アンドレイ・マルティアノフ:ウクライナ人はロシア人なのか? --前編--

Are Ukrainians Russians? | The Vineyard of the Saker

アンドレイ・マルティアノフ著: 06/12/2022

Image from Gyazo

ウクライナ人はロシア人なのか?

簡単な質問のようで、実は非常に複雑である。 この問いが含む問題、前提、含意について、少し概説してみよう。

まず手始めに、"ウクライナ人とは何か?"と問いたい。 結局のところ、そのような国や民族は歴史書の中には見あたらない。 しかし、ここで止まらず、「ロシア人とは何か」とも問う必要がある。 確かに歴史書にはロシアという国家、ロシアという国が記録されているが、それで本当にいいのだろうか。

かつてフランスの歴史書は「我らの祖先はガリア人」という文章で始まり、フランスの植民地にいた子供たちでさえ習わなければならなかった。 サハラ以南のアフリカ人やグアドループの子供たちがそれを学ばなければならないのは、自明のことだと揶揄する人もいました。

しかし、大都市フランス人、つまりフランス国内に住んでいる人たちはどうでしょうか。

彼らの祖先は本当にガリア人なのか、もしそうだとしたら、ヴェルシンゲトリックスとマクロン、あるいは古代ガリア民族から現代フランス人までの間にどれだけの連続性があるのだろうか。

私たちが見落としがちなのは、国籍というものが1789年以降のナショナリズムというイデオロギーから生まれた非常に近代的な概念であるということだ。 もっと昔は、1)生まれ故郷、2)宗教、3)支配者という3つの軸でアイデンティティを確立していたのです。 このことを念頭に置きながら、まず「ロシア人とは何か」という問いを立ててみよう。その前に、もう一つ厄介な問題があります。英語の「Russian」には二つの意味があります。ロシアの民族・文化集団の一員で、その場合はロシア語でрусский(roosskii)、またはロシア連邦の市民で、その場合はロシア語でроссиянин(rossiianin)ということになります。

[1917年以前は、rossiianinとroosskiiの区別がなかったか、一般的でなかったため、「ロシア系チェチェン人」または「ロシア系ドイツ人」となる可能性があります。 ロシアは東ローマ帝国の文化的、政治的、精神的継承者であり、ロシアが出現した瞬間から多民族性を内蔵していた】。]

とりあえず、2番目の意味は無視して、民族的/文化的なрусский(roosskii)に焦点を当てましょう。 русский(roosskii)とは何でしょうか?

良い定義を見つけるために、まずロシア人とは何かということを整理してみましょう。

  • これはロシア語を話す人のことではありません。 ロシア語を話す人でも、ロシア人でない人はたくさんいます。
  • ロシアで生まれた人ではない。ロシアで生まれた非ロシア人はたくさんいるからだ。

ロシア人の両親から生まれた人はどうでしょうか。

ここで論理的な問題にぶつかります。そもそもロシア人とは何かを定義せずに、ロシア人の両親から生まれた人をロシア人と定義すると、これは完全に循環した定義になってしまいます。

また、Shoiguはロシア人なのだろうか? この父親はトゥヴァン民族である。 ということは、最大50%がロシア人?

皇帝ニコライ2世はどうだろう? 彼の家系はほとんどドイツとデンマークだ。

レーニンはどうだろう?彼は1/4だけ "ロシア "の血を持っていた(それが何を意味するかは別として)。

ここで、私たちは3つの重要な要素を心に留めておく必要がある。

  • ロシアは10世紀でも常に多民族国家であった。
  • ロシアには自然な国境がない
  • ロシアは無数の民族や宗教に侵略され、これらの集団の多くはロシア社会に馴染み、自分たちの遺産をロシア共通の遺産に加える。

このように、「民族の定義」はまったく通用しないのです。

日本のような国やマプチェ族のような先住民にとっては、民族の分類は意味があるかもしれないが、ロシアのような歴史と地理を持つ国にとっては全く意味がない(それゆえ、ロシアでは愛国心が非常に肯定的な力となり、民族主義が非常に有害な力となるのである)。

しかし、もっと複雑なことがある。

例えばフランスやイタリアと同じように、ロシアも歴史の中で非常に異なる局面を経験し、例えば15世紀のロシアと19世紀のロシアには、ほとんど共通点がないのです。

これは極めて主観的なことですが、少なくとも歴史上のロシアを大まかに次のような時代に分けることができるのではないでしょうか。

さて、これは非常に主観的なことですが、少なくとも歴史的なロシアを大まかに以下の時代に分けることができるのではないかと思います。

  • ピョートル1世以前のロシア
  • ピョートル1世から1917年までのロシア
  • 1917年から1991年までのソビエト連邦のロシア
  • アメリカの植民地化されたロシア 1991-2000年
  • プーチンのロシア 2000-2021年
  • 2022年以降のロシア

このように、各時代はもっと細分化されるべきなのですが、それはここでは紙幅が足りません。

1917年以前のドストエフスキーは、正教徒でなければロシア人にはなれないと考えたわけです(1917年以前には意味があったかもしれませんが、2022年にはまったく意味をなさなくなります)。 私がここで言いたいのは、「ロシア人とは誰か/何か」の最善の定義について議論することではなく、この一見単純な質問も非常に複雑で、よく言えば、動く標的であることを示すことなのです

