MoA2022年12月5日 ウクライナ-クリミアの橋は修復され、弾薬はなく、ロシアでドローン攻撃

10月8日、ウクライナの爆弾により、クリミアに向かう自動車橋の南側が破壊された。北側もわずかに損傷し、隣の鉄橋を通過していた列車が燃えてしまった。キエフの一部の人々は、このことを非常に喜んでいました。

Image from Gyazo

しかし、列車の通行は1日後に再開された。車橋の北側が点検され、双方向の車の通行が可能になった。壊れた南側の部分の修理準備もすぐに始まった。

その2日後、ロシア軍はウクライナの電力インフラに対して最初の強烈な攻撃を行った

それから2カ月足らずの今、作業はすでに終了している。損傷した4本の橋脚は交換され、新しいタールカバーが敷かれている。今日、ロシアの大統領がその上を自動車で走った

プーチンメルセデスのハンドルを握り、テロの起きた場所について質問した。 プーチンは橋を渡りながら、「我々は右側を走っている」と言った。「橋の左側は、私の理解では使える状態だが、それでも完成させる必要がある。まだ少し痛んでいるので、理想的な状態に持っていく必要がある」と述べた。

プーチン大統領はまた、ヨーロッパ最大の橋の一部を歩き、まだ目に見えて焦げている箇所を視察した。

現在、南側のスパンでは双方向の交通が可能で、少し傷んだ北側のスパンは修理される予定である。年内には完了する見込みだ。

橋が攻撃されて以来、ウクライナの電力インフラはよりミサイルに注目されるようになった。今日もまた攻撃が続いた。キエフは再び電気と水が使えなくなった。もう修復は無理かもしれない。

橋梁攻撃のスタンプポスターの前でポーズをとっていた人たちは、そのことをどう考えているのだろうか。


キエフにとってもう一つの悪いニュースは、米国がウクライナに与えたミサイルランチャーの射程距離を制限したことを公表したことである。

米国は、ウクライナに供与した先進的なヒマース・ロケット・ランチャーを、ロシアへの長距離ミサイル発射に使用できないように密かに修正したと、米国当局が発表した。米国は6月以来、ウクライナ軍に高機動砲ロケットシステム(Himars)20基と、射程距離がほぼ50マイルの衛星誘導ロケットの大規模な在庫を供給してきた。米政府関係者によれば、国防総省は発射台を改良し、射程距離が200マイル近い米陸軍戦術ミサイルシステム(ATACMS)を含む長距離ミサイルを発射できないようにしたという。

これが公表されたのは、ATACMSを保有する米国の同盟国からATACMSを入手しようとしても無駄であるというウクライナへの示唆であろう。しかし、そのようなミサイルとそれを使用するために無効化されていないランチャーを提供した場合はどうなるのだろうか?米国は、同盟国が同様の改造を行うと確信しているのだろうか。

ウクライナの戦争マシーンが空回りしているのは、「西側」が意味のある量の武器や弾薬をもはや提供できないからだ。合理的な時間枠の中でそれを変える可能性は低い

国防総省の予算担当官であるマイク・マッコードはインタビューで、「高度な紛争は大量の弾薬と兵器を消費する」と述べている。「また、サプライチェーンの限界にも目を向けている。我々はまだこれを理解していない」。

国防総省と産業界のトップは、米国とその同盟国がウクライナに輸送した兵器を交換する努力がようやく活発になってきたと主張している。 ...

彼女は、ウクライナ側が到着と同時にほぼ使い切ってしまう数万発の155mm砲弾の最近の取引について言及した。春までには「月に2万発はいけるでしょう」という。

しかし、十分な数を製造するには時間がかかるという。さらに、米国は2025年の春にその速度を月4万発に引き上げると付け加えた。

2万発は、ロシア軍がウクライナで静かな日に使うものだ。1日4万発が平均的な消費量かもしれません、1日6万発は熱くなった時に発射されます。その弾を交換する分も生産している。

... 今朝、ヴォルガ地方にあるロシアの飛行場で爆発がありました。ロシア軍は現在、防空識別圏が撃墜したウクライナ無人機の残骸が原因だとしている。

AZ @AZgeopolitics - 17:13 UTC - 5 Dec 2022 ロシア連邦国防省 🇺️🇺。12月5日朝、キエフ政権は「ディアギレボ」「エンゲルス」飛行場へのジェット機による攻撃を試みた。

リャザン地方とサラトフ地方で低空飛行していたウクライナのUAVは、防空手段によって迎撃された。

キエフ政権による攻撃で、飛行場にいたロシア兵3人が命を落とし、さらに4人が負傷し病院に搬送された。

ロシアの飛行場に向けて発射されたウクライナのUAVは、防空手段により迎撃された。

ロシア飛行場でのウクライナ製UAVの残骸の落下と爆発の結果、2機の航空機の船体プレートがわずかに損傷した。

サラトフでの爆発は地上で行われたことがビデオで確認された。防空は通常、飛行中のドローンを爆発させる。したがって、このロシア側の報告が完全に真実であるかどうかは疑問である。

また、ウクライナはどこでジェットエンジンを搭載した長距離自爆ドローンを見つけたのだろうかと思う。これが自作であったり、今後大量に入手できるようになるとは到底思えません。

投稿者:b 投稿日時:2022年12月5日 17:51 UTC|投稿日時:2022年12月5日 17:51 UTCパーマリンク


読者コメント

ウクライナのドローン攻撃は、1980年代(?)の時速1000kmのロケット型ドローンが担っていた。ロシアのレーダーから逃れるために低高度で飛行させた。

エンゲルスの飛行場への攻撃はソ連のUAV Tu-141「スウィフト」によって行われた - 軍司令官アレクサンダー・コッツ。「スウィフト "は1000kmを1時間程度で通過することができる。飛行高度は6kmまで。

https://t.me/Slavyangrad/23720

これらはドンバスで以前使用されたことがある。

投稿者 アルフル・モ|12月5日 2022 17:58 utc|1件