電力戦争

Electric War | The Vineyard of the Saker

Pepe Escobar著:24/11/2022

現在のロシアの戦術は、ナポレオンが開発した集中力という軍事理論とは全く逆のものだと、Pepe Escobarは書いている。

足音は記憶の中にこだまする
私たちが通らなかった通路を下り
開かなかった扉へ
バラ園の中へ私の言葉は
こうしてあなたの心に
しかし、何のために
薔薇の葉の鉢の上の埃をかき乱すのか
私にはわからない。
...
T.S.エリオット『バーント・ノートン』(原題:Burnt Norton)

ポーランドの農民は、ミサイルの残骸を写真に収め、後にウクライナのS-300のものであると指摘されたことに思いを馳せている。ポーランドの農民は、その足音を我々の記憶にとどめながら、英米の「情報機関」が仕組んだ卑劣な計画によって引き起こされた第三次世界大戦から世界を救ったかもしれないのだ。

ウクライナ人は、ロシアのミサイルが来るはずのない方向から発射していたのである。つまり、ポーランドである。ポーランドだ。そして、アメリカの国防長官である兵器商ロイド・「レイセオン」・オースティンは、キエフの家臣が空中にないはずのロシアのミサイルを撃っていたので、とにかくロシアが悪いと宣告した(実際そうだったのだが)。

ペンタゴンは、はしたない嘘を、かなりみすぼらしい芸術にまで高めてしまったと言える。

この騒動の英米の目的は、ロシアに対して「世界の危機」を引き起こすことだった。それが今回、露呈したのである。だからといって、いつもの容疑者たちが再びそれをやらないとは限らない。すぐにでも。

主な理由はパニックである。西側の情報筋は、モスクワがついに軍隊を動員し、来月には地上戦を開始する準備をしていること、そして中国の拷問としてウクライナの電力インフラを破壊していることを見抜いているのです。

10万人の軍隊を送り込み、DPRとLPRの民兵に加え、ワーグナーのコマンド部隊とカディロフのチェチェン軍に力仕事をさせるという2月の日々は、とっくに終わっているのだ。全体として、ロシア人とロシア語圏の人々は、おそらく100万人とも言われるウクライナ軍の大群に直面していたのである。その中で「奇跡」と言えるのは、ロシア人がかなりうまくやったということだ。

軍事アナリストなら誰でも知っている「侵攻軍は防衛軍の3倍である」という基本原則がある。しかし、SMO開始時のロシア軍は、その数分の一にすぎなかった。ロシア軍の常備兵力は間違いなく130万人。当初の10万人より数万人多くても大丈夫だったはずだ。しかし、彼らはそうしなかった。政治的な決断だったのだ。

しかし、SMOが終わった今、ここはCTO(テロ対策作戦)の領域である。ノルドストリーム、クリミア橋、黒海艦隊を標的とした一連のテロ攻撃は、単なる「軍事作戦」を超えることが不可避であることをついに証明した。

そして、「電気戦争」に至るのである。

武装地帯への道筋をつける

電気戦争は、基本的に戦術として処理されている。最終的には、可能な限りの休戦でロシアの条件を押し付けることにつながる(英米の情報機関も属国NATOもこれを望んでいない)。

たとえ休戦(ここ数週間広く言われていることだが)があったとしても、戦争を終わらせることはできないだろう。なぜなら、ロシアの暗黙の条件であるNATOの拡大停止と「安全保障の不可分性」は、昨年12月にワシントンとブリュッセルの双方に完全に明言され、その後却下されたからである。

それ以来、概念的には何も変わっておらず、西側によるウクライナの兵器化が熱狂的になっていることもあって、プーチン時代のスタフカは、最初のSMOの任務である非azificationと非軍事化を拡大せざるを得なくなったのである。しかし、今やその任務はキエフリヴィウを包含する必要がある。

そして、それは現在の非電化作戦から始まり、ドニエプル川の東側から黒海沿岸のオデッサに至るまで、広範囲に及んでいるのである。

それは、ドニエプル川の西側に非武装地帯(完全無人の土地)を設定し、NATOの砲兵、HIMARS、ミサイル攻撃からロシア地域を守るという点で、電気戦争の範囲と深さという重要な問題をもたらす。

深さは?100km?十分ではありません。キエフはすでに、そのような射程距離を持つ大砲を要求しているからだ。

重要なのは、7月の時点ですでに、モスクワのスタブカ最高幹部がこの問題を広く議論していたことだ。

7月の大規模なインタビューで、セルゲイ・ラブロフ外務大臣は、外交的に、猫を袋から出してしまったのだ。

「このプロセスは、一貫して、しつこく続いている。西側諸国が、無力な怒りで、状況をできるだけ悪化させようと必死になって、ウクライナにますます多くの長距離兵器を流し続ける限り、このプロセスは続くだろう。例えば、HIMARSだ。アレクセイ・レズニコフ国防相は、すでに300キロメートルの弾薬を受け取ったと自慢している。これは、我々の地理的目標が現在のラインからさらに移動することを意味する。ウラジーミル・ゼレンスキーや彼の後任が支配するウクライナの一部が、わが国の領土や独立を宣言し自らの将来を決めようとしている共和国に直接脅威を与えるような武器を持つことは許されない」。

