。最新作は「Raging Twenties」。