SCOTT RITTER: Twitter Wars - 言論の自由に対するTwitterの継続的な攻撃における私の個人的な経験

SCOTT RITTER: Twitter Wars—My Personal Experience in Twitter’s Ongoing Assault on Free Speech – Consortium News

2022年4月13日 画像はGyazoより

米国人、そして彼らが選んだ高官たちは、ある時点で、言論の自由とオンラインアイデンティティの保護に関して、米国人が集団で信奉する理想と価値観にTwitterを一致させる必要があるのです。


スコット・リッター著 コンソーシアム・ニュース特別寄稿

2022年4月4日(月):私から見れば、私のTwitterの「ハンドルネーム」である@RealScottRitterの日常は、ごく普通のものでした。私は、私が執筆している出版社の編集者と電話をする予定になっていて、そこで私が担当している週刊コラムのテーマについて議論することになっていた。また、私の作品を掲載してくれている別の出版社に書く記事の締め切りも迫っていましたし、別の記事のために第3のプラットフォームへの売り込みの準備も行っていました。このように、フリーランスのライターは、文字通り「Publish or Perish」なのです。

私の日課のひとつはニュースを見ることで、最新の情報を得ることです。通常、ふかふかのアームチェアに座り、リモコンを使ってニュースチャンネルをサーフィンしながら、同時にスマートフォンでさまざまなニュースフィードやソーシャルメディアのアプリケーションをモニターする。今朝は、キエフの北にあるウクライナのブチャという町から、主要な道路沿いに市民の死体が散乱しているのが発見されたニュースをモニターしていた。

ウクライナ政府はロシア軍を非難し、ロシア指導部はウクライナを非難していた。いつものことだが、現場から何千キロも離れたところにいる僕には、このような事件の真相を知るのは不可能なことであった。

目の前のテレビでは、アメリカ大統領が生出演し、ブチャの殺傷事件を取り上げていた。「プーチン戦争犯罪人と呼んで批判されたのを覚えているだろうか」とバイデンは集まった記者団に語った。"まあ、問題の真実は、"あなたはブチャで何が起こったか見た。これは彼(ロシアのプーチン大統領)が戦争犯罪人であることを物語っています。

バイデンはさらに、自分の政権が戦争犯罪裁判の可能性のために証拠を集めていることを宣言した。「我々は、これが実際の戦争犯罪裁判になるように、すべての詳細を収集する必要があります」とバイデンは言った。「この男は残忍で、ブチャで起きていることはとんでもないことで、誰もがそれを見ている」と述べた。

私はちょうどロシア・トゥデイ(RT)にブチャ事件についての記事を書き終えたところで、現地で何が起こったのかについて、入手可能なデータと思われるものを集めていたところであった。そのため、バイデンの言葉には驚かされた。

ブチャ事件で得られたデータは、最終的に結論は出なかったが、どちらかといえば、ロシアではなくウクライナの犯行を強く示唆するものだった。その確信があるからこそ、大統領は一般には公開されていない機密情報を知っているのだろうと思った。

私の記事を掲載した新聞社は、私の結論を撤回し、記録を訂正しなければならないような気がしていた。しかし、それが信頼性の代償である。もし間違っているなら、そう言って間違いを正し、次に進めばいいのだ。

しかし、バイデンが講演した直後、私の携帯電話に「国防総省ウクライナのブチャでの残虐行為を独自に確認できない、当局者が語る」という見出しのロイターの記事が飛び込んできた。その記事は、匿名を条件に語った無名の「国防省高官」の言葉を引用し、"国防省は独立して単独で確認することはできないが、その主張に反論できる立場にもない "と述べているのである。

Image from Gyazo

私はテレビを消し、40分ほどかけてブハ事件に関する情報を調べた。この記事の著者であるマラッキー・ブラウン、デビッド・ボッティ、ヘイリー・ウィリスは、2022年3月19日に撮影されたと主張し、3月30日にロシア軍がブチャから撤退したとき、死体はなかったとするロシアの主張を覆すものである、と述べている。

