軍関係者 :ウクライナのミサイルは米国の衛星を使って誘導された

Military sources: Ukraine missiles used US guidance – Asia Times

NATOとロシアのオブザーバーは、ロシア基地への攻撃に米国の衛星が関与していないというブリンケン氏の発言を否定している。

UWE PARPART AND DAVID P. GOLDMAN著:08/12/2022

Image from Gyazo

ボーンヤードを出て、再び空へ。ロシアの中央空軍博物館で撮影されたTu-141ドローン。写真ウィキペディア

NATOの情報筋とロシア軍の情報筋は、12月5日と6日に行われたウクライナのロシア空軍基地へのミサイル攻撃と米国は無関係であるという、火曜日のアントニー・ブリンケン米国務長官の主張を否定している。

ブリンケン氏は、ロイド・オースティン米国防長官やオーストラリア政府高官との会談で記者団に対し、「我々はウクライナによるロシア国内への攻撃を奨励も肯定もしていない」と述べた。

NATO諸国やロシアの複数の軍事情報筋は、ウクライナがロシアの空軍基地に発射した再調整されたロシア(ソ連)のTu-141無人機は、米国の衛星GPSデータをダウンリンクして目標を攻撃したと報告している。

1970年代に製造されたロシア(ソ連)の偵察用無人機は、巡航ミサイルに改造され、新しい誘導装置が取り付けられ、アメリカの衛星によって誘導されたと、情報筋は述べている。ウクライナは自力でミサイルを誘導する能力を持っていない、と彼らは付け加えた。

ロシア国防省は12月6日の声明で、この兵器の1つがTu-141であることを明らかにした。ロシア軍関係者によると、ロシア側は、ミサイルがロシアのディアギレボとエンゲルス空軍基地を攻撃した後に回収された破片からTu-141を特定したという。

ブリンケンの否定に反して、米国がミサイル攻撃の指導を行ったとすれば、ワシントンはこのことがNATO軍をウクライナ戦争に直接巻き込む瀬戸際に立たせることを十分承知していなければならず、バイデン政権はそのリスクを冒す覚悟が必要である。

ウクライナがロシアの2つの基地でロシア機に与えた損害は、米国がこの紛争に持ち込んだ戦略的リスクに比べれば些細なものだ。

マーク・ミリー統合参謀本部議長が11月9日に警告したように、ウクライナ戦争に軍事的勝利は見えていない。

ロシア・アナリストのジェームズ・デイビスは、アジア・タイムズと共同で発行している戦略レポート『グローバル・ポラリティ・モニター』(12月7日号)で、軍事的膠着状態をこう表現している。

ロシアはウクライナにおいて防衛線を固め、ウクライナの軍事作戦のコストを上げるために防衛戦略を追求し続けている......。モスクワはまた、西側諸国がウクライナを維持するために支出を増やしていることが、バイデン大統領を含む西側諸国の指導者に紛争の平和的解決の可能性を探る動機付けになると確信している。ロシアは、防衛線を維持することで、クリミアを含むウクライナにおけるロシアの立場を完全に逆転させるためにウクライナを支援するコストが単純に高すぎることを示すことができると考えているのである。

冬の戦闘休止期間中に和平交渉の「窓」を設けるとしたミルリー氏の発言は、何としても勝利を得たい米国政府高官を困惑させた。ミレー氏や米軍首脳は、ロシアとの交渉が唯一の打開策と考えているが、米国務省国家安全保障会議は、いかなる手段を使ってでもロシアに軍事的勝利を収めようと考えているのである。

NATOウクライナ紛争をどう解決するかで意見が分かれている。フランスのマクロン大統領とドイツのオラフ・ショルツ首相は、ロシアにウクライナの中立性などの安全保障を提供する考えを復活させた。

米国のビクトリア・ヌーランド国務次官は12月3日にキエフを訪れ、米国は交渉の提案に "プーチンは誠実ではなく、その準備ができていない "と考えているとウクライナ側を安心させたという。

ウクライナにはロシア軍に対して効果的な反撃ができる戦力がないため、軍事的解決にはNATO軍の駐留が前提になる。

ロシア軍基地への攻撃は、ロシアの反応を誘発し、ひいてはNATO軍のウクライナへの地上軍配備を正当化するためのものなのかもしれない。

ロシア外務省のウラジミール・イェルマコフ氏は11月30日、ロシアの領土にミサイルを誘導するために使われるアメリカの衛星は、合法的な軍事目標と見なされるかもしれないと述べた。ロシアがアメリカの衛星を攻撃すれば、アメリカはロシアとの戦争に巻き込まれる可能性がある。

中国の著名な軍事コラムニストである guancha.cn(「オブザーバー」)の陳峰氏は、12 月 7 日、"西側の衛星がウクライナ軍の作戦支援に使われていることは公然の秘密だが、それは命にかかわる問題でもある "と書いている。陳氏はモスクワに厳重な警告を発した。

ロシアがウクライナ戦争を支援している小型衛星を正確に特定し、信頼できる証拠を公表しない限り、米国やNATO諸国の小型衛星を破壊することは、米国やNATO諸国に対して戦争を仕掛けることと同義である。既存の技術を見る限り、ロシアが疑惑の衛星を正確に特定する能力を持つことは不可能である。米国やNATOウクライナ戦争に引き込むためにイニシアチブを取ることは、ロシアにとって余裕のある結果ではないかもしれない。

ヤルマコフは「そのような発言をすべきではなかった」と結論づけた。

Guancha.cnは中国指導部にとって重要な問題を頻繁に取り上げており、広く支持されている陳氏のコラムは、ウクライナ紛争が世界大戦に拡大する可能性について、北京が深刻な懸念を持っていることを示唆している。

プーチンの側近の考えを知るロシアの情報筋は、ロシアは米国の衛星に報復することはないだろうと述べた。「それは米国にとって詭弁になる」と同筋は述べた。

NATO軍事アナリストは、ロシアが核兵器ではなく通常弾頭の中距離弾道ミサイルウクライナの主要な標的に発射し、紛争をエスカレートさせた場合の結果について西側に警告するのではないかと懸念している。IRBMはTU-141のような巡航ミサイルの約10倍の速度で飛来し、撃墜は事実上不可能である。

しかし、ロシアの軍事アナリストがアジアタイムズに語ったところによると、この戦術はロシア軍で議論され、拒否されたとのことである。核弾頭を搭載するために設計されたミサイルの再構成は困難であり、時間がかかるという。


qrude.hateblo.jp