アメリカの外交官は自分たちが思っているほど賢くないという証拠が増えた

More Evidence That America's Diplomats Are Not As SMart As They Believe They Are - A Son of the New American Revolution

ラリー・ジョンソン著:05/12/2022

Image from Gyazo

アンドレイ・マルティアノフ氏が、米国国務省でキャリアを積んだ元外務官僚、ピーター・ヴァン・ビューレン氏の最近の論考を紹介してくれた。米国外務省の職員は、自分たちが非常に頭が良いと自負している。なぜ、そう思うのか?外務員試験に合格しているからです。もし、あなたがその試験を受けて合格していないなら、定義上、あなたは外務員ほど賢くはない。私は誇張しているわけではない。

私はこのような人たちのそばで4年間働き、彼らが国務省本部、別名メインステートをパレードするときの典型的なFSOに染み付いた傲慢さと自己重要感を証明することができます。中には例外もあるが(つまり、ディナーゲストやバーで一緒になって楽しめる普通の人たち)、FSO は長年の自己選択によって生み出された奇妙な人たちである。私の元同僚で「トニー」という名の男性は、敬虔なクリスチャン・サイエンティストで、常に鼻水が出ているような状態でした。私はそれが可笑しいと思った。彼はいつも病気だった。彼は皮肉なことに、そのことを理解していなかった。

とにかく、ヴァン・ビューレン氏の話に戻ろう。ピーターはステレオタイプから脱却しているように見える。彼は大きくたくましい男で テストステロンが不足しているようには見えません テストステロンは メインストリームで不足してる メトロセクシャル天国なのだ。FSOは、かなり寡黙な性格であることでも知られている。昇進の可能性がなければ 注目を浴びることはありません ピーターは、ボートを揺らすことを恐れず、アクションがあるところに行ったようだ。

ヴァン・ビューレン氏は、米国国務省に24年間勤務し、その間に2つの地方復興チーム(PRT)のチームリーダーとしてイラクに1年間駐在しました[1]。

著書『We Meant Well: 彼の元の雇用主である米国務省は、ヴァン・ビューレンが国務省の規則に基づいて彼の本の出版を適切に許可しておらず、その本には機密事項の未許可の開示が含まれていると主張した23

私は彼の著書『We Meant Well』を読んでいないが、イラク人に多大な血と財を費やしたアメリカ帝国の冒険の無様さを認めたことに拍手を送りたい。

とはいえ、『American Conservative』誌に掲載された彼の記事には衝撃を受けた。彼は、マルティヤーノフ兄さんの言葉を引用して、こう始めているのである。

ロシア軍がウクライナに侵攻した瞬間から、考えられる結果は2つしかなかった。ウクライナが外交的解決に至り、東部国境を物理的にリセットし(すなわち、ロシアがウクライナ東部のドニエプル川までの大部分を併合し、クリミアへの陸橋を設置する)、NATOとロシアの間の緩衝国家としての地政学的役割をしっかりと再確立することだ。あるいは、戦場での敗北と外交の末、ロシアは2月の当初の出発点に退却し、ウクライナNATOとロシアの間の緩衝国としての地政学的役割をしっかりと再確立することができるだろう。

"可能性は2つだけ?" ロシアがウクライナを非武装化し、非ナチス化し、ウクライナの新政府が米国とNATOに従わないようにすることだ。ピーター、なぜこの可能性を考慮しなかったのですか?ロシアは、その規模と技術的に洗練された軍隊(例えば、NATOに欠けている完全統合電子戦能力を有している)、精密ハイパーソニックミサイルと戦車の兵器庫によって、いくつかの明確な優位性をもって「特別軍事作戦」に参入したのである。

