ロシアのウクライナにおける冬期攻勢に期待すること

What to expect in Russia’s winter offensive in Ukraine - Indian Punchline

    1. Bhadrakumar著:29/11/2022

Image from Gyazo

ウクライナでの特別軍事作戦に参加する軍人の母親と面会するロシアのプーチン大統領(2022年11月25日、モスクワ管区ノボ・オガリョーボ

先週金曜日、プーチン大統領がモスクワで行った「兵士の母親たち」との数時間に及ぶ会談の1万8000字に及ぶ記録を読み進めると、ウクライナでの戦闘は2023年まで、いやそれ以降も続くのではないかという印象を受けてしまう。

最も明瞭な発言として、プーチンは、2014年にモスクワがドンバスに未練を残し-クリミアとは異なり-ドイツとフランスが仲介した停戦とミンスク協定に誘い込まれるのを許したことが失策であったと認めた。

モスクワは、ドイツとフランスがキエフの当時の指導者と共謀してミンスク合意の履行を妨害したことに気づくのに時間がかかった。当時のウクライナ大統領ペトロ・ポロシェンコは、ドイツのドイチェ・ヴェレテレビやラジオ自由ヨーロッパのウクライナ・ユニットなど、ここ数カ月の西側報道機関との一連のインタビューで、2015年の停戦はキエフの軍備再建のための時間稼ぎを目的とした目くらましだったことを認めた。

彼の言葉を借りれば、"我々は望んでいたことをすべて達成した。我々の目標は、まず、(ロシアの)脅威を止めること、あるいは少なくとも戦争を遅らせること--経済成長を回復し強力な軍隊を作るための8年間を確保することだった"。

ミンスク合意の順序に関するいわゆるシュタインマイヤー式(ドイツのフランク=ヴァルター・シュタインマイヤー大統領が外相だった2016年に提案)は、分離派が保有するドンバス領でウクライナの法律とOSCEの監督の下で選挙を行い、OSCEが投票を自由で公正だと判断すれば、ドンバス領の特別自治を開始し、ロシアとの最東端国境のウクライナの支配を回復させると求めていた。

プーチンは、ロシアがドンバスのロシア系住民の意向を無視してミンスク合意を受け入れたことを認めた。彼の言葉を借りれば、「我々は心からこれに臨んだ。しかし、我々は人々の雰囲気を十分に感じていなかった、そこで何が起こっているのかを完全に理解することは不可能だった。しかし、今となっては、この(ドンバスの)再会はもっと早く実現すべきだったということが、おそらく明らかになっている。もしかしたら、これほど多くの市民が犠牲になることも、砲撃の下で多くの子供が死ぬこともなかったかもしれない......」。

おそらく初めて、現職のクレムリン指導者が過ちを認めたのである。したがって、上記の痛烈な一節は、ロシアの動員が最終段階に近づき、12月末までに推定40000人のロシア軍が前線に配備されることから、プーチンの今後の決断の試金石となるであろう。

要するに、プーチンミンスクのようなモダンな家具と骨董品の寄せ集めのドアを閉めたということだ。これは政治的な現実としてどうなのだろうか。

まず第一に、モスクワが前提条件なしの対話に前向きであるのと同様に、ロシアの交渉担当者は、ドネツク、ルガンスク、ケルソン、ザポロジェの各州をロシア連邦の一部として組み入れた最近の憲法改正に拘束されることになるだろう。

第二に、金曜日の会談は、どう考えてもプーチンの大胆なイニシアチブであり、政治的に言えばリスキーであった。プーチンの会談相手には、遠く離れた地方から集まった、息子が戦場で活躍している、あるいは息子が戦死したり、重傷を負って長期間のリハビリが必要な悲劇を体験している母親たちがいた。

ルハンスクの小さな町キーロフスクに住む彼女たちは、前線で亡くなった息子コンスタンチン・プシェニチキンのことを思い出しながら、プーチンにこう言った。あなたは私のためにこの人生を歩むのです。そしてその人生で、私たちは再び一緒になるのです。"

プーチンは、クレムリンの指導者としては極めて異例なことだが、この会談のために準備をしてきたと公然と主張した。しかし、彼はまだ驚きを用意していた。このような会談は、テレビカメラの前では感情が爆発してしまうので振り付けができない。