しかし、ブチャの遺体の動画や静止画を調べてみると、2週間も路上に放置されて腐敗していたようには見えない(遺体は4月2日にウクライナ国家警察によって「発見」された)ことが気になった。率直に言って、遺体は死後3~5日ほどで肥大化し始め、しばしば2倍ほどに膨らんでいる。死体は最大10日間その状態を保ち、その後破裂して腐敗した液体が死体の周囲の地面にこぼれ落ちる。

映画『いとしのビニー』で、ジョー・ペシ演じるニューヨークの敏腕弁護士ビンセント・ガンビーニが、グリッツの調理法について証人に反対尋問をするシーンが印象に残っている。「この台所は、地球上のどの場所よりも早く熱湯がグリットにしみ込むとでもいうのだろうか?物理学の法則は、あなたのコンロの上では存在しないのかもしれませんね。

私はただ、衛星写真と遺体を見つめながら、ニューヨーク・タイムズ紙の高名なジャーナリストは、視聴者が一瞬でも信じることを止め、遺体の腐敗を支配する生物学の法則がブチャで停止していることを受け入れることを期待しているのだろうかと考えるだけであった。

ブチャの画像から抽出された可能な証拠は、外見上、発見から24-36時間以内に殺害されたと思われる遺体を示していた。つまり、ロシア軍がブチャから撤退した後に殺害されたということだ。しかし、正確な死亡時刻は、徹底的な法医学的検査が行われなければわからない。

遺体の多くは上腕に白い布を巻いており、これはロシアへの忠誠心か、ロシア人にとって脅威でないことを視覚的に示している。この白い布がない遺体は、他の遺体の腕の布と同じような白い布で手を後ろに縛られていることが多かった。

多くの遺体の近くには、白い星印のついた緑色の段ボール箱があり、そこには、ロシア軍が人道的活動の一環としてブチャの民間人に配給したロシア軍の乾燥食料が入っていました。

つまり、この遺体はロシアに友好的、あるいは同情的な民間人のものであることを示唆するものであった。ウクライナ政府が主張するように、ロシア軍がこれらの不幸な人々を冷酷に銃殺したと結論づけるのは、飛躍した信念が必要だろう。 4月2日、ウクライナ政府の公式サイトLB.uaに、"特殊部隊「SAFARI」連隊がロシアの妨害者と共犯者のブチャの排除を開始 "という記事が掲載された。記事によると、"特殊部隊は、ウクライナ軍によって、解放された、キエフ地方のブチャ市の破壊工作員とロシア軍の共犯者の排除を開始した。"とある。記事によると、サファリ連隊は、急速作戦対応部隊や戦術作戦対応警察など、様々な特殊警察部隊の人員で構成されているとのことです。

他にも、ウクライナの当局者が、4月1日にブチャで「浄化作戦」が行われるから、市民は屋内にとどまり、パニックにならないようにと警告するビデオもあった。また、サファリ連隊の隊員が、ウクライナ大義に忠実であることを示す青い腕章を着けていない市民を射殺する様子を撮影したビデオも4月1日に公開された。

ツイート

4月5日の夜には、ニューヨーク・タイムズ紙やバイデン大統領が推し進める「ブチャの殺害はロシアではなくウクライナに責任がある」という説に対抗するための十分すぎるほどの情報を得たと私は考えていた。

「私はツイッターで「ウクライナ国家警察はブチャで人道に対する数々の犯罪を犯した」と詠んだ。第二次世界大戦の終わりにナチスの戦犯を起訴するために設立されたニュルンベルク国際軍事裁判の前例を引き、私は続けて、「バイデンは、ブチャの殺人事件の責任をロシアに転嫁しようとしているが、これらの犯罪を幇助した罪がある」と述べた。おめでとう、アメリカ。我々はまた新たな大統領戦犯を生み出したのだ!" と述べた。

午後9時42分、私は「送信」を押し、その行為は完了した。

Twitterの指標としては、このツイートはそれほど悪くない結果だった。5,976の「いいね」、2,815のリツイート、321のコメントで、Twitterが265,098と呼ぶ「インプレッション」の合計である。