さて、ウクライナの場合は、さらに複雑である。

先に「ウクライナ民族」や「ウクライナ国家」は歴史上存在しなかったと書いたが、それは「歴史上存在しなかったから、今日のウクライナ人も存在しない」と言いたいのではない。

はっきり言って、ある民族や文化集団に属すると考えるためには、その主張に対して歴史的な根拠がなければならないとは思っていないのです。 実際、すべての国家はある時点で作られるものです。 民族形成は、すべての大陸、国家、民族グループにおいて観察できることである。これは、新しく区別されたアイデンティティの出現であり、通常、歴史上の実際の根拠があるかないかを問わず、「建国神話」の創造がそれに続いて行われるのである。

ウクライナ(ここでは地理的にロシアの南西辺境/国境地帯を指す)の場合、これらの土地が何世紀にもわたってポーランド/ラテンの支配下にあったことは否定できず、この占領が二つの直接的な結果をもたらしたことも事実である。

1)ウクライナの人々は、他のロシア国家にはない経験をした(ラテン語の占領下にあったり、正教会ロシア正教会ではなくギリシャ正教会に提出されたりしているなど)。 2)ウクライナの人々は、ロシアの歴史上最も重要な出来事(17世紀以降のロシア社会を深く打ち砕いた旧儀式対新儀式の危機など)を経験しなかった。

このような経験の違いは、影響を受けた人々のアイデンティティに深い傷跡を残す。 このことを否定するのは愚かなことであり、意図的に無視するのは危険なことです

つまり、これまで私が示そうとしたことをまとめると、こう言えるでしょう。

1)歴史は、ある集団が主張するアイデンティティの「正当性」を測るための有用な道具ではない。 2)民族的・文化的アイデンティティは、自然発生的に、あるいは人為的に生じることがある。

ウクライナの場合、その両方が混在している。 主に、「ウクライナ」はラテン教皇庁の創造物である(考察はこちらを参照)。 しかし、好むと好まざるとにかかわらず、ラテン人は程度の差こそあれ、最終的にウクライナの民族発生を引き起こした(だいたい西に行くほど、ポーランドのくびきが長いほど、そのウクライナアイデンティティは強くなる)。

しかし、仮にそのようなことがなかったとしても、何ら変わりはない。

この地球上に「ウクライナ」あるいは「ウクライナ人」と呼べるものは全く存在しなかったと仮定しても、また1991年以降のウクライナの人々が主張する歴史的根拠が全くなかったとしても、自分のアイデンティティ(より正確には複数形のアイデンティティ)を選択することは基本的人権であることに変わりはないのです。

もし明日、日本の人々が、これからは自分たちのアイデンティティを日本人ではなく、例えば火星人にすると決めたとしたら、私たちは好きなだけ笑うことができるが、その権利を否定することも、新しく採用した「火星人」というアイデンティティを放棄することを強制することもできないだろう。

さらに、ロシアとロシアのあらゆるものを絶対に嫌い、自分は全く異なる民族・文化集団の出身だと心から信じている人に、この人は自分がロシア人であることを受け入れなければならないという意見を持つ権利はないと言うのは愚かなことではないだろうか?

そうすると、「ロシア人ルサンチマン」が生まれる。

実際、ロシア人のルサンチマンはたくさんいます。 たとえあなたがロシア人(あるいは他の国籍)であっても、その遺産を拒否し、他の遺産(たとえ架空のものであっても)を選択する自由意志を持っているのです。

このような人たちのために、вырусь (vyroos')という特別な言葉もあるくらいです。 私の経験では、ロシアから自主的に移住してきた人々のほとんど(すべてではない)がこのカテゴリーに入る。

ウクライナ人であることを選択し、ロシアの遺産を拒否したウクライナ人には、そうする道徳的権利があり、その選択を否定する道徳的権利は誰にもないのだ、というのが私の最初のテーゼである。 そして、ウクライナイデオロギーの創始神話を否定するために歴史的議論を用いることはできても、深く個人的な選択を否定するために用いることはできないのである。

[傍点:アイデンティティは累積するものであり、互いに排除し合う必要はないというのが私の個人的な信条である。 私自身は文化的には「1917年以前のロシア人」だと考えていますが、DNA的には50%がオランダ人で、ドイツ語圏のスイスで生まれ、フランス語圏のジュネーブで人生の大半を過ごしましたし、アルゼンチン人など、さらに多くの文化的アイデンティティを自分の中に感じています。 私は5つの言語をよく話し(皆さんご存知のように、書くときには多くのタイプミスがありますが!)、さらに2つの言語を合理的に話します。 さらに、もうひとつの要素として、私はロシアではなくギリシャ正教会の信者です。 また、私はジャズギタリストであり、フリーダイバーでもあると思っています。 つまり、趣味さえも私のアイデンティティの一部なのです。 私は明らかに雑種なのに、どうして一つの純粋なアイデンティティに自分を限定しなければならないのでしょうか。 実際、私はこのような多様な影響を受け入れ、楽しみながら、今日の私を形成してきました。 そして、もし私が累積的なアイデンティティの権利を主張するならば、他の誰かにそれを否定することができるでしょうか?]