その意味は明らかである。

ワシントンとNATOが「状況をできるだけ悪化させようと必死」であるのと同様に(これはプランAであり、プランBはない)、地政学的にはアメリカは「新しいグレートゲーム」を激化させている。

ロシアは、アジアに向けたパイプラインへの投資を続け、インドやイランとのマルチモーダルな国際北南輸送回廊(INTSC)を強化し、OPEC+を通じてエネルギー価格を決定しているため、平静を保っているのです。

寡頭制略奪者のパラダイス

英米の情報・安全保障機関に浸透しているシュトラウス主義者、ネオコン新自由主義者-事実上の兵器化されたウイルス-は、決して手を緩めないだろう。彼らは、またしてもNATOの戦争に負けるわけにはいかないのだ。しかも、「存立危機事態」のロシアに対して。

ウクライナの戦場からのニュースは、冬将軍のもとでさらに厳しいものになることが予想されるため、少なくとも文化的な領域では慰めを得ることができるかもしれない。グリーン・トランジションという騒動は、優生学的なシリコンバレーエートスと毒々しいミックスサラダで味付けされ、メインディッシュとして提供され続けている。ダボスの「偉大なる物語」、かつてのグレート・リセットは、バリでのG20で再び醜い頭をもたげた。

それは、欧州破壊プロジェクトに関する限り、すべてがうまくいっていると訳すことができる。脱工業化でハッピーになり、市場に出回っているあらゆる覚醒した曲に合わせて虹色のダンスを踊り、ヨーロッパの価値観の祭壇で「自然エネルギー」を祝福しながら凍結し、薪を燃やすのです。

現在の状況を説明するために、簡単にフラッシュバックするのはいつでも役に立つ。

ウクライナは4世紀近くロシアの一部であった。独立というアイデアは、第一次世界大戦中にロシア軍を弱体化させる目的でオーストリアで考案されたもので、実際にそうなった。現在の「独立」は、地元のトロツキー派オリガルヒが、ロシアと連携した政府がそれらのオリガルヒに対して動こうとしているときに、国家を略奪できるように設定されたものである。

2014年のキエフのクーデターは、本質的に、Zbig "Grand Chessboard" Brzezinskiによって、ロシアを新しい党派戦争-アフガニスタンのように-に引き込むために設定され、原油価格を暴落させるために湾岸の石油ハシヤに命令されたことに続いていた。モスクワはクリミアとドンバスのロシア系住民を保護しなければならず、それがさらなる西側諸国の制裁につながった。すべては仕組まれたことだった。

モスクワは8年間、ドニエプル川以東のドンバス(歴史的に母なるロシアの一部)にも軍を派遣することを拒否してきた。理由は、再びパルチザン戦争に巻き込まれたくないからだ。一方、ウクライナの他の地域は、西側が支援するオリガルヒによって略奪され、財政的なブラックホールに陥っていた。

欧米の集団は、このブラックホールに意図的に資金を供給しないことを選択した。IMFの注入のほとんどは、単にオリガルヒによって盗まれ、その戦利品は国外に移された。これらのオリガルヒの略奪者は、もちろん、いつもの容疑者によって「保護」されていた。

1991年から1999年の間に、現在のロシアの全家計資産に相当するものが盗まれ、海外、主にロンドンに移されたことを常に念頭に置くことが重要である。今、同じ常習犯たちが、「新ヒトラープーチンが略奪を止めたとして、制裁でロシアを破滅させようとしている。

違いは、ウクライナを彼らのゲームの駒として利用する計画がうまくいっていないことだ。

地上では、これまで行われてきたのはほとんど小競り合いであり、実戦は数回に過ぎない。しかし、モスクワが冬の攻勢に向けて新兵を集結させているため、ウクライナ軍は完全に敗退してしまうかもしれない。

ロシアはそれほど悪いようには見えない。ウクライナの要塞に対するミンチ機による砲撃の効果や、最近の計画的な撤退や陣地戦のことを考えると、ウクライナの枯れた火力を粉砕しながら犠牲者を抑えているのである。

西側諸国は、ウクライナの代理戦争というカードを握っていると考えている。ロシアは現実に賭けている。経済カードは食糧、エネルギー、資源、資源確保、安定した経済である。

一方、エネルギー自殺をしたEUは試練のピラミッドに直面する必要がなかったかのように、電力ゼロの村や都市から脱出する少なくとも1500万人の絶望的なウクライナ人がドアをノックすることが確実に予想されるのである。

一時的に占領されたヘルソンの鉄道駅がその一例である。人々は暖を取ったり、スマートフォンを充電したりするために絶え間なくやってくる。この街には電気も暖房も水もない。

現在のロシアの戦術は、ナポレオンが開発した兵力集中の軍事理論とは正反対である。だからこそ、ロシアは「薔薇の葉の鉢の中の塵を乱す」一方で、深刻な優位性を積み重ねているのだ。

そしてもちろん、"まだ始まってもいない"。