米国への怒りを増幅させる欧州と、真っ赤に点滅する米国経済

Europe's Growing Anger at the United States, While U.S. Economy is Flashing Red - A Son of the New American Revolution

ラリー・ジョンソン 著:27/11/2022

Image from Gyazo

次の映像は、米国と欧州がロシア経済を潰そうとした結果、欧米で展開され始めた混乱を要約したものである。私は、米国をオリバー・ハーディー、欧州をスタン・ローレルと見ている。この場合、欧州がローレルとハーディーのキャッチフレーズで米国を非難している。しかし、どちらのコメディアンが米国と欧州の挫折を最もよく体現しているか、皆さんのご意見をお聞かせください。

www.youtube.com

ウクライナ支援における西側の連帯という点では、間違いなく虫の知らせだ。Politico紙は、「ヨーロッパは戦争から利益を得ている米国を非難する」という見出しの記事を掲載したばかりだ。

ウクライナ侵攻から9ヶ月、プーチンは西側諸国を分裂させ始めている。 ... ヨーロッパの高官たちはジョー・バイデン政権に激怒し、アメリカが戦争で大儲けし、EU諸国は苦しんでいると非難している。 ... 「冷静に考えれば、この戦争で最も利益を得ているのはアメリカである。なぜなら、彼らはより多くのガスを、より高い価格で販売しており、より多くの武器を販売しているからだ」と、ある高官はPOLITICOに語った。 ... https://www.politico.eu/article/vladimir-putin-war-europe-ukraine-gas-inflation-reduction-act-ira-joe-biden-rift-west-eu-accuses-us-of-profiting-from-war/

驚いた。ポリティコの著者は、アメリカとヨーロッパが自分たちにしたことを、プーチンのせいにしている。ヨーロッパの嘆きが聞こえてくる。"It is another fine mess you've gotten us into America. "と。

私は、アメリカがヨーロッパの犠牲の上に利益を得ているというヨーロッパの高官の訴えを面白がっている。私がCIAで分析官として働いていたとき、このようなCaptain Obviousな瞬間のためのフレーズがありました。今後数日、数週間は、米国に対する逆恨みと憤りが高まり、ヨーロッパ中に広がるでしょう。このため、ウクライナの対外援助と軍事支援の必要性が高まるまさにその時に、ヨーロッパがウクライナ戦争を支持することはより困難になる。

欧州は、米国経済の一部が欧州を犠牲にして利益を上げていると正しく認識しているが、米国経済は多方面で明らかに景気後退の兆しを見せているのである。

Conservative Tree HouseのSundanceは、アメリカにおけるクリスマス商戦の貧弱なスタートに関する素晴らしい記事を掲載している-The Consumer Economy Has Completely Collapsed - "It's a Ghost Town" for Holiday Shopping Everywhere. かつては、ブラックフライデー(感謝祭の翌日)の早朝、熱心な消費者がベストバイなどの店の前に列をなしていた。Covidのロックダウンはともかく、2020年の様子はこんな感じです。

youtu.be

そして、2年後の今、こうして完成したのです。

youtu.be

サンダンスは、このビデオを簡潔に裏打ちするロイターの記事を引用しています。

全米小売業協会によると、木曜日の感謝祭から今度の「サイバーマンデー」までに買い物をする予定の人は約1億6600万人で、昨年より800万人近く多い。しかし、国の一部で散発的に雨が降ったこともあり、ブラックフライデーの店舗の混雑はいつもより少なかったようです。 ... 「例年、この時期は駐車場を探すのに苦労します。今年は駐車場の確保に苦労していない」と、NPDグループ社のチーフ・インダストリー・アドバイザー、マーシャル・コーエン氏は述べた。 ... 「今年は駐車場の確保に苦労していない。ニューヨーク、ニュージャージー、メリーランド、バージニアの各都市の店舗をチェックしたところ、「切迫感はない」とコーエン氏は付け加えた。 ... ニュージャージー州イースト・ラザフォードにあるアメリカン・ドリーム・モールでは、店の外に行列はなかった。トイザラスの従業員は、ブラックフライデーの「ドアバスター」キャンペーンを記したチラシを配っていた。(続きを読む) ... https://theconservativetreehouse.com/blog/2022/11/26/the-consumer-economy-has-completely-collapsed-its-a-ghost-town-for-holiday-shopping-everywhere/

苦戦しているのはクリスマス商戦だけではありません。レクリエーション・ビークル(ヨーロッパでは「キャンピングカー」や「モーターホーム」)の購入も低迷しています。この記事は、「RVブームが去った?月間出荷台数が減少、販売店がキャンピングカーで溢れかえる」という記事で、気になる内容を紹介している。

