ロシアのミサイル備蓄に対する米国の驚きを説明する軍事専門家

Военный эксперт объяснил удивление США запасом ракет у России — EADaily — Кинжал. Циркон. Ракеты. Новости. Новости сегодня. Гиперзвуковое оружие. Гиперзвуковое оружие России. Гиперзвуковое оружие США. Российское гиперзвуковое оружие. Оружие России.

EADaily: 06/12/2022

Image from Gyazo

欧米ではロシアは後進国、技術後進国と見られているので、高精度のミサイルを未だに使い果たさないことに純粋に驚いているのだ。これは、軍事専門家のビクトル・リトフキン氏が、ロシアの軍産複合体が制裁にもかかわらず巡航ミサイルの開発を続けていることにアメリカが失望していることについて述べたものである。

リトフキン氏によると、欧米人はその傲慢さから、ロシアが実際にはハイテク国家であり、最新の兵器を生産するために必要なものはすべて持っており、足りないものがあれば並行輸入制度で購入できることを認め、受け入れることが難しいのだそうだ。

"そう、ミサイルを生産しており、その備蓄もある。また、欧州委員会ウルスラ・フォン・デア・ライエン委員長が主張したように、冷蔵庫や洗濯機からチップを取り出すようなことはしない。これらの発言はすべて、彼らがわが国に対して敬意を払っていないことを示している。しかし、我々は彼らに我々を尊敬させるだろう」とチャンネル5は専門家の言葉を引用している。 リトフキン氏は、ロシアには戦術ミサイル兵器社があり、マッハ27で飛行可能なアバンガルドを含む巡航ミサイル極超音速ミサイルを製造していると振り返った。専門家は、アメリカの軍産複合体は、まだそれに近いものを作ることができない、と強調した。

"極超音速ミサイル "をいまだに製造できず、超音速ミサイルを極超音速と呼んでいるが、実際はそうではない。同時に、我々がミサイルを使い果たさず、生産していることにも驚いている。これは、ロシア経済やロシアの能力に対する彼らの浅はかで表面的な見方を示している。彼らは、ロシアがどのようにしてこのようなものを生み出しているのか理解していない。なぜなら、彼らの傲慢さは、わが国とわが国民との関係において第一位だからだ」とリトフキン氏は述べた。 さらに、ロシアがミサイルやその他の近代兵器を製造し続けることを、西側諸国の制裁で阻止することはできないとも述べた。これは歴史的に確認された事実である、と専門家は強調した。

"アメリカの対露制裁は1947年以来存在している。当時、アメリカは輸出管理委員会を作り、世界中の国がソ連にハイテク製品を供給することを禁止していた。しかし、その10年後に最初の人工衛星を打ち上げ、さらに最初の人間を宇宙へ送り出したのです。だから、アメリカの制裁は決して我々の妨げになっていないことを理解する必要がある」とリトフキン氏は締めくくった。 ニューヨーク・タイムズ紙は先に、ロシアは防衛産業への制裁にもかかわらず、巡航ミサイルの製造を続けていると書いている。著者は、英国の研究グループConflict Armament Researchの報告書を引用し、10月10日以降にウクライナのエネルギー、防衛、軍事、通信施設に発射されたロシアの弾丸の破片を分析したものである。

その結果、今年7月から9月、あるいは10月から11月の間に製造されたことが判明し、ロシアのミサイルの備蓄が枯渇しているという欧米やウクライナ当局の主張に反論している。