ピーターはまた、こんな突飛な主張もしている。

NATOポーランドで戦力を増強しているため、プーチンにとってこの問題はますます深刻になっている。

ピーターの友人の誰かが介入して、NATOウクライナに送る武器を使い果たし、ポーランドの陸軍はイギリスとドイツを合わせたよりも大きいことを彼に知らせる必要がある。要するに、NATOポーランドに大砲の餌、つまり部隊を提供してもらい、NATOに信頼に足る戦力を与えてもらうよう頼っているのだ。NATOは、現実には、ほとんどパンチのない幽霊のような軍隊である。この数字を考えてみてください。

イギリス。2022年現在、イギリス陸軍は、正規のフルタイム要員79,380人、グルカ兵4,090人、ボランティア予備兵28,330人で構成されています。(https://www.army.mod.uk/)

2022年1月現在、ドイツ陸軍の兵力は62,766人である。(https://en.wikipedia.org/wiki/German_Army)

2020年時点で、フランス陸軍の兵力は118,600人(外人部隊、パリ消防隊を含む)。また、フランス陸軍の予備役の兵力は22,750人である。

2022年時点で、ポーランドは15万人の現役兵と3万2千人の領土防衛隊を擁している。 (https://en.wikipedia.org/wiki/Polish_Armed_Forces)

ヴァン・ビューレン氏のような外交官なら、ロシアが30万人以上の予備役軍を動員し終えたところであることを、きっと知っているはずだ。その兵力だけでも、イギリス、ドイツ、フランスの常備軍を合わせたものより大きいのだ。その事実を少しは理解してほしい。ロシアは現在100万人の軍隊が活動しており、200万人以上の予備兵力を有している。NATOの司令官たちは数学が得意ではないと思う。

ピーターさんは、ロシアはまだ軍事的暗黒時代にあり、米国やNATOに追いついていないという妄想の下に生きている。

プーチンの計画は、軍事的に優位な米国やNATO全体との直接対決ではなく、ウクライナ、ひいては米国との代理戦争に依存するものだ。

米国はロシアに対してどのように「軍事的優位性」を享受しているのだろうか。軍隊の兵力はロシアが上。ロシアの戦車は、米国のどの戦車よりも優れている、とまでは言わないまでも、同程度の性能を持っている。ロシアは世界のどの国よりも最新の防空システムを持っている。そして、ロシアは輸入資源に頼らずに国産化しているハイパーソニック精密ミサイルで明らかに優位に立っている。米国が「優れている」のは、ロシアより何十億ドルも多く使っているという一点だけである。そうそう。もうひとつ。米国はロシアよりも第二、第三世界の国々に多くの戦争で負けている。

ピーター・ヴァン・ビューレンがなぜこのような記事を書いたのか、私にはよくわからない。米国務省ヒエラルキーに屈服することに熱心でなかった彼が、ネオコンミーム、例えば「ロシアは軍事的に劣っている」、「ロシアはミサイルが不足している」、「プーチンソ連を復活させたい」に膝を屈していることは確かである。しかし、彼は論文を正気で結んでいる。

ウクライナの征服が小部隊の訓練として扱われていることは、多くのことを物語っている。どれも大した秘密ではない。ウクライナでのオフランプ、つまり外交的な成果は、ワシントンにとって十分に明確である。バイデン政権は、恥ずかしながら、外交的努力を力強く呼びかけるのではなく、まるで1980年のアフガニスタンの再来のように、ロシアを血祭りに上げることに満足しているようだ。その間、タフに見え、疑似「戦時」大統領のために、超党派の選挙でどんな好感触を得ようとするのである。1980年のアフガニスタンと同様、アメリカは最後の一人が倒れるまで戦う準備ができているようだ(負けないように十分な武器を供給している)その後、避けられない交渉による結末に直面する。

米国の戦略が恥ずべきものであることは、私もピーターと同意見である。しかし、彼は重要な事実を議論するのを忘れています。ロシアは人員や物資を流出させてはいない。ウクライナだ。ロシアは人員と軍事防衛生産工場に資源があり、補給して作戦を維持することができる。ウクライナは今、欧米の大盤振る舞いに完全に依存している。ヴァン・ビューレン氏の「2つしかない可能性」はここまでだ。

youtu.be