ロン・ポール:ツイッターファイルが明らかにする、私たちのなかの全体主義者たち

The Ron Paul Institute for Peace and Prosperity : The ‘Twitter Papers’ Reveal the Totalitarians Among Us

ロン・ポール著:05/12/2022

Image from Gyazo

私は、イーロン・マスク言論の自由のヒーローとして懐疑的であることを認めます。彼は、世界一の金持ちになるために、米国政府の補助を受けたビジネスを次々と転々としてきた。しかし、彼が先週末に発表した「Twitter Papers」が、政府によるソーシャルメディア操作を暴露したことは、憲法修正第1条を重視する我々にとって大きな勝利であったことは否定できません。

真の独立系ジャーナリストであるマット・タイビとの連携によるこの公開は、政治家や「ワシントン当局」の代表者たちが、当時Twitterの検閲を担当していたチームに圧力をかけ、ツイートを削除させたり、権力者たちが一般市民に読まれたくないものを投稿した以上の罪がないアカウントさえも禁止したりしたことを紛れもなく実証しているのです。忘れてはならないのは、Twitterの検閲を要求した人たちの多くが、合衆国憲法とその修正第一条に宣誓したアメリカ政府関係者だったということだ。

米国の両政党が、自分たちの気に入らない情報を検閲するようTwitterに働きかけることに関与していたことを理解することが重要です。腐敗はいくらでもある。しかし、ツイッターペーパーが示したように、検閲チームのツイッター社員が圧倒的に民主党支持者だったというだけで、民主党の政治家の要求で検閲されたツイートが圧倒的に多いのだ。

今回のTwitter Papersの第1弾で公開された証拠の中で最も不利なのは、バイデン2020キャンペーンがTwitter社内の担当者に宛てた、ソーシャルメディアに検閲を依頼する一連のツイートだろう。Twitterの内部文書には、検閲チームがこれらを「処理した」、つまり検閲したことが記されている。

イーロン・マスク自身は、公開前に、彼が会社を掌握して大量解雇に手を染める前に、Twitterが選挙を操作していたことを公然と述べている。つまり、ロシアが選挙に介入しているというワシントンのエリートたちの嘘をずっと聞いていたわけですが、結局はTwitterだったということです。もちろん、このことはFacebookのような他の大規模なソーシャルメディア企業についての疑問を提起する。マーク・ザッカーバーグは自社の選挙干渉について白状するのだろうか?彼にそれを要求する勇気はあるのだろうか?

なぜ彼らはこんなことをやってのけたのだろう?もう一人の真の独立ジャーナリスト、グレン・グリーンウォルドが「ツイッターペーパー」が公開された夜にタッカー・カールソンの番組で指摘したように、かつてCIAが主流メディアで消費するものを操作しようとすることは物議をかもしたが、現在ではこれらのメディアが公然と「元」アメリカ情報機関のリーダーや役員をニュースアナリストとして雇用しているのだ。CNN、MSNBC、Fox、その他はすべて、アメリカ人に何を考えるべきか伝えるために、情報機関の "元 "メンバーを起用している。「大手ハイテク企業の検閲は、国家安全保障国家の重要な手段だ」とグリーンウォルドはタッカーに語った。誰かがそれについて何かしようとすると、CIAや国防総省などの元職員たちが飛びついてきて、『言論の自由を回復することは許せない』と言うのです。

これは非常に大規模な汚職スキャンダルであり、適切な調査が行われないことがほぼ確実である。政府そのものが最も罪深い存在であり、「政府委員会」が実際には犯した犯罪を明らかにするのではなく、隠蔽するためのものであることを私たちは知っている。しかし、真実は強力だ。ウォーレンレポートがケネディ大統領暗殺を白紙にしてから約58年、世論調査では「公式」説を信じるアメリカ人はほとんどいないという結果が出ている。

真実は強力であり、私たちは常にそれを追求しなければならない。どんなに嘘をついても、真実の消毒液には耐えられないのです。イーロン・マスクの勇気に感謝し、私たちは彼に続けるよう奨励します。