なぜプーチンを深く、直感的に、狂ったように憎むのか?

Why the Deep, Visceral, Crazy hatred of Putin? - A Son of the New American Revolution

ラリー・ジョンソン著:29/11/2022

Image from Gyazo

youtu.be

私は、この問いをとても真剣に投げかけている。私は冷戦の黎明期に生まれ、60年代に10代になった。ポル・ポトをはじめ、どの国の指導者に対しても、プーチンに対する毒に匹敵するような憎悪の言葉を聞いたことがない。

もし、プーチンが(ポル・ポトのように)自国民や他国民を何百万人も殺害していたら、その激しい憎悪は理解できる。あるいは、民主的に選ばれた政府を、古巣であるKGBを使って転覆させたのであれば。もしプーチンウイグル族強制収容所に収監し、奴隷労働者にしたのなら、私はこの質問をしないだろう。

世界のリーダーが善か悪かを「悪行」という基準で判断するならば、例えば中国の習近平は、国内外での行動という点ではプーチンよりも卑劣な人物であるということは説得力があると思うのです。ところが、G20のメンバーは、習近平と一緒に写真を撮ることには何の抵抗もないのに、プーチンの隣に立っているところを撮られると、気絶しそうなほどソファにつかまらなければならないのだ。

こんなことは見たことがない。稚拙で、愚かで、危険だ。説明しよう。ウクライナの地上戦は、決定的にウクライナに不利になった。電気がない、西側からの武器供給が限られている、ウクライナ国内で新しい物資を生産する能力がない、安全な軍事訓練基地がない、人手不足、霜の降りる冬の気温の始まりが重なり、ウクライナ軍は苦境に立たされた。本日の報道によれば、ウクライナ軍は現在、バフムトから急いで退却するか、その場に留まり殺害または捕虜となるか、という決断に迫られている。これはウクライナにとって結果的な敗北となるだろう。では、ウクライナ(あるいは米国や英国)は誰と交渉するのだろうか。

プーチンは、米国や欧州の相手から侮辱され軽蔑されていることを重々承知している。欧米との交渉を急ごうとはしていない。今週、ロシアは米国との核兵器に関する協議を一方的に取りやめたばかりだ。

ロシアは火曜日、米国を有害な反ロシア的行動で非難し、そのために今週カイロで行われる米国高官との核兵器協議から離脱することになったと述べた。 ... 外務省のマリア・ザハロワ報道官は、強い言葉で、米国が自国に有利になるように新START核条約を操作しようとしていると非難したが、ロシアはまだこの条約に取り組んでいると述べた。 ... https://www.reuters.com/world/moscow-we-had-no-choice-cancel-new-start-nuclear-talks-with-us-2022-11-29/

この話題に触れたアンドレイ・マルティアノフ氏の最新ビデオをお勧めする。

youtu.be

また、フィル・ジラルディの最新作-ウラジーミル・プーチンの多極化世界のビジョン-もお薦めします。

冷戦の最中でも、トルーマンからジョージ・H・W・ブッシュまで、バイデンや彼のチームや、そして議会の主要メンバーがプーチン大統領に対して表明するような罵詈雑言を浴びせていた米国大統領はいなかった。米国側は、プーチンとロシアが米国を必要としているという妄想のもとに動いているのだ。I man, my God!, McDonaldsやDunkin Donutsなしでロシアはどうやって生きていけるのか?さて、どうでしょう?ロシアは、米国から何一つ必要とされていないことに気づいた。

しかし、米国がロシアを必要としていることは確かである。ロシアは肥料とウランの最大生産国の一つであり、米国にとって不可欠な国である。そして、ロシアはウクライナの豊かな資源を支配する道を歩んでいるのである。以下のリストは以前の記事で公開したが、繰り返し書いておく。

ウクライナ

ウラン鉱石の可採鉱量ではヨーロッパで第1位。

チタン鉱石の埋蔵量で欧州第2位、世界第10位。

マンガン鉱石の探査埋蔵量で世界第2位(23億トン、世界埋蔵量の12%)。

鉄鉱石の埋蔵量世界第2位(300億トン)。

水銀鉱石埋蔵量で欧州2位。

シェールガス埋蔵量欧州第3位(世界第13位)(22兆立方メートル)。

天然資源の総量で世界第4位。

石炭埋蔵量世界第7位(339億トン)

ウクライナは重要な農業国です。

耕地面積はヨーロッパで第1位。

チェルノゼムの面積は世界第3位(世界総量の25%)。

ヒマワリとヒマワリ油の輸出で世界第1位。

大麦生産量世界第2位、大麦輸出量世界第4位。

トウモロコシの生産量世界第3位、輸出量世界第4位。

ジャガイモ生産量世界第4位。

ライ麦生産量世界第5位。

蜂蜜生産量世界第5位(75,000トン)。

小麦輸出量世界第8位。

鶏卵生産量世界第9位。

チーズ輸出世界第16位。

ウクライナは6億人の食料需要を満たすことができる。 ウクライナは重要な工業先進国である。

アンモニア生産量はヨーロッパ第1位。

世界第2位と第4位の天然ガスパイプラインシステム。

原子力発電所の設置容量で欧州第3位、世界第8位。

鉄道網の長さ(21,700km)は欧州で3位、世界で11位。

ロケーターとナビゲーション機器の生産で世界第3位(米国、フランスに次ぐ)。

世界第3位の鉄鋼輸出国。

原子力発電所用タービンの輸出で世界第4位。

ロケットランチャーの製造で世界第4位。

粘土の輸出で世界第4位。

チタン輸出世界第4位。

鉱石・精鉱の輸出で世界8位。

防衛産業製品輸出で世界第9位。

世界第10位の鉄鋼生産量(3,240万トン)。

これらの資源を支配することで、ロシアの経済的影響力が増し、欧米諸国がプーチン政権と取引する必要性が高まる。

では、なぜプーチンに対する深い憎しみがあるのか、という最初の疑問に戻る。私は2つの理由があると思う。

第一に、彼は欧米の牢獄の女になることを拒否した。ロシアの国益は欧米の要求より優先されると主張し、独立路線を追求した。例えば、欧米が資金援助しているイスラムの反乱を鎮圧するためにシリアが要請してきたとき、ワシントンやブリュッセルに許可を求めずに対応した。

第二に、同性愛を合法化するLBGTQの思惑を否定するなど、キリスト教的価値観の普及に真摯に取り組んでいることだ。これは欧米の神経を逆撫でしている。許されない罪である。プーチンは欧米がどう思おうが気にしない。彼は、伝統的な家族の価値を促進し、異性間の繁殖を奨励することに熱心です。プーチンは覚醒していない。

今後半年のある時点で、ウクライナには戦争を継続するための資源も支援もなくなるだろう。プーチンと対話することが重要な優先事項となる。西側諸国はロシアと正常な関係を再構築する方法を見つけることができるだろうか?もっと重要なことは、ロシアは彼らと関わりたいと思うだろうか?

あなたはどう思いますか?