米国東海岸の高速道路には、何十軒ものRVディーラーが軒を連ねている。感謝祭の週の時点で、中部大西洋岸から深南部にかけて州間高速道路95号線と85号線を走ると、RVディーラーは在庫で溢れかえっており、RVが大流行した時の空の駐車場とは大違いである。 ... RV産業協会の2022年10月のメーカー調査によると、RVの総出荷台数は32,652台となり、2021年10月の57,971台と比較して43.7%の大幅な減少で終了した。10月までのRV出荷台数は44万8,246台で前年同期比12.2%減の卸売り出荷台数となっています。 https://www.zerohedge.com/markets/rv-boom-over-monthly-shipments-plunge-dealerships-overflow-campers

11月初旬、米国でディーゼルが枯渇するという悲惨な予言があったのを覚えているだろうか?どうやら、その警告は間違っていたようだ。いい知らせだろう?いや、そうではない。これを読む - ディーゼル・クランチがついに需要破壊を引き起こす

この秋の初め、米国の留出油在庫は1951年以来、この時期としては最低の水準に落ち込んだ。ちょうど暖房シーズンが始まり、2月に発効するロシアの石油製品輸入に対するEUの禁輸措置を数カ月先取りした時期だった。 ... この数週間の需要減退により、季節的な傾向とは逆に、ディーゼル油の在庫が徐々に回復し始めた可能性があることが明らかになった。ロイターのシニアマーケットアナリスト、ジョン・ケンプ氏がEIAのデータに基づき試算したところ、米国の留出油在庫は11月18日までの6週間で300万バレル増加した。 ... EIAのデータによると、潜在需要の代用品である留出燃料の製品供給量は、過去4週間平均で400万B/Dと、前年同期比3.5%減少している。 ... https://www.zerohedge.com/commodities/diesel-crunch-finally-causing-demand-destruction

需要が減少したために在庫を増やしている場合、経済が問題を抱えており、間違った方向に進んでいることを認識する必要があります。

ホリデーシーズンの始まりに、職を失うというのはいかがなものでしょうか。ミシシッピ州でのこのニュースは、孤立した出来事ではない。

ミシシッピー州テューペロに本社を置く家具メーカー、ユナイテッド・ファニチャー・インダストリーズ社が、感謝祭の2日前に職を失った約2,700人の従業員とトラック運転手に、突然の操業停止を60日前に通知しなかったのは連邦法違反だと、元従業員が主張しているのである。 ... Lane Furnitureのブランド名で営業していたUFIの元従業員は、火曜日の早朝、「予期せぬビジネスの状況により」仕事が直ちに打ち切られるため、その日は出勤しないようにという電子メールかテキストメッセージを受け取って面食らった。. . ... ノースカロライナ州商務省に当時提出されたWARN法の通知によると、この家具メーカーは7月下旬にノースカロライナ州ウィンストン・セーラムとハイポイントの工場を閉鎖し、270人以上の労働者が職を失ったとされている。 ... また、7月下旬にはミシシッピ州エイモリーの工場で220人が解雇された。「新しいリーダーシップは、新しいプロセスを導入するために非常に懸命に働いていました」と、元従業員はFreightWavesに語っています。"あまりに多くの努力がなされていたので、一夜にして閉鎖されるとは誰も思っていなかったのです。 ... https://www.freightwaves.com/news/former-employee-sues-united-furniture-industries-over-mass-firing?j=222218&sfmc_sub=44175902&l=256_HTML&u=4576196&mid=514011755&jb=29003&sfmc_id=44175902

新築の家を買うと、たいてい新しい家具を買う。しかし、その需要がなくなったため、ユナイテッド・ファニチャー・インダストリーズ(United Furniture Industries)社は人員削減を進めている。このままでは、海外に移転してしまうかもしれない。しかし、現在の需要に見合うだけの生産量を確保できているとは思えない。 ... 第二次世界大戦が始まると、アメリカやソ連は初期に敗戦を経験しながらも、ナチスや日本と戦うために必要な武器、航空機、船舶、戦車、弾薬などの生産を飛躍的に拡大させた。ウクライナ戦争が続く今日、西側諸国は余剰在庫のある国から軍事物資を調達し、時代遅れの兵器システムを解体してウクライナに送り出すことに躍起になっている。緊急事態という意識もなく、生産も大幅に増強していない。第二次世界大戦中の米国の製造業の機敏さ(例えば、米国は1カ月に1隻の航空母艦を建造した)とは対照的に、代替の武器や弾薬の生産を命じられている米国の防衛関連企業のスケジュールは、数カ月、時には数年単位でカウントされている。これはプーチンのせいでもあるのだろう。