ウクライナはトム・ボデットを雇うべきかもしれない?

Maybe Ukraine Should Hire Tom Bodett? - A Son of the New American Revolution

ラリー・ジョンソン著:24/11/2022

Image from Gyazo

NATOが提供する防空システムは、ウクライナの電力網に対するロシアの執拗なミサイル攻撃を止めることができないので、Volodymyr ZelenskyはTom Bodettを呼び出すべき時なのかもしれない。トム・ボデット氏は、モーテル6のコマーシャルで "We'll leave the light on for you "というキャッチフレーズでお馴染みだ。

www.youtube.com

ボデットの約束は、キエフリヴィウなどウクライナの大都市が直面している現実とは全く対照的で、明かりを灯し続けるというものだ。ウクライナは、NATOの支援を受けても、明かりと暖房をつけ続けるのに苦労している。気温が下がり続け、ウクライナの発電システムが退化するにつれ、厳しい状況は今後ますます悪化していくだろう。この現実を最前線からゴンザロ・リラがレポートします。

www.youtube.com

Gonzalo氏からは、さらに鋭いコメントが送られてきました。

停電は2時間かもしれないし、永遠に続くかもしれない。このような不確実性が、膨大な数の人々が神経をすり減らして西側へ逃げ出す原動力となると私は考えています。だから、この冬はウクライナからヨーロッパに第2の移民がやってくると私は考えている。この波は鉄道ではなく、電力がないため鉄道システムもないため、車での移動になるでしょう。利用可能なあらゆる車両が市民によって使用されるため、道路は完全に渋滞し、混乱することでしょう。もちろん、多くの車両はこの駐車場でガス欠になり、さらに大混乱に陥るでしょう。 ... もうひとつ、要因がある。車の暖房だ。冬場は暖房の効いた車庫に車を置いている人が多いと思います。電気がなければ暖房も使えないので、冬が本格的に始まったら車は動かなくなるかもしれません。車のバッテリーが上がり、充電するための電気がなければ、車はおもちゃになります。 ... 結論から言うと、ウクライナで永久に停電になれば、この上なく醜いことになる。なぜなら、この冬の気候では、暖房と水なしでは生きていけないし、その両方を供給するインフラはすべて電気に依存しており、代替品や実用的な大規模回避策もないからだ。

ウクライナ戦争は、米国とNATOがロシアのハイパーソニックミサイルを撃ち落とすことができる実行可能な対ミサイル防衛システムを持っていないという事実を露呈した。ロシアは、ハイパーソニックミサイルだけでなく、西側諸国がまだ保有していないハイパーソニックを撃ち落とすための統合防空システムで、西側諸国より明らかに技術的に優位に立っているのである。

私はこの件についてもっと詳しく書くつもりだったが、Andrei Martyanovが「Hypersonic Ad Nauseam On Thanksgiving」という記事で先回りして書いてくれた。彼はこう書いている。

数年前、特に2018年3月以前でさえ、米国一般、特にペンタゴンの非常に多くの人々が、ギミックやブティック兵器システムとしてカウントしていた極超音速兵器の開発プログラムの周りには、ある一定のメディアの「動き」と面倒があります。なんと、彼らは誤算を犯してしまったのです。今、突然、米国は、主にCPS(通常即応攻撃)用の中距離滑空体として定義できるものに、極超音速に大枚を投じているのだ。 . . . ... そして、ここが私たちが自信を持って話し始めることができるポイントです。ペンタゴンがいまだに学んでいないこと、それは、最先端の兵器システムでさえ、技術的・運用的な真空地帯には存在しないということです。本当の意味での統合は、運用上の意味と影響を与えること、つまり、兵器システムを他の兵器やシステムのネットワークに統合し、統一された組織として運用することで実現します。そして、ここがポイントです。米国は現在、ロシアとの生死をかけた戦いに巻き込まれており、ますます手に負えなくなる(と大げさに言われる)覇権国家の地位を維持しようとしているのです。しかし!しかし、ロシアの極超音速兵器が軍事的な革命を起こしたとすれば、アメリカのそれは失敗に終わるだろう。ここで、現在ロシアの航空防衛軍博物館の館長を務めるクヌートフ大佐(退役軍人)の興味深い解説を紹介しよう。アメリカの計画と現状をこう評価している。

この全和訳は少ブログで見られます。ここで

qrude.hateblo.jp

ぜひ全文を読んでいただきたい。ロシアによるウクライナの電力停止キャンペーンがもたらした他の大きな結果のひとつは、住民に与えた心理的ダメージである。ゴンザロは上の動画でこのことに触れている。ウクライナであれアメリカであれ、現代人は情報がリアルタイムですぐに手に入ることに慣れている。現代の工業国では、世界の出来事に関するニュースから遮断されることがどのようなものかを知っている人はほとんどいない。そのような知識や情報が、国民の意識を形成する上で重要な役割を担っているのです。1978年、私はホンジュラスの田舎に住んでいた。発電機のおかげで、電気は夜2時間しかありませんでした。運が良ければBBCの放送を受信でき、世界で何が起こっているのか、ある程度知ることができた。

電気もなく、真っ暗な街に残るウクライナ人がこれから目にするのは、政治的指導力を断たれ、見捨てられたという実感を抱く人々の姿だろう。これは想像上の状態ではない。人々は、寒さ、暖房の欠如、電池切れによって、ある種の生存戦略を考えざるを得なくなるだろう。そうなると、ウクライナの軍隊を維持する能力は劇的に損なわれる。これまで家に電話をかけ、愛する人とおしゃべりすることができた兵士たちは、外の世界とのライフラインを失うことになる。

大切な人と離れ離れになって、24時間以上連絡が取れない、特に生死がわからないという状況に陥ったことはないだろうか。第一次世界大戦中、フランスの塹壕にいた兵士たちは、すぐに連絡が取れるとは思っていなかった。本国からの手紙に頼り、その連絡は数日、数週間遅れることもありました。しかし、今は時代が変わり、即時性を期待される時代です。期待値が高くなり、現実がその期待値を大きく下回るようなギャップが生じると、不安や反乱を招くことになる。

ウクライナの20代、30代の若者たちが、携帯電話やコンピューターが使えなくなり、友人にメールも電話もできなくなったとき、どんな思いをするか想像できますか?各国の情報機関が、このような事態がもたらす影響について熟考する時間すらないのではあるまいか。最も可能性が高いのは、人々は自分の足で投票し、携帯電話を充電したり電話をかけたりできる場所に行くということだ。つまり、電力供給が可能な近隣の国へ大量に移住することになる。

どうだろう?