サハ共和国出身のマリーナ・バヒリナさんは3人の息子(うち1人は空挺部隊第83旅団のエリートで勲章を受章している)を持ち、「前線には温かい食べ物がない」と訴えている。彼女はプーチンに「何が起こっているのか理解していますか?我が国民が兵士に温かい食事を提供できないのなら、スポーツの達人であり射撃のCMCである私がそこへ、前線へ行って料理を作りたいのです "と言ったそうです。

プーチンは優しく答えた。"すでに問題はほとんど解決しているようだが...すべてが正常ではないということだ... "と。

このような率直なやりとりの中で際立つのは、プーチンの政治的資本の大きさであり、国民を味方につけるための大きな結束力である。この日の会議では、ロシアの大義にコミットし、勝利を確信するムードが全体に漂っていた。もちろん、これはプーチンの手腕の強さを示している。

ここで、1962年のキューバ危機のアナロジーが破綻する。60年前は世論が重要なファクターではなかったのだ。一言で言えば、1962年当時は、ライバル国の安全保障上の利益を考慮しなければ、終末的な結果を招きかねないということが認識され、常識的な判断が優勢だったのだ。

今日の違いは、ジョー・バイデン大統領がウクライナの戦場でのロシアの敗北とそれに伴うモスクワの「政権交代」を執拗に追求することで、自らを隔離し説明責任を果たさない一方、プーチンは国民に説明責任を果たすよう主張していることである。西側の「リベラル」な政治家は、プーチンの「兵士の母親」との異例の面会を真似る勇気があるだろうか。

経済的苦境が西欧の社会不安や政治的混乱につながれば、政権を担う政治家は不利になる。プーチンは「人民の戦争」を戦っている。一方、西側の政治家はロシアと戦っていることさえ認めることができない。しかし、ポーランドやフランスで、自国民がウクライナの草原で殺されていることをいつまで隠しておけるだろうか。西側の政治家たちは、自分たちの「志願者」の死は無駄ではなかったと誓うことができるだろうか。冬が進むにつれてウクライナから西ヨーロッパへの難民の流入が始まったらどうなるのか?

軍事的には、ロシアはエスカレーション優位、つまり紛争が進むにつれて様々な階梯でNATOのライバルに対して著しく優位な立場を享受している。バフムトでのロシアの作戦が加速しているのは、その一例である。ここ数日の正規軍の配備は、ロシアがドネツクのバフムト市で4カ月前から行っている「グラインド」を終わらせるためにエスカレーションのはしごを登っていることを示している。この市は、ドンバス東部地域におけるキエフ防衛のリンチピンとして軍事アナリストがよく説明している場所である。

日曜日のニューヨーク・タイムズ紙の報道では、ウクライナ軍がここ数週間で被った甚大な損失が強調されている。明らかに、戦闘を行ったロシアの軍事請負業者のワグナーグループは、ウクライナ軍を防御的な位置に釘付けにし、「ロシアの絶え間ない攻撃で消耗したクラック部隊を含む3万人規模の軍隊」と推定している。

タイムズ紙は、米国国防省の高官を引用して、ロシアの意図はバフムト市を「キエフにとって資源集約的なブラックホール」にすることだったのかもしれない、と認めている。このパラダイムは他の場所でも繰り返されるだろう。ただし、ロシア軍ははるかに強力で、人数も装備もはるかに優れており、厳重に要塞化された位置で戦うことになる。

プーチンは金曜日の会合で、ネオナチのバンデル派を打倒することが引き続き確固たる目標であると明言した。キエフ政権交代は目的とはされていないが、プーチンは、反ロシア的でアメリカの代理人政権を残した2015年のような停戦と平和の繰り返しに落ち着くことはないだろう。

とはいえ、プーチンは、「特別軍事作戦に関するすべての問題があるにもかかわらず、国家の発展、経済、その社会圏の発展、国家プロジェクトのための計画を変えることはない」と強調した。我々は巨大な、大きな計画を持っている..."。

これらの要素を総合すると、ロシアのいわゆる冬期攻勢を定義することができる。プーチンが指名したウクライナ戦域司令官セルゲイ・スロヴィキン将軍は、パットンやマッカーサーのようなタイプの人物ではない。基本的に特殊作戦のコンパスを持ち、過去8カ月間のNATOの戦闘参加で得た経験を取り入れる。しかし、プーチンは一度も「戦争」という表現で紛争を特徴づけることはなかった。