また、このツイートが原因で私はTwitterを停止させられました。

Image from Gyazo

翌4月6日午前11時57分、Twitterサポートからメールが届き、私のアカウント@RealScottRitterが「Twitterルールに違反したため」、特に不正使用や嫌がらせに対するルールに違反したため、停止されたことが通知されたのである。「あなたは誰かをターゲットにした嫌がらせに従事したり、他の人がそうするように扇動することはできません. これには、誰かが身体的危害を受けることを願ったり、期待したりすることも含まれます"。

私は問題のツイートを読み直し、その内容がツイッターサポートが引用したルールに違反していると解釈する人がいるのだろうかと思った。私は誰に嫌がらせをしたのだろう、あるいは他人に嫌がらせをするよう扇動したのだろう。私は、Twitterのサポートから提示されたルールに違反すると解釈する人がいるのだろうかと思いながら、Twitterのサポートから提示されたルールに従って、Twitterの利用停止を申請し、フォローした人、された人とのやりとりを除く日常的な行動をとりました。

しかし、私のTwitterをフォローしてくださっている方々の目に留まりました。そのうちの何人かは、何が起こったのか問い合わせ、Twitterが提示した停止理由に私と同じように困惑していました。

その結果、Twitterのアカウント停止という決定に対して、草の根的な抗議活動が行われ、Twitter界の温度を監視する役割を担う官僚の一人の目に留まったと思われるほど、非常に心温まるものとなったのである。4月6日午後11時54分、Twitterサポートから、"さらなる検討の結果、Twitterルールに違反していないようなので、あなたのアカウントの停止を解除しました。"というお知らせのメールが届きました。

これで、いつもの生活が戻ってきた。ふかふかのアームチェアに座り、テレビのリモコンを必死に操作しながら、大事な、そして最近復活したばかりのTwitterアカウントを監視している。

しかし、良いことは永遠に続かない。

4月9日(土)の夜、私は万事うまくいっていると思いながら眠りについた。目を覚ますと、Twitterサポートからまたもや私のTwitterアカウントが停止されたことを知らせるメールが届いていた。今回問題となったツイートは、ルール違反とされた最初のツイートより3日前のものだった。

4月3日午後7時16分前、Twitterのハンドルネーム@MattGallagher0を使うイラク戦争帰還兵で作家に転身したマット・ギャラガーが、その後削除されたツイートをしたのです。私はギャラガー氏の発言に憤慨し、次のような返信をツイートした。

海兵隊はハディサで、ロシア人がブチャでウクライナ人を殺したより多くのイラク人を殺した。ハディサは偽旗大量殺人事件ではなかったという単純な理由からだ。一方、ブチャは..."

またしても、Twitterの悪用・嫌がらせ防止規則違反で訴えられたのです。

私は、自分の立場を詳しく説明し、訴えを繰り返した。"あなたが取り上げたツイートは、作者が削除したツイートへの反応であり、その文脈を完全に理解することは困難です "と私は書きました。

現在削除されているツイートについての私の理解は、その著者である@mattgallagher0は、ロシアがブチャで非難されたような民間人に対する暴力行為に米国は関与していないと主張した、というものです。あなたが停止フラグを立てた私の回答は、米海兵隊がハディサで実際に多くの罪のない民間人を殺害したことを事実に基づいて指摘したものです(私のツイートでは「殺害した」という言葉がうっかり抜けていました)。そして、ハディサ事件は実際に起訴されたのだから、偽旗事件ではないことを指摘した。

そして、ブチャはウクライナ国家警察がウクライナ市民を殺害した偽旗事件であり、その責任を誤ってロシアに転嫁している(=「偽旗」)という私の長年の立場を改めて強調したのである。

このツイートは、事実に基づき、一貫した事実関係から導き出された見解を述べたものであり、決して嫌がらせや罵倒に該当するものではありません。同様に、このツイートは、誰かが身体的な危害を受けることを願ったり、望んだりするものではありません。いかなるルールも破ってはいません。できるだけ早く私のアカウントを完全な状態に戻してください。

Twitterサポートは私の訴えに返信し、「これはあなたの最初のケースと関係があるようなので、その最初のレポートに追加しました」と指摘しました。この情報をもとに、引き続き調査を行います。さらに詳しい情報をお持ちの場合は、このメールに返信してお送りください。ご協力をお願いいたします。

Image from Gyazo


参照:

Image from Gyazo